C��) e�N�G�=ME#�f��rT�?pU��z��Mm��$����N�������)H+GGG� �22- ��0A� ȶ�$X�/�@�v�/P̟��������W�µ��8$X��|?�= ��q�U*��6��R v���.�'L��p�a%Cx����0��0�z�i& �b%n�� �@� �F� 0000008925 00000 n 0000005356 00000 n 0000189870 00000 n 0000006490 00000 n パラメータには気象条件を表す外気温度 6 ... 本モデルでは収穫日の草丈長さの予測値 .と出荷ケース 数 %が式(3)に示すようにべき乗の関係にあるとする。こ こで =と gは係数である。 % l = . 気象庁から提供する情報の中には、農業分野に役立つ様々な気象情報があります。 気象情報を上手に使うことで、天候による農作物へのリスクを減らす、気象災害から農作業者の身を守るなどの効果があり … 0000129169 00000 n

情報等を利用した作物モデルの開発と普及 脇山恭行(October 10, 2019), 日本農業気象学会75周年記念出版 「Adaptation to Climate Change in Agriculture – Research and Practices」の紹介 飯泉仁之直・平田竜一・松田 怜(October 10, 2019), 北海道空知の防風林が水田の環境と水稲に及ぼす影響 鮫島良次・石渡康介・岡田啓嗣・久富裕太(January 10, 2018), 農業気象学分野で応用可能な広域気象データセットの現状と課題 伊藤昭彦(April 10, 2018), フラックス研究の萌芽,井上栄一や先達たちの導き 原薗芳信 (October 10, 2018), 気候資源を活かしたブランドジャガイモの生産に取り組む北海道稚内市上勇知地区の気候 鮫島良次・酒井遥・岡田啓嗣・菊池工(April 10, 2018), 露地における精密な栽培管理の実現に資する農地環境推定システム 植山秀紀・柴田昇平・岡田周平・大木秀行(April 10, 2018), 農業気象学会の未来可能性にむけて 日本農業気象学会会長 北野雅治(January 10, 2018), 我が国の生物環境工学の発展-半世紀あまりの研究活動を通じて- 1987-1991年会長 髙倉直(January 10, 2018), 研究に対する私の思いと地形気象研究の楽しさ 1999-2001年会長 鈴木義則(January 10, 2018), 農業気象学の発展を目指す或る名誉会員の回顧録 2001-2005年会長 真木太一(January 10, 2018), 学会の気風 2009-2013年会長 岡田益己(January 10, 2018), 出会いの大切さ:思いつくまま,これまでの研究者人生を振り返って 2013-2017年会長 大政謙次(January 10, 2018), 連載講座「栽培環境における気温の観測技法と利用」を始めるにあたって 福岡峰彦・桑形恒男・吉本真由美・石郷岡康史(July 10, 2018), 連載講座「栽培環境における気温の観測技法と利用」(1)気温観測の理論と注意点 桑形恒男・福岡峰彦(July 10, 2018), 連載講座「栽培環境における気温の観測技法と利用」(2)気温・湿度観測に用いられるセンサー 桑形恒男・福岡峰彦 (October 10, 2018), 卒論・修論のための自然地理学フィールド調査, 泉 岳樹・松山 洋 著,古今書院 発行 紺野祥平(January 10, 2018), 生物環境物理学ことはじめ,高見晋一 著,大阪公立大学共同出版会 発行  真木太一(April 10, 2018), 帝国日本の気象観測ネットワーク V 南洋庁 山本晴彦 著,農林統計出版 発行 高見晋一(July 10, 2018), 気候変動の事典 山川修治・常盤勝美・渡来 靖 編集,朝倉書店 発行 青野靖之(July 10, 2018), 日本農業気象学会2018 年度大会 OS-J3「農業気象学の原点を探る」報告 皆川秀夫・広田知良・根本 学・小沢 聖・原薗芳信(July 10, 2018), 日本農業気象学会75 周年記念大会オーガナイズドセッション(OS-J4)報告「領域気象モデルを活用した農業気象研究の展開」 丸山篤志・日下博幸・柴田昇平・佐々木華織・大橋唯太・植山秀紀・鈴木智恵子・萱場亙起(July 10, 2018), 揮発性有機化合物(VOC)測定手法の確立と植物によるVOC 放出・吸収過程におよぼす微気象要因の解明 谷 晃(July 10, 2018), 土壌―大気間の微量気体の交換に関する農業気象学的研究 米村正一郎 (October 10, 2018), 自発休眠期の気温を考慮したソメイヨシノの開花日の簡便な推定法 青野靖之, 村上なつき(April 10, 2017), 気候変動による北海道におけるワイン産地の確立-1998年以降のピノ・ノワールへの正の影響- 広田知良, 山﨑太地, 安井美裕, 古川準三, 丹羽勝久, 根本学, 濱嵜孝弘, 下田星児, 菅野洋光, 西尾善太(April 10, 2017), 発育予測モデルとメッシュ気象データを利用したダイズの乾燥ストレス発生リスクの広域評価 中野聡史, 大野宏之, 島田信二(July 10, 2017), 30年平均の平年出穂日を用いた水稲の出穂日の推定 川方 俊和 (October 10, 2017), 開花期以降の水ストレスがポット栽培ダイズの粒大および裂皮粒率に及ぼす影響 細野 達夫, 中山 則和(October 10, 2017), ビワの光合成と光および温度との関係とその季節変化 紺野 祥平, 杉浦 俊彦(October 10, 2017), 棟傾斜の異なる農業用ハウスにおける気温分布 由比 進,岡田益己,片岡 園,本城正憲(January 10, 2017), クラスター分析とハイサーグラフによる北海道の気候区分 井上 聡, 奥村健治, 牧野 司, 広田知良(July 10, 2017), 温室ハイブリッド暖房における非石油暖房機の供給熱量割合の推定 町田 創, 岡田 益己(October 10, 2017), 和文誌「生物と気象」の冊子体発行にあたって 日本農業気象学会会長 大政謙次(January 10, 2017), 若手研究者の会企画集会「農業気象分野研究における統計解析-実験計画法の理論と実践-」開催報告 臼井靖浩・伊川浩樹・大久保さゆり(July 10, 2017), 気象学の新潮流3 「大気と雨の衛星観測」,中澤哲夫 編,中島 孝・中村健治 著 鳥谷 均(April 10, 2017), 帝国日本の気象観測ネットワークⅢ-水路部・海軍気象部-,山本晴彦 著 真木太一(July 10, 2017), 植物と微気象(第3版)植物生理生態学への定量的なアプローチ,Hamlyn G. Jones 著,久米篤・大政謙次 監訳 鮫島良次(July 10, 2017), 帝国日本の気象観測ネットワークⅣ 樺太庁,山本晴彦 著,農林統計出版 発行 鮫島良次(October 10, 2017), 植物季節現象に関する気候学的研究(2016年学術賞) 青野靖之(January 10, 2017), 温暖化が果樹生産に及ぼす影響評価と適応技術の開発(2016年普及賞) 杉浦俊彦(January 10, 2017), 光応用による植物の診断と制御に関する研究とその普及(2015年普及賞) 山本晴彦(January 10, 2017), Open Access International E-journal 髙倉 直(July 10, 2017), 故久保祐雄日本農業気象学会名誉会員(元会長)を偲んで 内嶋善兵衛・真木太一(January 10, 2017), 実況値と数値予報,平年値を組み合わせたメッシュ気温・降水量データの作成 大野 宏之, 佐々木 華織, 大原 源二, 中園 江(March 1, 2016), エダマメ収穫適期の指標 -莢厚増加速度,相対莢厚および子実重の利用- 細野 達夫, 片山 勝之(March 5, 2016), 土壌の太陽熱消毒法の効果を示す陽熱負荷指数のモデル化 下高 敏彰, 小川 さつき, 篠原 陽子, 菱池 政志, 渡邊 亘, 橋本 知義, 大場 和彦(May 11, 2016), Ray Leuning博士追悼集会報告 旧フラックス研究部会・旧フラックス観測評価部会有志 (April 20, 2016), シリーズ 地域環境工学 地域環境水文学, 田中丸治哉,大槻恭一,近森秀高,諸泉利嗣 著 大上博基(December 31, 2016), AsiaFlux Workshop 2015 – Challenges and Significance of Ecosystem Research in Asia to Better Understand Climate Change – 参加報告 岩田拓記, 沖元洋介, 佐伯田鶴, 和田龍一, 平田竜一 (March 2, 2016), 平成26年度「醸造用ぶどう栽培セミナー」~醸造用ぶどう栽培を対象とした気候変動適応技術の検討~ の研究会報告 広田知良, 丹羽勝久, 山﨑太地, 石塚創, 楠茂幸, 齋藤伝, 平川敦雄, 根本学, 西岡一洋, 星典宏, 田中博春, 佐藤知至, 高橋裕美子 (March 1, 2016), 日本農業気象学会2015年全国大会および農業気象国際シンポジウム2015開催報告 日本農業気象学会2015年全国大会・農業気象国際シンポジウム2015実行委員会 (March 4, 2016), 日本農業気象学会2016年全国大会オーガナイズドセッションOS-J3「水田の微気象と物質循環」の報告 小野圭介, 宮田 明, 伊川浩樹 (April 20, 2016), 作物収量に対する気候変動の影響の広域予測に関する研究 飯泉 仁之直(April 20, 2016), SPACを通して「環境農学」を開拓したVan Bavel教授 高見晋一(April 20, 2016), 佐藤忠良と日本農業気象学会賞の賞牌および個人的な体験 広田知良(May 19, 2016), 帝国日本の農業試験研究 華北産業科学研究所・華北農事試験場の展開と終焉, 山本晴彦 著 真木太一(June 12, 2015), 帝国日本の気象観測ネットワークⅡ-陸軍気象部-, 山本晴彦 著 真木太一(January 5, 2016), 日本農業気象学会2015年全国大会オーガナイズドセッションOS-J2「大気―生態系間のフラックス評価の精度向上を目指した大気境界層内の乱流輸送の理解」の報告 岩田拓記, 小野圭介,平田竜一 (July 2, 2015), Crop Physics の創始者Dr McCree を偲ぶ 高見晋一(June 12, 2015), 北海道十勝地域のテンサイ収量の土壌間差とその将来予測 丹羽勝久, 永田 修, 米山 晶, 横堀 潤, 本郷千春(February 27, 2014), グリーンカーテンによる冷却効果の比較解析 奥島里美, 海保 昭, 石井雅久, 森山英樹, 佐瀬勘紀, 髙倉 直(March 5, 2014), 古記録中のカエデの紅葉記録から復元した京都の秋季気温の推移 青野靖之, 谷 彩夏(March 27, 2014), モンゴル北部ボルガン県における近年の家畜大量死に関連した気象条件 小池崇子, 篠田雅人, 森永由紀(May 28, 2014), 温暖化政策支援モデルのための全球作物収量影響関数の開発 田中朱美, 高橋 潔, 増冨祐司, 花崎直太, 肱岡靖明, 蘇 宣銘,長谷川知子, 藤森真一郎, 増井利彦(July 1, 2014), イチョウの開芽日・黄葉日の時系列変化と地理的傾向の解析 清水 庸, 梅村周平, 大政謙次(August 19, 2014), 日本農業気象学会2014全国大会公開シンポジウム報告「北の農業は温暖化にどう向き合っているか?-北海道ブランド力の向上に向けて-」 広田知良, 五十嵐俊成, 下田星児, 藤岡和博, 東山哲智,大塚慎太郎, 矢崎友嗣, 鮫島良次 (August 3, 2014), 帝国日本の気象観測ネットワーク-満洲・関東州-, 山本晴彦 著 真木太一(June 23, 2014), 自然エネルギーと環境の事典 NPO法人北海道自然エネルギー研究会 編著 広田知良(September 16, 2014), International Joint Conference of 11th AsiaFlux International Workshop, 3rd HESSS and 14th Annual Meeting of KSAFM “Communicating Science to Society: Coping with Climate Extremes for Resilient Ecological-Societal Systems”の報告丸山篤志, 宮崎真, 小谷亜由美, 栗林正俊, 斎藤琢, 小野圭介 (January 14, 2014), The fifth international conference on “Plant-based vaccines, antibodies & biologics” の報告 藤内直道 (March 12, 2014), 日本農業気象学会2014年大会オーガナイズドセッション SA :「陸域メタンフラックスの評価のための連携研究に向けて―現状の課題共有の先にある飛躍」 植山雅仁, 平田竜一, 齊藤 誠 (May 5, 2014), 日本農業気象学会2014年全国大会オーガナイズドセッション報告「ワイン産地としての北海道空知地域の将来展望」 永田 修, 小林和彦, 丹羽勝久, 平川敦雄, 滝沢信夫, 小野 悟,矢崎友嗣, 広田知良 (July 16, 2014), AsiaFlux Workshop 2014-Bridging Atmospheric Flux Monitoring to National and International Climate Change Initiative- 参加報告 野田 響, 寺本宗正, 小宮秀治郎, 平山宏次郎 (December 24, 2014), 2013年関東支部例会 (後援:宇宙航空研究開発機構)(May 13, 2014), 微気象観測に基づく作物群落の熱・ガス交換プロセスの解明ならびに群落の環境緩和機能に関する基礎研究 大上博基(October 9, 2014), 水田における物理環境計測の進歩と溶存酸素(DO)・pH・酸化還元電位(Eh)の動態解明および湛水層における対流の発見 臼井 靖浩(June 28, 2013), 1971年以降に日本海を通過した台風の特徴からみた山形県庄内地域でのイネ潮風害発生要因の評価 松田 裕之, 森 静香, 藤井 弘志(June 1, 2013), 温暖化フォーラム(石川)報告 「温暖化適応策と農業現場での適応行動」 田中 博春, 小林 和彦, 馬場 健司, 増冨 祐司, 広田 知良(July 1, 2013), 北海道の気象と農業, 日本農業気象学会北海道支部 編著, 町村尚(January 29, 2013), GISで学ぶ日本のヒト・自然系, 大西文秀 著, 高見晋一(January 29, 2013), 小笠原案内 気象・自然・歴史・文化 (小笠原シリーズ6), 真木太一・真木みどり 共著, 横山仁(March 22, 2013), 日本農業気象学会2013年大会 オーガナイズドセッション OS-C:「地表面の改変が農耕地フラックスに及ぼす影響の評価とモデル化」の報告 小野圭介, 宮田 明, 間野正美 (October 26, 2013), 寒地農業に及ぼす気候変動・温暖化の影響解析・評価と適応対策に関する研究 広田知良(August 9, 2013), 栄養成長期の高水温はイネの穂ばらみ期耐冷性を向上させる ―恒温深水検定圃場での検証― 下野 裕之, 須藤 充, 永野 邦明(March 21, 2012), 生育ステージと温度履歴を考慮した東北地方における水稲の障害型冷害リスクマップ 下野 裕之, 菅野 洋光(March 20, 2012), 北海道の気候条件からみた土壌凍結深制御による野良イモ防除の作業日程の検討 矢崎 友嗣, 広田 知良, 鈴木 剛, 白旗 雅樹, 岩田 幸良, 井上 聡, 臼木 一英(May 31, 2012)>, 落葉果樹園における様々な日別融雪熱量予測式 伊藤 大雄, 石田 祐宣(August 10, 2012), 多項式で表した作物の発育速度の線形最小二乗法を用いた計算方法 川方 俊和(August 10, 2012), 2003-2011年における黄砂発生源のAMSR-Eから得られた土壌水分と黄砂イベントとの関係 木村 玲二(November 22, 2012), 京都府綾部市の地表における太陽光の光合成有効光量子束密度に対する赤色光, 緑色光, 青色光の比率と赤色光/遠赤色光比 浜本 浩, 山崎 敬亮(August 10, 2012), 地表面フラックス推定のための密度変動補正 小野 圭介(August 10, 2012), 温暖化フォーラム(北海道)報告 広田知良・中辻敏朗・濱嵜孝弘・小沢 聖・永田 修・古賀伸久・井上 聡・志賀弘行・岡田益己・大政謙次(April 24, 2012), 食糧・農業・地球環境 研究六十年主要論考集, 内嶋善兵衛著 中山敬一(May 16, 2012), 風の事典, 真木太一・新野 宏・野村卓史・林 陽生・山川修治 編著大久保晋治郎(September 5, 2012), モンスーンアジアのフードと風土, 横山 智・荒木一視・松本 淳 編著根本学(October 9, 2012), 日本農業気象学会2011 年大会オーガナイズドセッションOS3:「炭素循環プロセスから見た陸域生態系の攪乱と回復」の報告 平田竜一・溝口康子・山野井克己 (March 1, 2012), AsiaFlux Workshop 2011“Bridging Ecosystem Science to Services and Stewardship”の報告斎藤 琢・坂部綾香・吉澤景介・鎌倉真依・安立美奈子・平田竜一 0000189574 00000 n (April 3, 2012), メタン(CH4)と一酸化二窒素(N2O)に関するFLUXNETワークショップの報告宮田 明・岩田拓記・坂部綾香(November 20, 2012), 種子生産と蒸発の簡易モデルにみられるシステムとしての共通性 高見晋一(November 29, 2012), 半日陰の屋外人工空間における水稲の生育 上地 由朗, 五十嵐 大造, 桜谷 哲夫(February 17, 2011 受理), トウモロコシ花粉飛散および交雑抑制に対して効果的な防風施設の配置方法に関する数値実験 牛山 朋来, 芝池 博幸, 杜 明遠(March 15, 2011 受理), 都市内緑地における落葉広葉樹の樹液流速とその環境要素への依存性 桐越 仁美, 中野 智子(August 25, 2011 受理), 農耕地モニタリング地点の選定とその気温変化傾向に関する地域的な特性 村上 雅則, 桑形 恒男, 石郷岡 康史, 西森 基貴(November 5, 2011 受理), 多孔質体による太陽エネルギーを利用した蒸留・水輸送法の可能性 市川 寿人, 高見 晋一, 関 平和(May 10, 2011 受理), 建築資材を活用した低コスト強制通風筒「NIAES-09」の製作法 福岡峰彦・桑形恒男・吉本真由美・山田幸則(June 30, 2011), 若手研究者の会の活動履歴(1977年~2010年)間野正美・平田竜一(April 12, 2011), 地球温暖化時代の異常気象(気象ブックス033), 吉野正敏 著西森基貴(August 25, 2011), AsiaFlux Workshop 2010 – New Challenges of Fluxnet Community to Resilient Carbon/Water Management – の報告奥村智憲・安宅未央子・近藤雅征・望月智貴・吉村謙一・見竹康啓(March 25, 2011), 2nd Annual AgMIP Global Workshop の報告飯泉仁之直・藤森真一郎(November 7, 2011), 温室用ユビキタス環境制御システムの開発・普及  星 岳彦(September 22, 2011), 海外留学報告:アメリカとオランダでのポスドク生活松田 怜(January 27, 2010), 地球温暖化と昆虫, 桐谷圭治・湯川淳一 著 清野 豁(March 29, 2010), 地球温暖化で日本農業はどう変わる, 林 陽生 著 福岡義隆(April 14, 2010), 畜産と気象(気象ブックス030), 柴田正貴・寺田文典 編著清野 豁(July 26, 2010), 極圏・雪氷圏と地球環境, 遠藤邦彦・山川修治・藁谷哲也 編著井上 聡(August 19, 2010), 地表面の熱収支, ミハイル・イ・ブディコ 著, 内嶋善兵衛 訳>吉野 正敏 (October 15, 2010), 堆肥発酵熱と土壌および傾斜温室の温度環境のモデル化と解析 関 平和(August 19, 2010), 長期フラックス観測に基づく森林生態系の炭素収支に関する研究 平野 高司(August 26, 2010), 根圏ガス環境調節による植物成長の制御技術の開発北宅 善昭(October 15, 2010), (3)大規模土地利用型農業で実現したパッシブ制御 ‐土壌凍結を活用した野良イモ防除‐廣田 知良(August 25, 2009), AsiaFlux Workshop 2009 -Integrating Cross-scale Ecosystem Knowledge: Bridge and Barriers- の報告 大久保晋治郎・安立美奈子・小野圭介・本岡毅・西村渉(December 15, 2009), 大豆の気象生態反応のモデル化とそれを利用した生産管理支援情報の開発および水稲・小麦への応用鮫島良次(April 15, 2009), やませ研究の業績とその普及にむけたウェブ情報発信システムの開発菅野洋光(April 15, 2009), 無人ヘリコプターのダウンウォッシュに関するフィールド実験 井上君夫・永井秀幸・渡辺 力・大原源二・中園 江(October 11, 2008), 水の革命 -森林・食糧生産・河川・流域圏の統合的管理-, イアン・カルダー 著, 蔵治光一郎・林裕美子 監訳 多炭雅博(June 17, 2008), 石垣が語る風土と文化 -屋敷囲いとしての石垣, 漆原和子 著林 陽生(November 17, 2008), 2007年アメリカ地球物理学連合 (American Geophysical Union) 秋季集会報告 鈴木力英・丸山篤志・植山雅仁・金 龍元・原薗芳信(March 17, 2008), シ ンポジウム 東南アジアから視る九州沖縄農業の多様性と持続的発展 -水資源・生産性・病害虫・環境変化等に関する考察-小沢 聖 (September 3, 2008), Re-Thinking Global Change Science: From Knowledge to Policy -AsiaFlux Workshop 2008- の報告植山雅仁・齊藤 誠・滝本貴弘(December 24, 2008), 大 規模畑地灌漑の水需要構造の農業気象学的研究とその普及大場和彦 (March 27, 2008), 地球温暖化の実態とそれが生態系と農業活動に及ぼす影響」に関する研究 会に関する報告小林和彦・桑形恒男・広田知良・近藤純正・清水 庸・見延庄士郎 (September 5, 2007), 異なるフラックス評価手法の比較から見えてきた問題と明らかになったこと間野正美・安田幸生・大谷義一・宮田 明(December 17, 2007), 地球の悲鳴 -環境問題の本100選, 陽 捷行 著清野 豁 (September 5, 2007), 農業・環境分野における先端的画像情報利用-ファイトイメージングからリモートセンシ ンクまで-, 大政謙次 編北宅善昭 (September 5, 2007), 土壌物理学 土中の水・熱・ガス・化学物質移動の基礎と応用, ウィリアム・ジュリー,ロバート・ホートン著, 取出伸夫 監訳,井上光弘・長裕幸・西村拓・諸泉利嗣・渡辺晋生 訳 森 牧人(December 17, 2007), 気候学の歴史 古代から現代まで, 吉野正敏 著 内嶋善兵衛 (December 28, 2007), International Workshop on Flux Estimation over Diverse Terrestrial Ecosystems in Asia – AsiaFlux Workshop 2006 – の報告小野圭介・平田竜一(December 11, 2007), 「Journal of Agricultural Meteorology」の現状報告, 連載講座「栽培環境における気温の観測技法と利用」(6)植物の体温はどのようにして決まるのか, Jet Stream: A journey through our changing climate Tim Woollings 著, Oxford University Press 発行, 新刊紹介 人新世の地球環境と農業 石坂匡身・大串和紀・中道 宏 著,一般社団法人 農山漁村文化協会 発行, ポスドクの流儀 悩みを解きほぐして今日から行動するためのチェックリスト Liz Elvidge, Carol Spencely, Emma Williams 著,小谷 力 翻訳,羊土社 発行, 農業気象・環境学 第3版 大政謙次・北野雅治・平野高司・荊木康臣・広田知良・嶋津光鑑 編集,朝倉書店 発行, AsiaFlux2019 -20th Anniversary Workshop- 参加報告, ハイワイヤー栽培のトマトにおける光強度,CO2濃度,葉面積および光合成速度の計測による適切なCO2施用位置の考察, 連載講座「栽培環境における気温の観測技法と利用」(3)農耕地の気温はアメダス(AMeDAS)の気温とどう違うのか, 連載講座「栽培環境における気温の観測技法と利用」(4)NIAES-09S改型強制通風筒の製作法, 日本農業気象学会75周年記念出版 「Adaptation to Climate Change in Agriculture – Research and Practices」の紹介, 連載講座「栽培環境における気温の観測技法と利用」(2)気温・湿度観測に用いられるセンサー, 卒論・修論のための自然地理学フィールド調査, 泉 岳樹・松山 洋 著,古今書院 発行, 日本農業気象学会75 周年記念大会オーガナイズドセッション(OS-J4)報告「領域気象モデルを活用した農業気象研究の展開」, 揮発性有機化合物(VOC)測定手法の確立と植物によるVOC 放出・吸収過程におよぼす微気象要因の解明, 気候変動による北海道におけるワイン産地の確立-1998年以降のピノ・ノワールへの正の影響-, 発育予測モデルとメッシュ気象データを利用したダイズの乾燥ストレス発生リスクの広域評価, 若手研究者の会企画集会「農業気象分野研究における統計解析-実験計画法の理論と実践-」開催報告, 植物と微気象(第3版)植物生理生態学への定量的なアプローチ,Hamlyn G. Jones 著,久米篤・大政謙次 監訳, シリーズ 地域環境工学 地域環境水文学, 田中丸治哉,大槻恭一,近森秀高,諸泉利嗣 著, AsiaFlux Workshop 2015 – Challenges and Significance of Ecosystem Research in Asia to Better Understand Climate Change – 参加報告, 平成26年度「醸造用ぶどう栽培セミナー」~醸造用ぶどう栽培を対象とした気候変動適応技術の検討~ の研究会報告, 日本農業気象学会2016年全国大会オーガナイズドセッションOS-J3「水田の微気象と物質循環」の報告, 帝国日本の農業試験研究 華北産業科学研究所・華北農事試験場の展開と終焉, 山本晴彦 著, 日本農業気象学会2015年全国大会オーガナイズドセッションOS-J2「大気―生態系間のフラックス評価の精度向上を目指した大気境界層内の乱流輸送の理解」の報告, 日本農業気象学会2014全国大会公開シンポジウム報告「北の農業は温暖化にどう向き合っているか?-北海道ブランド力の向上に向けて-」, International Joint Conference of 11th AsiaFlux International Workshop, 3rd HESSS and 14th Annual Meeting of KSAFM “Communicating Science to Society: Coping with Climate Extremes for Resilient Ecological-Societal Systems”の報告, The fifth international conference on “Plant-based vaccines, antibodies & biologics” の報告, 日本農業気象学会2014年大会オーガナイズドセッション SA :「陸域メタンフラックスの評価のための連携研究に向けて―現状の課題共有の先にある飛躍」, 日本農業気象学会2014年全国大会オーガナイズドセッション報告「ワイン産地としての北海道空知地域の将来展望」, AsiaFlux Workshop 2014-Bridging Atmospheric Flux Monitoring to National and International Climate Change Initiative- 参加報告, 微気象観測に基づく作物群落の熱・ガス交換プロセスの解明ならびに群落の環境緩和機能に関する基礎研究, 水田における物理環境計測の進歩と溶存酸素(DO)・pH・酸化還元電位(Eh)の動態解明および湛水層における対流の発見, 1971年以降に日本海を通過した台風の特徴からみた山形県庄内地域でのイネ潮風害発生要因の評価, 日本農業気象学会2013年大会 オーガナイズドセッション OS-C:「地表面の改変が農耕地フラックスに及ぼす影響の評価とモデル化」の報告, 栄養成長期の高水温はイネの穂ばらみ期耐冷性を向上させる ―恒温深水検定圃場での検証―, 2003-2011年における黄砂発生源のAMSR-Eから得られた土壌水分と黄砂イベントとの関係, 京都府綾部市の地表における太陽光の光合成有効光量子束密度に対する赤色光, 緑色光, 青色光の比率と赤色光/遠赤色光比, 日本農業気象学会2011 年大会オーガナイズドセッションOS3:「炭素循環プロセスから見た陸域生態系の攪乱と回復」の報告, AsiaFlux Workshop 2011“Bridging Ecosystem Science to Services and Stewardship”の報告, メタン(CH4)と一酸化二窒素(N2O)に関するFLUXNETワークショップの報告, トウモロコシ花粉飛散および交雑抑制に対して効果的な防風施設の配置方法に関する数値実験, AsiaFlux Workshop 2010 – New Challenges of Fluxnet Community to Resilient Carbon/Water Management – の報告, (3)大規模土地利用型農業で実現したパッシブ制御 ‐土壌凍結を活用した野良イモ防除‐, AsiaFlux Workshop 2009 -Integrating Cross-scale Ecosystem Knowledge: Bridge and Barriers- の報告, 大豆の気象生態反応のモデル化とそれを利用した生産管理支援情報の開発および水稲・小麦への応用, 水の革命 -森林・食糧生産・河川・流域圏の統合的管理-, イアン・カルダー 著, 蔵治光一郎・林裕美子 監訳, 2007年アメリカ地球物理学連合 (American Geophysical Union) 秋季集会報告, シ ンポジウム 東南アジアから視る九州沖縄農業の多様性と持続的発展 -水資源・生産性・病害虫・環境変化等に関する考察-, Re-Thinking Global Change Science: From Knowledge to Policy -AsiaFlux Workshop 2008- の報告, 地球温暖化の実態とそれが生態系と農業活動に及ぼす影響」に関する研究 会に関する報告, 農業・環境分野における先端的画像情報利用-ファイトイメージングからリモートセンシ ンクまで-, 大政謙次 編, 土壌物理学 土中の水・熱・ガス・化学物質移動の基礎と応用, ウィリアム・ジュリー,ロバート・ホートン著, 取出伸夫 監訳,井上光弘・長裕幸・西村拓・諸泉利嗣・渡辺晋生 訳, International Workshop on Flux Estimation over Diverse Terrestrial Ecosystems in Asia – AsiaFlux Workshop 2006 – の報告.



紅蓮華 Tab ベース 4, 京都 エアガン 修理 9, 第一興商 社長 交代 27, とある科学の超電磁砲t 感想 海外 9, 檸檬 感想 一言 7, 藤原秀 衡 身長 5, 返信用封筒を同封し ます 英語 6, アガタ 名前 意味 6, パリ サンジェルマン 所属 リーグ ウイイレ 7, 御坂美琴 Ss 黒子 42, スマート エンジェル 洗剤 口コミ 4, Love Myself 歌詞 和訳 ヘイリー 10, ベイスターズ ニュース ヤフー 8, ボンビーガール 不動産屋 舎人 11, れい 漢字 当て字 8, 打ち上げ花火 下から見るか 横から見るか 44, 牛丼 レシピ ダシダ 10, Ievan Polkka 海外の反応 4, Jcom オンデマンド 10403 7, 東堂 巻島 公式 20, ロープ 滑車 作り方 31, 0学占い 海王星 性格 18, トップバリュ さけるチーズ 妊娠中 10, 24時間テレビ ティー シャツ歴代 6, 筋トレ オレンジ 飲み物 12, Jリーグ 中継 無料 10, 文系 資格 難易度 9, バイト お疲れ様です Line 10, パワプロ2013 応援歌 パスワード 6, You Raise Me Up 日本語 35, Buster Call 和訳 9, ホビット ドワーフ 名前 5, 2000年代 アニソン 隠れた名曲 16, 前田裕二 石原さとみ 文春 5, ぐらんぶる 感想 アニメ 5, デジタル トランス フォーメーション イベント 2020 4, アジア のバイク メーカー 4, ヒューマンフォールフラット スキン Pc 56, 浅見光彦 崇徳伝説殺人事件 ネタバレ 7, 流れ星 芸人 不仲 25, 履歴書 退職理由 うつ病 4, デジモン 最終回 2ch 17, サイレーン 打ち切り 理由 26, 若白髪 治療 病院 19, Bananafish カラオケ アニメ映像 4, マルイ V10 グリップ交換 7, Rkb アナウンサー 鑪 11, クーポン 印刷 コンビニ 11, 万葉集 形式 修辞 5, 女王の教室 再放送 2020 6, 小塚崇彦 子供 写真 4, 中学校 英語 Bridge 9,