この十数年で、音楽を取り巻く環境は大きく変化した。それに伴い、サブスク、ai、ライブ市場や違法アプリなど、様々な側面で音楽の価値について言及する人が増えた。10年後、人の作った音楽が聴かれなくなるというあの意見もその一つと言えるだろう。 昨今の音楽業界、特にCD市場の不調要因として、インターネットや携帯電話、とりわけスマートフォンの普及に代表されるメディア環境の変化・競合の登場以外に、視聴者の音楽離れが進んでいるのではないかとする意見がある。そこで今回は日本レコード協会が2020年4月に発表した 30 Years of Music Industry Change, In 30 Seconds or Less…(8/16 Digital Music News), ジャック・ホワイト、新作「Lazaretto」でアナログレコード売上の歴代新記録を樹立、20年ぶりのパール・ジャム超え達成, アメリカの音楽市場、週間アルバム売上が1991年以来過去最低記録を更新。初めて400万枚に未達, 音楽専門のマーケティング・ニュースレター「Music Ally Japan」無料登録はこちら, Techstars Music代表ボブ・モジドロウスキー インタビュー「音楽系スタートアップに投資すべき理由」, 元iTunes、Spotify Japanの野本晶氏 インディーズレーベル団体Merlin Japan代表に就任, アマゾンジャパン代表 レネ・ファスコ インタビュー:日本の音楽市場と、ストリーミングの今後を語る. 1983年から2014年まで、30年以上に渡って音楽が聴かれているフォーマットの変化を表した円グラフ。音楽も時代とともに聴き方が変化している様子が各年ごとに分かりやすく可視化されています。, データはRIAA(アメリカレコード協会)が発表しているアメリカの音楽視聴データです。, 1983年の音楽は、カセットテープとアナログレコードが大部分を占め、CDは1%もありませんでした。, 1991年には、初めてCDが50%を超えます(55.4%)。そしてアナログレコードはLP、シングルを合計しても1%強にまで落ち込みます。, 2004年になって初めて音楽ダウンロードが表れます。ですが、この年ではまだアルバム・ダウンロードは0.4%、シングルダウンロードは1.1%とわずかな割合しかありません。, 今から10年前の2005年になると、音楽の聴き方が多様化していることが分かります。「サブスクリプション・サービス」「リングトーン」「アルバムダウンロード」「シングルダウンロード」「SACD」などといった新しいビジネスやモデルが浮上してきます。それでも市場の85%はCDビジネスが中心です。, しかしこのあたりからCDビジネスの減少が顕著になってきます。わずか2年後の2007年にはCD売上は全体の70%まで落ち込みます。その代わりに音楽ダウンロードが初めて10%を超えて来ました(アルバム:4.7%、シングル:7.6%)。, 2010年にはCD売上が全体の50%を割り、ダウンロードが30%を超えてさらに拡大してきます。, そして昨年2013年にはCD売上が30%にまで落ち込みます。ダウンロードは40%を超え、サブスクリプション(9%)やオンラインストリーミング(SoundExchange Distributions)なども8.4%と、CD以外の音楽視聴が成長していることで、円グラフの色が分散されています。, この円グラフ、非常に見やすく分かりやすいのですが、音楽市場の売上総額は常に一定ではなく変動していますので、パーセンテージが変化するとともに売上も毎年変化しています。, ソース All Rights Reserved. 30 Years of Music Industry Change, In 30 Seconds or Less…(8/16 Digital Music News), 執筆者:ジェイ・コウガミ(All Digital Music編集長、デジタル音楽ジャーナリスト), 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。取材、記事執筆、市場リサーチ、音楽ビジネス、ストリーミング、音楽マーケティングに関するコンサルティングのご相談は、お問い合わせから、ご連絡のほど宜しくお願い致します。. そして昨年2013年にはCD売上が30%にまで落ち込みます。ダウンロードは40%を超え、サブスクリプション(9%)やオンラインストリーミング(SoundExchange Distributions)なども8.4%と、CD以外の音楽視聴が成長していることで、円グラフの色が分散されています。 また、テレビ、新聞の利用減少者については、代わりに携帯電話を利用するようになったとの回答がそれぞれ21.4%、19.7%であった。つまり、4大マスメディアの利用頻度の減少の要因の一つには、パソコンや携帯電話の代替的な利用があるといえる。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright© 2020 CuePoint LLC. この十数年で、音楽を取り巻く環境は大きく変化した。それに伴い、サブスク、AI、ライブ市場や違法アプリなど、様々な側面で音楽の価値について言及する人が増えた。10年後、人の作った音楽が聴かれなくなるというあの意見もその一つと言えるだろう。, 音楽の価値、という言葉が多くの場所で使われている。しかし音楽を取り巻く環境によって左右されるのは音楽の価値そのものではなく、リスナーの価値観であると私は考えている。様々な技術発展やその普及が人々の音楽に対する価値観を変えてしまい、その結果、リスナーにとっての音楽の価値が変化する。音楽業界は低迷しているとのささやきもある一方、それは古い考えだとする意見もあるが、どちらにせよ今音楽業界は過渡期にあると言っていい。この過渡期で音楽が本当に低迷しないためには、音楽に対する人々の価値観が何によって、どのように変化し、またその変化は何をもたらすのかを考える必要があるのではないか。これを考えることで、これからの音楽に必要なものが見えてくるのではないだろうか。そう思った。これから書くのは音楽の楽しまれ方が変化することを嘆く文章ではない。これからも音楽が楽しまれるものであるために、変化を受け入れる文章だ。, 近年、音楽ストリーミング(以下サブスク)の利用者が増加している。CDも専用の再生機器も必要ない。普段使用しているスマホで定額を払えば万を超える楽曲が好きなときに聴ける。時間も手間もかからない便利さは音楽を身近なものにしたと言えるが、今まで親しまれてきたCDとは全く異なる音楽形態は確実にリスナーの音楽に対する価値観を揺るがせたと感じている。その要因は主に、・価格の低下・音質・物体としての存在の有無の3つに分けられる。, サブスクの価格が価値観を変えたまず、CDとサブスクでは投資をする対象が異なることに注目したい。サブスクは定額で多くの楽曲を聴くことができる媒体である。登録、支払いをすることでそのサービスを利用する権利を得ているのだ。CDと違って作品、楽曲そのものに対しての支払いではないということである。だがサブスクに投資されたお金はその後アーティストに分配されるので、全くアーティストにお金が入らないという意味ではない。しかしそのことを気にして音楽を聴いているサブスクの利用者は果たしてどれくらいるだろうか。CDであれば、購入したときにそのアーティストの収入にもなるということは安易に想像がつく。しかしサブスクは一度コンテンツへの入場料を支払ってしまえばあとは期間内聴き放題だ。一再生ごとに微々たる金額ではあるもののアーティストへの還元がある、と理解している利用者はどれほどだろう。, サブスクの普及は音楽に対する有料意識の希薄化を促進しているのではないだろうか。利用料さえ払えば聴き放題、といった宣伝文句は音楽そのものは無償である、という考え方と混同される恐れがある。, 音楽にお金をかけないという考え方は、リスナーにとってアーティストの存在が薄れるということにも繋がる。この価値観が蔓延すればするほど、アーティストは音源で儲けにくくなる。「アーティストが食えないから音楽に金払え」と言うつもりはない。サブスクの仕組みが音楽に金をかけないという価値観を誘発しているだけなのだから、リスナーが悪いわけではないのだ。しかしこの考えが、これからサブスクが普及し続ける道のりでアーティストを苦しめることになるのは必然と言っていいだろう。, サブスクの仕組みと低価格はリスナーの需要には合っているのかもしれないが、音楽を作り発信する側であるアーティストは疲弊する。サブスクを隔てて、リスナーとアーティストの音楽の捉え方にズレが生じているのだ。, 音質の低下が乖離を可視化するサブスクは一般に今までのCDよりも音質が良くない。圧倒的な差があるわけではないので気にしない、或いは気付かないリスナーも多いのだろう。リスナーはそれで構わないのかもしれないが、アーティストの考えは異なるはずだ。なるべく良い音質で聴いてもらいたいと思うのが通常だろう。しかしリスナーにとっては音質は重要な点ではなく、それは音楽に注意を払って聴く場面が、CDやそれ以前のレコードの時代より減っているという意味にもなる。音楽を聴くことだけに費やす時間は減り、何かをしながら聴くことが圧倒的に増えたことの象徴と言えるのではないだろうか。例えばここで、音質のいい音源を聴いて欲しいからと言ってアーティストがCDの販売に力を入れたとする。しかしそれはリスナーの需要にそぐわない。少なくとも一般のリスナーは音質を重要視しないのだ。音質が良くなくても構わず聴くリスナーと、少しでも音質良く聴いてほしいアーティスト。2者の乖離はここにも見られる。, 物体としての存在の有無が価値観を変えたCDには音源が収録された円盤以外にジャケット写真や歌詞カードなど、音に限らず作品としての表現が含まれている。しかしサブスクは音源のみの提示で、アーティストの作品としての色は薄い。物体として手に取れないことも、作品としての感覚を薄れさせる要因の一つだろう。サブスクで音楽を楽しむにおいて、必要な情報はアーティスト名やアーティストが音源以外で表現する世界観ではないのだ。, CDからサブスクへの変化で音楽は作品として手に取って楽しむものではなく、雰囲気ごとに組まれたプレイリストや好きな曲のシャッフル再生で楽しむものになった。サブスクはあくまでも聴き流すための媒体であり、時間をかけて楽しむにしては音質や楽曲の情報などの点で向いていないように思う。多くの人の支持を得るようになったサブスクは一曲単位で音楽が楽しめると賞賛されるが、裏を返せばそれほどまでにアーティストが誰かという重要さが消え去ったということでもあるのだ。, AIが音楽を作れるようになっている。これによって、人間は音楽を作る必要は無いのではないかという不安がある。「10年後に人間はAIが個人用にカスタマイズした音楽を聴いている」と言った海外の投資家がいる。「今だって気分に沿うプレイリストで音楽を聴くのだから、いつかアーティストにこだわらなくなり、AIが気分に合わせて作成した音楽を聴くようになるだろう」と。, しかし、AIが音楽を作れるからといって、それだけの理由で人間の音楽が聴かれなくなるかといえばきっとそうではない。例えば、AIの作る音楽と人間の作る音楽には大きな相違点がある。それは創作性の有無だ。AIが作成する音楽は音や言葉の羅列であり、そこに意味を持たせることは難しい。仮にAIが歌詞やメロディーに意味を持たせることが可能だったとしても、それは表面上のものにすぎない。一方で人間の作る音楽には、作り手の思考や感情、経験が言葉やメロディーに滲み出ることが多い。作詞作曲と実際に演奏する人が異なっていたとしても、である。リスナーが音楽に創作性を求めるのであれば、人間の作る音楽はこれからも残り続けるであろう。, 前述したが、サブスクの楽しみ方は一曲単位であり、そこにアーティストへの意識はほとんど残らない。完全に移行とまではいかないにしろ、音楽がサブスクで聴かれることが増えている今、「リスナーが音楽に創作性を求めるのであれば、」といった条件付けに意味はあるのだろうか。, もちろん、どんなにリスナーが一曲単位で聴こうと、どんなにAIが素晴らしい音楽を作ろうと、アーティストの誰々が好き、といった好まれ方はするのだろう。ただ、サブスクの登場によってアーティストという考え方が重んじられなくなり「好きなアーティストいないんです」という人が増えるという想定はあながち間違っていないように思う。その上で、アーティストを重んじなくなり、音楽ならなんでもいいにしろ好きなジャンルを作者演奏者関係なく聴くにしろ、最終的にリスナーの需要に応えるのは人ではなくAIではないだろうか。, どういうことか。CDを購入する際は多くの場合「この人の」曲が聴きたいという思いが強いだろう。それがサブスクに移行することで、「こんな雰囲気の」「このジャンルの」曲が聴きたいという欲求を満たしやすくなった。これはサブスクのいいところであるのだが、前述している要因も含めアーティストという考え方がされなくなる。この一曲単位の考え方に影響を受けずにリスナーの需要に応えることができるのは、人間ではなくてAIなのかもしれない。リスナーが聴きたい「こんな雰囲気の」曲を作って提示してくれるなんて、夢のような話だろう。雰囲気で音楽を聴きたいなら、AIで充分なのだ。, サブスクに適応したリスナーの求めるものは聴きごたえではないように思う。聴き流して楽しむ音楽には聴きやすさや気分に乗るような音楽が好まれ、それならばAIで良いのではないか。アーティストはここにどう介入していけばいいのだろう。, 音楽フェスが提示した遊び方ライブやフェスなどの音楽イベントがリスナーの価値観に影響を及ぼすとは考えられないだろうか。例えば音楽フェスだが、会場には多くの屋台やイベントスペース、インスタ映えを謳ったものなど、音楽以外の要素でも楽しめるようになっている。ライブそっちのけで遊んでいてもいいし、屋台の食べ物を食べながらのんびりとライブを観ていてもいい。音楽をBGM替わりに、撮影可能な場所でインスタ映えを狙い続けても構わない。ながら聴きができて、音楽はフェスの中の一つの要素にすぎないと言っても間違いではない楽しみ方の提示は、サブスクの特徴と似ているように思う。聴くだけであれば時間も手間もいらないサブスクの音楽がBGMのように消費されるのと同じように、音楽フェスの音楽もBGMのように消費するという選択肢がある。, 動画サイトが音楽を無料にしたサブスクでのアーティスト観の変化、手間も時間もかからない、音楽のBGM化。度々このような言葉を出しているが、これらはつまり、リスナーは音楽そのものを重要視しなくなったということだ。この価値観の背景のひとつに、YouTubeなど動画サイトの存在があると考えている。, 身近な動画サイトと言えばYouTubeやニコニコ生放送あたりだろうと思うが、ある程度は無料で楽しめるフリーミアムだ。そこでは無数の音楽も同時に楽しめる。初めてスマホを持った若者はサブスクなどの有料コンテンツを利用するより先にYouTubeを使うように思う。圧倒的に多くの人に浸透しているし、無料であるし、最初からインストールされている場合もあるからだ。動画サイトで聴く音楽はBGMであったり演出入りのMVであったり、必ずしも完全であるとは限らないが、音楽を無料で楽しむことはできる。同時に、動画サイトとしてはこちらがメインなのだが、様々な動画を無料で楽しむことが出来る。, CDを買う前にYouTubeに出会った世代にとって、動画や音楽を無料で楽しめることは自然なことにほかならない。そして、音楽は映像とともに楽しむものであると捉えるようになる。, 音楽は映像と一緒に楽しむものであり、無料で聴けるものである、という考え方がCDやサブスクに触れる前に染み付いている世代が増えてきているのだ。, 前述しているように、音楽にお金を払う考えがそもそも低下している。このことから、musicFMのようなアプリが若者から利用されるという現状は全く理解できないわけではない。お金を払わなくても聴ける環境が整っていること、払ったとしてもその先が見えないことの外的な要因と、そもそも有料だと思っていない、お金をかけるべき対象は他にもあるので優先順位が低い音楽には金をかけない、或いはそんな余裕はない、といったリスナーの内的要因からして、無料のアプリが違法性を帯びてるとしても支持を得るのは当然だ。, 「musicFMを使っているとアーティストにお金が入らないのだから、ちゃんとした媒体を使いなさい」という意見を見ることがある。前に書いたように、アーティストという感覚が薄れているのだとしたら、これは意味をなさない説得だ。一曲単位で聴くことができてアーティストが重要視されないのは、サブスクに限らず動画サイトにも言えることである。そんな中、「アーティストの儲けのために」と言われて考えを改めるだろうか。改めないだろう。, 例えば一組のアーティストが新曲を出さない事態になったとしても、musicFMやサブスクから過去の音源が消えなければリスナーにとってはなんの変化もない。リスナーは困らないのだ。なので「アーティストが困るからmusicFMを使わないでください」といったところで、説得力は感じられない。, この問題はリスナーの需要がアーティストやサブスクの提示する価格に合っていないことを意味する。それほどまでに音楽への価値観を低く見積もっているリスナーがいるということであり、それほどアーティストや企業がリスナーの需要を見極められていないということだ。ただ価格を下げろという話ではもちろんない。寧ろ月額3桁で聴き放題なんて安すぎるくらいである。こうしなければならないほど日本の音楽は認められていないものであり、これをどうにかするにはリスナーの価値観を認めるか向上させるかしなくてはならない。, 音楽(やその他映像など)を楽しむ場所として用意されているサブスクやライブ、動画サイトから音楽を受け取り、吸収するようになったリスナーは、常にその価値観を変動させている。なので音楽を楽しむ形態が異なると同時に、求める音楽のあり方も変化してくる。その目まぐるしいアップデートにアーティストが追いつかないと、リスナーは音楽に対しての価値観を低下させることになる。低下した価値観が自然なものとして受け入れられてしまう。, 勿論、ここに書いたような考えが全てではない。どう音楽の楽しまれ方が変わろうとアーティストを重視して音楽を聴く人は消えないだろうし、CDだって未だに残っている。ただ、音楽が好きだと言いながらも価値を感じなくなってきている人がいるのは確実なのだ。, 日々音楽の受け取り方を進化させるリスナーに価値観の変化を強要することは出来ない。それよりも、アーティストや会社側、つまり音楽を発信する側が、時代に合うような音楽の提示の仕方を考えるべきなのだ。そしてそれはサブスクなどに準拠したものではなく、独自のやり方で音楽の価値を再考させるものである必要がある、そうしなければ、極端かもしれないが、誰も人間の音楽に向き合わなくなるかもしれないのだ。, 新しい音楽の形態、進化する人工知能、発展を遂げるネット界隈など様々な視点から“音楽の価値、価値観”について考えたりします。“リスナーの音楽への価値観の変化”とそれに付随する“アーティストの儲け問題”に言及します, 音楽ライター駆け出し。音楽以外にもカメラ、分析美学、グラフィック等勉強中。お仕事依頼、ご相談、その他お気軽にTwitterのDMまたは自己紹介記事記載の連絡先にどうぞ!朝日新聞デジタル&Mで連載中。執筆、インタビュー等お仕事大募集中です. ‚錤‹†ŠJ”­, (3)ŽŸ¢‘ã‚̍‚‹@”\ƒlƒbƒgƒ[ƒNŠî”Õ‚ÉŒü‚¯‚½Œ¤‹†ŠJ”­, (4)ƒ†ƒrƒLƒ^ƒXEƒvƒ‰ƒbƒgƒtƒH[ƒ€‹Zp‚ÌŒ¤‹†ŠJ”­, (6)ƒƒ{ƒbƒg‚ƃ†ƒrƒLƒ^ƒXƒlƒbƒgƒ[ƒN‚Ì—Z‡, 4@uƒ†ƒjƒo[ƒTƒ‹EƒRƒ~ƒ…ƒjƒP[ƒVƒ‡ƒ“v—̈æ, (2)Åæ’[‚ÌŒ¤‹†ŠJ”­ƒeƒXƒgƒxƒbƒhƒlƒbƒgƒ[ƒNiJGN‚Qj‚̍\’z, (2)ƒAƒWƒAE‘¾•½—m’nˆæ‚É‚¨‚¯‚鍑Û­ô‚̐„i, (3)‘Û‹@ŠÖ‹y‚Ñ‘½‘ŠÔŠÖŒWiƒAƒWƒAE‘¾•½—m’nˆæŠÖŒW‚ðœ‚­j‚É‚¨‚¯‚鍑Û­ô‚Ì“WŠJ, (3)‘Û•ª–ì‚É‚¨‚¯‚é—X­s­‚݂̍è•û‚ÌŒŸ“¢. 蓄音機の歴史は、ある意味、20世紀の音楽の歴史でもあります。録音技術の進化、再生ソフトの進化は、大衆音楽の変化、ヒット曲のジャンルの変化とも連動していました。 例えば、19世紀の間は、「音楽」ではなく「人の声」が主役でした。

運気アップ 待ち受け 2020 7, ぶるま 声優 交代 4, ネットスーパー 仕事 きつい 35, ジャパンタイムズ アルファ アプリ 6, 鳩対策 ネット 張り方 5, ネット フリックス 乃木坂工事中 6, ウイイレアプリ バイエルン 監督 8, 女の子に なりたい 弾き語り 5, 天才ピアニスト ますみ Wiki 16, 少年野球 左利き キャッチャー 29, Zoom 参加者 ログ 18, 転スラ 13巻 ネタバレ 5, 板谷由夏 身長 体重 37, 夏 おしゃれ着 洗濯 頻度 26, キツネ ブリーダー 北海道 42, 芸能人 クレーター 治った 13, Ark コントローラー 動かない 12, さいたま 市立 美園中学校 事件 5, 和牛 出待ち プレゼント 19, 27歳 院卒 就職 17, 留萌 子供 遊び 6, 渡辺謙 白血病 ドナー 21, 東京独身男子 青い ビール 8, エヌドット シアオイル 口コミ 7, キングダム 武器 史実 5, Nhk 松村正代 産休 13, ブルー キュラソー ラム 4, ザバスミルクプロテイン 一日 何 本 4, 乃木坂 身長 伸びた 30, 中村倫也 ラブ シーンについて 9, 一筋 の光 イタリア語 4, Pubg 相棒 名前 20, Zoom インターネット接続が不安定です 原因 11, 雑誌 Vivi ロシア 人 モデル 32, モーニング娘 次 誰が 卒業 17, 熱帯魚 卵 白い 24, 乃木坂 ヒット祈願 回数 5, 映画 連合艦隊 ニコニコ動画 6, Amazon 在宅 倍率 9, 中村充孝 市 船 8, ルミノックス 3001 レビュー 6, 足の裏 痛い 場所 4, Haikyuu 380 Raw 5, 蚊帳 屋外 プール 19, 国立大学法人 倍率 九州 8, 瞳の奥をのぞかせて 歌詞 解釈 6, 髭男 Escapade 読み方 8, ジャスティン サッコ 2ch 17, Fc岐阜 ユース 寮 23, 福島原発 作業員 死亡 7, アブレイズ 千葉 評判 9, 後藤 輝基 イケメン 16, ステッパー おすすめ 勉強 7, Yg 練習生 ノア 13, ローマ ドラマ モザイク 6, 新宿 Loveオブジェ 行き方 6, ハイキュー 身長 ランキング 15, 中村倫也 しゃべくり 動画 7, Base 手数料 計算 50, 医学部 放校 2ch 13, 若菜 惣菜 メニュー 9, ダルビッシュ プロスピ アカウント 11, 世にも奇妙な物語 ネタバレ まとめ 6, 脳出血 失語症 ブログ 7, 考えた人すごいわ 仙台 コロナ 10, フォートナイト そう エンドゾーン 23,