本能寺の見どころ・簡単まとめ(修学旅行)。本能寺見どころ・大宝殿宝物館には1582年(天正10年)6月21日(旧暦の6月2日)の本能寺の変の前夜、蛙(かえる)が突然に鳴き、織田信長に異変を知らせたという伝承が残されている三足の蛙(香炉(こうろ))などの文化財が展示・公開されています。(本能寺見どころ下記参照), 【本能寺の見どころ 基礎知識】 [情勢 1] ●「信長公記(しんちょうこうき)」によると織田信長は蘭丸(森成利)に「こは謀反か。如何なる者の企て。」と尋ね、物見から戻った蘭丸が「明智が者と見え申し候。」と報告すると信長は「是非に及ばず。(やむおえぬ)」と言ったと言われています。 ●恵昇院は1574年(天正2年)久成坊隆詠上人が創建しました。恵昇院は牡丹を像った瓦など牡丹にゆかりがあり、牡丹坊とも言われているそうです。 ●蓮承院は浄運院日順上人が創建しました。蓮承院の名称は日蓮聖人の「蓮」と日承聖人の「承」に由来しているとも言われています。 火伏せの銀杏は本能寺の変の後に移されてきたと言われています。火伏せの銀杏は高さ約30メートル・幹周り約5メートルです。火伏せの銀杏は1788年(天明8年)の天明の大火の際に木から水を噴出し、寺町三条界隈の人々を火災から救い、火伏せの銀杏と言われるようになったそうです。 龍雲院(アクセス・・・), 【本能寺 本能寺跡・見どころ】★修学旅行 境内には本能寺の変戦没者合祀墓・徳川家重夫人の供養塔・島津義久夫人の石塔・菅中納言局庸子(かんちゅうなごんのつぼねようこ)の石塔・日甫上人(にちほしょうにん)顕彰碑などがあります。, 【本能寺 信長公忌・見どころ】 本能寺(アクセス・見どころ・・・)基本情報

本能寺(ほんのうじ)は1415年(応永22年)に日隆聖人(にちりゅうしょうにん)が妙本寺(みょうほんじ)5世・月明上人と対立して妙本寺(後の妙顕寺(みょうけんじ))を去り、油小路高辻と五条坊門の間に本応寺を創建したのが起源です。その後妙本寺5世・月明上人によって破却され、1429年(永享元年)に小袖屋宗句(山本宗句)の援助によって西陣付近に再建され、1433年(永享5年)に如意王丸を願主に六角大宮に本能寺を建立しました。1536年(天文5年)の天文法華の乱によって焼失し、1545年(天文14年)に第12代貫首・日承聖人(にちじょうしょうにん)が四条西洞院に再建しました。1582年(天正10年)の明智光秀による本能寺の変によって焼失し、1591年(天正19年)に関白・豊臣秀吉の命によって現在の場所に移り、第14代貫首・日衍聖人(にちえんしょうにん)が再建しました。, 【本能寺 表門・見どころ】★修学旅行 織田信長が本能寺の変で敗れたのは有名な話ですね。 本能寺にいる織田信長が謀反を起こした明智光秀に倒されたとされています。 今回は、織田信長が敗れた本能寺の変に関して可能な限り簡単にわかりやすくまとめました。 蓮承院(アクセス・・・)

●発掘調査により、堀跡の屁泥の中からは焼けたと思われる瓦が見つかりました。また堀には堅固な石垣が積まれていたことも分かりました。 臥牛石(がぎゅうせき)は本堂前にあります。臥牛石は肥後熊本藩初代藩主・加藤清正(かとうきよまさ)が寄進したとも言われています。臥牛石は加藤清正が朝鮮出兵の際に持ち帰ったとも言われています。なお臥牛石は緑泥片岩(りょくでいへんがん)です。, 【本能寺 火伏せの銀杏・見どころ】★修学旅行 *参考・・・本能寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ. 35日間の連投で、和樂webに掲載された歴史記事を中心にご紹介してきましたが、本日が一区切りとなります。本日のテーマは「本能寺の変」です。 天正10年(1582)6月2日早朝、京都本能寺にて織田信長(おだのぶなが)死す。戦国最大の謎ともいえる本能寺の変で、明智光秀(あけちみつひ … (アエラドット), https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920813/77, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920322/60, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/971162/230, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/772514/58, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3441725/75, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/770215/67, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920302/50, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920418/219, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1259252/151, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1259252/16, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/778092/119, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1912983/28, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/936494/47, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/936493/124, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1140509/145, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/993836/401, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223706/243, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223718/224, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223724/38, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1172005/176, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1172074/65, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/932798/129, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1218244/242, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/771064/4, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=本能寺の変&oldid=80419927, 滝川一益は当初より後北条氏との取次役であったが、甲州征伐では信忠の補佐役も務めて、3月11日に天目山で武田勝頼父子を自害させて首を取るという大手柄を挙げた。, 事件を起こした動機には触れても、黒幕とされる人物や集団が、どのようにして光秀と接触したかの説明がない。. 本能寺信長公忌, 【本能寺 放生会・見どころ】

※4 岡部以言(又右衛門) [注釈 43]と岡部以俊にはこのとき本能寺で戦死したという説がある。, 本能寺に滞在していた女性たちは「女どもは苦しからず」として脱出し[178]、誠仁親王の側近も脱出しているが、一部の武士も脱出している。, 信忠付の家臣であった前田玄以は岐阜に逃れ、信忠の子三法師を守って清須に赴いた[179][180]。, 寛永年間に成立した『当代記』によれば、妙覚寺に滞在していた信長の弟・織田長益(源五、後の有楽斎)は信忠と共に二条御新造に移ったが、戦いの中脱出し、安土城を経て岐阜へと逃れた[181]。また刈谷城主の水野忠重も脱出している[181]。『三河物語』によれば、長益と山内康豊(一豊の弟)は狭間をくぐって脱出したと云う[147]。『当代記』では、長益の脱出を当時の人は悪であるとしたという[181]。江戸時代前期の成立と見られる世間話集『義残後覚』では、長益が信忠にとにかく早く自害するようにと勧めたとされており、200余の郎党の多くも討死したのに対して、当の長益は自害せずに逃げ出したことを「哀れ」とする。さらに京童が嘲笑って、「織田の源五は人ではないよ お腹召させておいて われは安土へ逃げるゝ源五 六月二日に大水出て 織田の源なる名を流す」と不名誉を皮肉った落首が流れたとしている[182][183]。江戸前期の編纂物である『武家事紀』では、長益も下人に薪を積ませて自決の準備をさせていたが、周囲に敵兵がいないのに気付いて、ここで死ぬのは犬死と思い脱出したと云う[183]。, また、二条御新造の戦闘では、黒人の家臣・弥助も戦ったと云う。弥助はもともと、宣教師との謁見の際に信長の要望で献上された黒人の奴隷であるが、弥助は捕虜となった後も殺されずに生き延びた[184][注釈 44]。しかしその後の消息は不明である[186][注釈 45]。, 古典史料・古典作品には下記の本能寺の変に関係したよく知られた逸話が登場する。これらは後節で述べる諸説の根拠とされるが、史料の大半が江戸時代以降に書かれているために、全てについて信憑性に問題があり、幾つかは完全なフィクションと判断されている。以下、内容と共に信憑性についても説明する。, 『祖父物語(朝日物語)』『川角太閤記』に見られる逸話で、甲州征伐を終えた後に諏訪で「我らが苦労した甲斐があった」と祝賀を述べた光秀に対して、「おのれは何の功があったか」と信長が激怒し、光秀の頭を欄干に打ち付けて侮辱した。衆人の前で恥をかかされた光秀は血相を変えたと云う[187]。, 『祖父物語』は伝聞形式の軍記物で、比較的古い寛永年間頃に書かれた。いわゆる、巷説を集めたもので信憑性は玉石混淆であって、登場する逸話の信憑性の判断は難しい。『信長公記』には3月19日に諏訪法花寺を本陣としたという記録[90]があって符合する点もあり、後述のルイス・フロイスの書簡などにも信長が光秀を殴打したという話があるため、荒唐無稽の作り話と否定できない[190]が、元和年間(元和7年から9年頃[191])の『川角太閤記』の記述を『祖父物語』が加筆して膨らませたという説もあり[187]、内容には疑問が残る。いずれにしても二次、三次的な史料である。ただしこの逸話は怨恨説の根拠の1つとしてよく引用されてきた。, 明智光秀が徳川家康の饗応役を命じられながらも、その手際の悪さから突然解任されたとする話が『川角太閤記』にある。織田信長は検分するために光秀邸を訪れたが、一歩門を入ると魚肉の腐った臭いが鼻を付いたので、怒ってそのまま台所に向かって行き、「この様子では家康の御馳走は務まるまい」と言って光秀を解任し、饗応役を堀秀政に替えた。赤恥をかいた光秀は腹立ちまぎれに肴や器を堀に投げ棄て、その悪臭が安土の町にふきちらされたと云う[192]。, 『常山紀談』にも「東照宮御上京の時、光秀に馳走の事を命ぜらる。種々饗禮の設しけるに、信長鷹野の時立寄り見て、肉の臭しけるを、草鞋にて踏み散らされけり。光秀又新に用意しける處に、備中へ出陣せよと、下知せられしかば、光秀忍び兼ねて叛きしと云へり」[194]とある。, 『川角太閤記』は太閤秀吉の伝記ではあるが、史料としても一定の価値があると見なされた時期があり、この話は江戸・明治時代には史実と捉えられていて、怨恨説の根拠の1つとされた。同記では光秀が決起の理由を、信長に大身に取り立ててもらった恩はあるが、3月3日の節句に大名高家の前で岐阜で恥をかかされ、諏訪で折檻され、饗応役を解任されて面目を失ったという3つの遺恨が我慢ならないので、(家臣賛同が得られなくても)本能寺に1人でも乱入して討入り、腹切る覚悟だと述べている[136]。これに対して、明智秀満が進み出て、もはや秘密に出来ず「一旦口にした以上、決行するしかない」[135]という趣旨の意見を表明し、続いて斎藤利三、溝尾勝兵衛が打ち明けられた信頼に感謝して「明日より上様と呼ばれるようになるでしょう」と賛同したという話となっているのである[136]。, しかし上記の文章内でも言及されている『信長公記(信長紀)』には、そもそも家康の宿舎は光秀邸でも秀政邸でもなく大宝坊という別の屋敷で、光秀は饗応役を3日間務めたと違う話が書かれており、解任の話は見られない。これは『川角太閤記』における光秀が謀反をした理由の核心部分であり、こういった事実がないということになれば信憑性を失う。むしろ怨恨説を説明する逸話として後世創作され、付け足された物語ではないかと考えられ、小和田哲男は、解任された可能性がないわけではないとしつつも、光秀の不手際による解任ではなく最初から3日間の任務であり、ここから光秀が信長に恨みを抱くという必然性は見いだせないとする[195]。また江戸中期の元文年間に書かれた『常山紀談』に関しては、出典の異なる多数の逸話を雑然と(しかもやや改変して)一つにまとめて載せたという二次、三次史料であり、信憑性はそもそも期待できない。, 『明智軍記』に、信長の出陣命令を受けて居城に戻る際に光秀のもとに上使として青山輿三が訪れ、「(まだ敵の所領である)出雲・石見の二カ国を与えるがその代わりに、丹波と近江の志賀郡を召上げる」と伝えたという話があり、それを聞いた光秀主従が怒り落胆して謀反を決断したと云う[196]。, この話は怨恨説の有力な根拠と江戸時代はされていたが、『明智軍記』は軍記物であってもともと信憑性が薄く、徳富蘇峰は「之は立派な小説である」[197]と断じ、小和田も「事実だったとは思えない」[196]と言っている。国替えについては史料的根拠も残っていない[注釈 46]。現代の歴史学者はたとえそれが事実であったと仮定しても、所領の宛行(あてがい)はよくあったことで、この場合は形式的にも栄転・加増であって、家を追われるような類のものではなく、恨みを抱くような主旨のものではなかったと考えている。小和田は山陰という場所が「近畿管領」からの左遷にあたると思った可能性があるのではないかと秀吉ライバル視説に通じると推測する[196]ものの、「理不尽な行為とうけとるのは間違っている」[196]とも指摘する。, 『信長公記』にも、亀山城出陣を前にして愛宕権現に参籠した光秀が翌日、威徳院西坊で連歌の会を催したとある。この連歌は「愛宕百韻」あるいは「明智光秀張行百韻」として有名である[199]が、光秀の発句「ときは今 天が下知る 五月哉」の意味は、通説では、「とき(時)」は源氏の流れをくむ土岐氏の一族である光秀自身を示し、「天が下知る」は「天(あめ)が下(した)治る(しる)」であり、すなわち「今こそ、土岐氏の人間である私が天下を治める時である」[199]という大望を示したものと解釈される。光秀の心情を吐露したものとして、野望説の根拠の1つとされる。『改正三河後風土記』では、光秀は連歌会の卒爾に本能寺の堀の深さを問うと云い、もう一泊した際に同宿した里村紹巴によれば、光秀は終夜熟睡せず嘆息ばかりしていて紹巴に訝しげられて佳句を案じていると答えたと云うが、これはすでに信長が本能寺に投宿するのを予想して謀反を思案していたのではないかとした[200]。, 『常山紀談』にも「天正10年5月28日、光秀愛宕山の西坊にて百韻の連歌しける。ときは今あめが下しる五月かな 光秀。水上(みなかみ)まさる庭のなつ山 西坊。花おつる流れの末をせきとめて 紹巴。明智土岐姓なれば、時と土岐を読みを通わせてハ天下を取るの意を含めり」[202]とある。秀吉は光秀を討取った後、連歌を聞いて怒って、紹巴を呼んで問い詰めたが、紹巴は発句は「天が下なる」であり「天が下しる」は訂正されたものであると涙を流して詭弁を言ったので、秀吉は許したと云う[203]。, 百韻は神前奉納されて写本記録も多く史料の信憑性も高いが、一方で連歌の解釈については異論が幾つかある。そもそもこれは連歌であり、上の句と下の句を別の人が詠み、さらに次の人と百句繋げていくというものであって、その一部に過ぎない句を取り出して解釈することに対する批判が早くからあった。桑田忠親は「とき=時=土岐」と解釈するのは「後世の何びとかのこじつけ」[204]で明智氏の本姓土岐であることが有名になったのはこのこじつけ発であるとした。明智憲三郎は句は「天が下なる」[注釈 47]の誤記であり、「今は五月雨が降りしきる五月である」[205]という捻りの無いそのままの意味であったと主張する。, 他方で、津田勇は『歴史群像』誌上「愛宕百韻に隠された光秀の暗号―打倒信長の密勅はやはりあった」[206]で、連歌がの古典の一節を踏まえて詠まれたものであると指摘。発句と脇句は『延慶本平家物語』の一文を、次の紹巴は『源氏物語花散里』の一文を、その他にも『太平記』『増鏡』など多く読み込まれている作意は、朝敵や平氏を討ち源氏を台頭させるという寓意が込められているとし、(発句の通説解釈は間違いかもしれないが)百韻は連衆の一致した意見として織田信長を討つという趣旨で、通説の構図は間違っていないと主張する[204]。これらは全体としては朝廷守護説や源平交代説などに通じるものである。また立花京子は、「まつ山」ではなく「夏山」である場合であるが、脇句が細川幽斎が以前に詠んだ句との類似を指摘している。, 『総見記』『絵本太閤記』『常山紀談』などに在る話。天正7年(1569年)6月、光秀は自身の母親を人質として出し、丹波八上城主波多野秀治・秀尚兄弟や従者11人を、本目の城(神尾山城か)での酒宴に誘って、彼らを伏兵で生け捕りにして安土に移送したが、秀治はこの時の戦傷がもとで死に、秀尚以下全員は信長の命令で磔にされた。激怒した八上城の家臣は光秀の母親を磔にして殺害したと云うもの。, 光秀天正七年六月、修験者を遣して、丹波の波多野右衛門大夫秀治が許に、光秀が母を質に出し謀りければ、秀治其弟遠江守秀尚、共に本目の城に来りけるを、酒宴して饗し、兵を伏せ置きて、兄弟を始め従者十一人を生捕り、安土に遣しけり。秀治は伏兵と散々に戦ひし時、, この話は怨恨説のうちでも、とりわけ有名であるが、長期の包囲により八上城内は飢餓状態に追い込まれ、『信長公記』によると、はじめは草や木を食用とし、後には牛や馬を食べたが、ついに口にするものがなくなり、城外に出たところを包囲軍に切り捨てられたとされ、頃合を見計らって光秀は、調略をもって秀治を捕らえたとされる[208]。, この場合の調略は、秀治の家臣を誘降し、彼らの手で城主の波多野兄弟を捕らえさせ、降伏させたという説があるから、人質交換の余地など、全く見当たらない。戦況からして、八上城の落城は確実であったわけであるから、光秀としても、あえて母親を人質とする必要に迫られることはなかったのである[209]。, 『総見記』や『柏崎物語』は、光秀の「調略」による波多野兄弟の誘降に関する記録を恣意的に解釈したもので、事実とはほど遠い創作であり信じるに足りない[210]。, 文禄年間に書かれた[注釈 50]雑話集『義残後覚』[212]に、庚申待の際に小用で黙って退出しようとした光秀が、酔った信長から槍を首筋に突きつけられ「如何にきんか頭何とて立破るぞ」と凄まれる話がある。光秀は平謝りして許され、頭髪を乱して全身から冷や汗をかいた[213]。これを発展させた話が『常山紀談』にあり、「又信長ある時、酒宴して七盃入り盃をもて光秀に強ひらるゝ。光秀思ひも寄らずと辞し申せば、信長脇差を抽き、此白刃を呑むべきか、酒を飲むべきか、と怒られしかば酒飲みてけり」[207]と、これでは無理矢理飲まされた[189]ように加筆されている。似たような話が江戸後期の随筆『翁草』にも収録されているが、これらは共に信憑性は薄い。フロイスの『日本史』には信長自身が酒を飲まなかったとあり、信長が酒を嗜まなかったという話は同時代の医師ルイス・デ・アルメイダの書簡にも見られるので事実と考えられており[214]、信長が酔って絡むといった話はそもそもあり得ないことだった。, 『川角太閤記』などのある話。斎藤利三はもともと稲葉一鉄の被官(家来)であったが、故あって離れ、光秀のもとに身を寄せて家臣として高禄で召し仕えられたので、一鉄が信長に訴え、信長は利三を一鉄の元へ返すよう命じた。光秀はこれを拒否して「畢竟は君公の恩に奉ぜんが為」といったが[215]、信長は激怒して光秀の髷を掴んで引き摺りまわし、脇差に手までかけた。光秀は涙を流して憤怒に堪えたとする。, 『常山紀談』では「其後稲葉伊予守家人を、明智多くの禄を与へ呼び出せしを、稲葉求むれ共戻さず。信長戻せと下知せられしをも肯はず。信長怒って明智が髪を捽み引き伏せて責めらるゝ。光秀國を賜り候へども、身の為に致すことなく、士を養ふを、第一とする由答へければ、信長怒りながらさて止みけり」[216]とある。その他、『明智軍記』『柏崎物語』などにも同種の話があり、怨恨説の根拠の1つとされる。, 『信長公記』に、天正10年(1582年)4月3日、甲州征伐で武田氏が滅亡した後に恵林寺(甲州市塩山)に逃げ込んだ佐々木次郎(六角義定)の引渡しを寺側が拒否したため、織田信忠が、織田元秀・長谷川与次・関長安・赤座永兼に命じて寺を焼き討ちさせた。僧150人が殺され、住職快川紹喜は身じろぎもせずに焼け死んだ[217]。有名な「心頭滅却すれば火もまた涼し」は紹喜の辞世の句の下の句という。, 以上が史実であったが、『絵本太閤記』等ではこれに加えて、光秀が強く反対し、制止しようとして信長の逆鱗に触れ、折檻してさらには手打ちにしようとしたと云う、これまで見てきたものと似たような展開とされている。しかし、そもそも焼討を命じたのは信忠であり、同日、信長は甲府にいた。他方で、快川紹喜は土岐氏の出身で、光秀も内心穏やかではなかったのではないかという説[218]もあり、(光秀が制止したというフィクションは除いて)諸説の補強説明に利用されることがある。, 本能寺の変は当時最大の権力者であった信長が死亡し、時代の大きな転換点となった事件であり、小和田哲男は戦国時代における最後の下剋上と評している[219]。信長を討った光秀がその動機を明らかにした史料はなく、また光秀の重臣も短期間でほとんど討たれてしまったため、その動機が明らかにされることはなかった[220]。更に光秀が送った手紙等も後難を恐れてほとんど隠蔽されてしまったため、本能寺の変の動機を示す資料は極めて限定されている。小和田は「日本史の謎」と表現している[221]。「永遠のミステリー」といった表現が行われることもある[222]。, 明治以降、本能寺の変というテーマは何度も研究家に取り上げられ、通史の中で触れられてきた。東京帝国大学教官の田中義成、渡辺世祐、花見朔巳、牧野信之助などのほか、近世日本国民史の著者である徳富蘇峰も持論を述べているが[223]、織豊期・日本中世史の研究者が謀反の動機を究明する動きは一貫して低調であった[224]。呉座勇一も現在の日本史学会においては光秀が謀反を起こした理由については重要な研究テーマと見られておらず[225]、日本中世史を専門とする大学教授が本能寺の変を主題とした単著は極めて少ない[226]。呉座は該当する単著は藤田達生の『謎とき本能寺の変』[227]ぐらいであろうとしているが、この本も信長権力の評価に重点が置かれている[228]。本能寺の変の歴史的意義としては信長が死んだことと秀吉が台頭したことであり、光秀の動機が何であれ、黒幕がいたとしても後世の歴史に何の影響も与えておらず、日本中世史学会において光秀の動機や黒幕を探る議論は「キワモノ」であると見られている[226]。 表門は登録有形文化財です。表門は間口約4.9メートルの薬医門で、左右に袖塀が付いています。表門は1871年(明治4年)に造営された恭明院の門が1880年(明治13年)に移されました。なお表門は瓦葺です。, 【本能寺 信長公御廟所・見どころ】★★★修学旅行 本能寺の変(ほんのうじのへん)とは天正10年6月2日(1582年6月21日)早朝、京都本能寺に滞在中の織田信長を家臣・明智光秀が謀反を起こして襲撃した事件である[12]。, 信長は寝込みを襲われ、包囲されたのを悟ると、寺に火を放ち自害して果てた[12]。信長の嫡男で織田家当主信忠は、宿泊していた妙覚寺から二条御新造に移って抗戦したが、まもなく火を放って自刃した[13]。これにより織田政権の中心人物が失われ、6月13日の山崎の戦いで光秀を破った羽柴秀吉が豊臣政権を構築していく契機となった。, 天正10年(1582年)3月11日に武田勝頼・信勝親子を天目山に追い詰めて自害[14][注釈 4]させた織田信長は、3月27日、2日に名城・高遠城を攻略した信忠に、褒美と共に「天下支配の権も譲ろう」[15][注釈 5]との言葉も贈って褒め称えた。信長は甲府より返礼に来た信忠を諏訪に残して軍勢を現地解散すると、僅かな供廻りだけをつれて甲斐から東海道に至る道を富士山麓を眺めながら悠々と帰国の途に就いた。4月3日には新府城の焼け跡を見物。かつての敵、信玄の居館・躑躅ヶ崎館跡の上に建てられた仮御殿にしばらく滞在し、4月10日に甲府を出立した[16]。長年の宿敵を倒し、立派な後継者[注釈 6]の目途もついて、信長にとって大変満足な凱旋となった。, 天下を展望すると、東北地方においては、伊達氏[注釈 7]・最上氏[20]・蘆名氏[21]といった主な大名が信長に恭順する姿勢を見せており、関東では後北条氏がすでに天正8年(1580年)には同盟の傘下に入っていて[注釈 8]、佐竹氏[24]とも以前より外交関係があったので、東国で表だって信長に逆らうのは北陸の上杉氏を残すのみとなった[情勢 1]。北条氏政・氏直親子は甲州に共同で出陣する約束をしていたが、戸倉城を攻略した後は何ら貢献できなかったので、3月21日に酒・白鳥徳利を、26日には諏訪に米俵千俵を献じ、4月2日には雉500羽、4日には馬13頭と鷹3羽と、短期間で立て続けに献上品を送って誼を厚くしようとした。しかし、この時の馬と鷹はどれも信長が気に入らずに返却されている[16]。他方で、信長は長年の同盟者である徳川家康には駿河1国を贈ったが、家康は領国を通過する信長一行を万全の配慮で接待し、下士に至るまで手厚くもてなしたので、信長を大いに感心させた[25]。これら信長の同盟者はもはや次の標的とされるよりもその威に服して従属するという姿勢を鮮明にしていた[26]。, 西に目を転じると、中国地方では、毛利氏との争いが続き[情勢 2]、四国でも長宗我部氏が信長の指図を拒否したことから交戦状態に入った[27](詳細は後述)が、九州においては大友氏と信長は友好関係にあり、島津氏とも外交が持たれていて、前年6月には准三宮近衛前久[注釈 9]を仲介者として両氏を和睦させたことで、島津義久より貢物を受けている[28][注釈 10]。信長は天正9年(1581年)8月13日、「信長自ら出陣し、東西の軍勢がぶつかって合戦を遂げ、西国勢をことごとく討ち果たし、日本全国残るところなく信長の支配下に置く決意である」[29]と、その意向を繰り返し表明していたが、上月城での攻防[30]の際は重臣が反対し、鳥取城攻めの際には出陣の機会がなかった。その間に伊賀平定を終えて(高野山を除く)京都を中心とした畿内全域を完全に掌握したことから、次こそ第3次信長包囲網[注釈 11]を打倒し、西国最大の大名である毛利氏を討つという意気込みを持っていた[情勢 2]。, 他方で信長は、天正6年(1578年)4月9日に右大臣・右近衛大将の官位を辞して[31]以来、無官・散位のままであった。正親町天皇とは誠仁親王への譲位を巡って意見を異にし、天正9年3月に信長は譲位を条件として左大臣の受諾を一旦は了承したが、天皇が金神を理由に譲位を中止した[32]ことで、信長の任官の話もそのまま宙に浮いていたからである。そこで朝廷は、甲州征伐の戦勝を機に祝賀の勅使として勧修寺晴豊(誠仁親王の義兄)を下し、晴豊は信長が凱旋した2日後の天正10年4月23日に安土に到着した。『晴豊公記』によれば、4月25日に信長を太政大臣か関白か征夷大将軍かに推挙するという、いわゆる「三職推任」を打診し、5月4日には誠仁親王の親書を添えた2度目の勅使が訪問したと云う。2度の勅使に困惑した信長が、森成利(蘭丸)を晴豊のもとに遣わせて朝廷の意向を伺わせると、「信長を将軍に推任したいという勅使だ」[33]と晴豊は答えた。しかし信長は、6日、7日と勅使を饗応したが、この件について返答をしなかった[34]。そのうちに、5月17日、備中より待ちわびていた羽柴秀吉からの出馬要請が届いた。これを受けて信長は出陣を決意し、三職推任の問題はうやむやのまま、本能寺で受難することになった。(続き), これより前、土佐統一を目指していた長宗我部元親は、信長に砂糖などを献上[35]して所領を安堵された。信長は元親の嫡男弥三郎の烏帽子親になって信の字の偏諱を与えるなど[36]友誼を厚くし[注釈 12]、「四国の儀は元親手柄次第に切取候へ」[35]と書かれた朱印状を出していた。信長も当時は阿波・讃岐・河内に勢力を張る三好一党や伊予の河野氏と結ぶ毛利氏と対峙しており、敵の背後を脅かす目的で長宗我部氏の伸長を促したのである[37]。その際に取次役となったのが明智光秀であり、明智家重臣の斎藤利三の兄頼辰は、奉公衆石谷光政(空然)の婿養子で、光政のもう1人の娘が元親の正室(信親生母)であるという関係性[注釈 13]にあった。, ところが、その後三好勢は凋落し、信長の脅威ではなくなった。天正3年(1575年)、河内高屋城で籠城していた三好康長(笑岩)は、投降するとすぐに松井友閑を介して名器「三日月」を献上して信長に大変喜ばれ、一転して家臣として厚遇されるようになる。同じ頃に土佐を統一した長宗我部氏は、天正8年6月には砂糖三千斤を献じるなど信長に誼を通じる意思を示していた[40]一方で、阿波・讃岐にまで大きく勢力を伸ばして、笑岩の子康俊を降誘し、甥十河存保を攻撃していて、信長の陪臣が攻められる状態ともなっていた。笑岩は羽柴秀吉[注釈 14]に接近して、その姉の子三好信吉を養嗣子に貰い受けて連携しており、笑岩は本領である阿波美馬・三好の2郡を奪われると、天正9年、信長に旧領回復を訴えて織田家の方針が撤回されるように働きかけた[41]。信長は三好勢と長宗我部氏の調停と称して、元親に阿波の占領地半分を返還するように通告したが、元親はこれを不服とした。天正10年正月、信長は光秀を介して長宗我部は土佐1国と南阿波2郡以外は返上せよという内容の新たな朱印状[41]を出して従うように命じ、斎藤利三も石谷空然を通して説得を試みていた[42]が、いずれも不調で、ついには信長三男の神戸信孝を総大将とする四国征伐が行われることになった。信長の四国政策の変更は、取次役としての明智光秀の面目を潰した[36]。, 早くも前年秋の段階で阿波・淡路での軍事活動を開始していた節のある笑岩は[43]、2月9日に信長より四国出陣を命じられ[44]、5月には織田勢の先鋒に任命されて勝瑞城に入った。三好勢が一宮城・夷山城を落すと、岩倉城に拠る康俊は再び寝返って織田側に呼応した[42]。変の直前、三好勢は阿波半国の奪還に成功した状態で目前に迫った信孝の出陣を待っていた。元親は利三との5月21日付けの書状で、一宮城・夷山城・畑山城からの撤退を了承するも土佐国の入口にあたる海部城・大西城については確保したいという意向を示し[45]、阿波・讃岐から全面撤退せよと態度を硬化させた信長との間で瀬戸際外交が続けられていた[42]。, 全国平定の戦略が各地で着実に実を結びつつあった[46]この時期に、織田家の重臣に率いられた軍団は西国・四国・北陸・関東に出払っており、畿内に残って遊撃軍のような役割を果たしていた明智光秀の立場は、特殊なものとなっていたと現代の史家は考えている。, 近畿地方の一円に政治的・軍事的基盤を持っていた光秀は、近江・丹波・山城に直属の家臣を抱え、さらに与力大名(組下大名)として、丹後宮津城の長岡藤孝・忠興親子、大和郡山城の筒井順慶、摂津有岡城の池田恒興、茨木城の中川清秀、高槻城の高山右近を従えていた[47]。, 高柳光寿は著書『明智光秀』の中で「光秀は師団長格になり、近畿軍の司令官、近畿の管領になったのである。近畿管領などという言葉はないが、上野厩橋へ入った滝川一益を関東管領というのを認めれば、この光秀を近畿管領といっても少しも差支えないであろう」[48]と述べて、初めてそれを「近畿管領」と表現した。桑田忠親も(同時期の光秀を)「近畿管領とも称すべき地位に就くことになった」[48]として同意している。津本陽は光秀の立場を「織田軍団の近畿軍管区司令官兼近衛師団長であり、CIA長官を兼務していた」[49]と書いている。光秀は、領国である北近江・丹波、さらには与力として丹後、若狭、大和、摂津衆を従えて出陣するだけでなく、甲州征伐では信長の身辺警護を行い、すでに京都奉行の地位からは離れていたとしても公家を介して依然として朝廷とも交流を持っており、(諜報機関を兼ねる)京都所司代の村井春長軒(貞勝)と共に都の行政に関わり[50]、二条御新造の建築でも奉行をするなど、多岐に渡る仕事をこなしていた。, 天正9年の馬揃えで光秀が総括責任者を務めた[51]のはこうした職務から必然であり、(この時、羽柴秀吉は不在であったが)織田軍団の中で信長に次ぐ「ナンバーツーのポスト」に就いたという自負も目覚めていたと、野望説論者の永井路子は考えている[52]。しかも、特定の管轄を持たなかった重臣、滝川一益と丹羽長秀が、相次いで関東に派遣されたり、四国征伐の準備や家康の接待に忙殺されている状況においては、機動的に活動が可能だったのは「近畿管領」たる光秀ただ1人であった。後述するように動機については諸説あって判然とはしないが、僅かな供廻りで京に滞在する信長と信忠を襲う手段と機会が、光秀だけにあったのである。, 本能寺の変が起こる直前までの織田家諸将および徳川家康の動向を以下にまとめる。



ホームセンター テント おすすめ 5, レース編み バッグ 作り方 18, Fb 知り合いかも 何度も 4, 若月 オリックス 嫁 13, オンライン 楽器 セッション 16, っポイ あらすじ ネタバレ 10, Itパスポート 基本情報 応用情報 5, 相棒 黒川 智 花 5, ポインター 犬 ブリーダー 13, Bss 株式会社 大阪 5, ポケモンgo 千葉 ポケストップ密集 33, Nissy 髪型 2020 6, 御所浦 荒 口 6, 英語 質問 箇条書き 4, ボッタス ラーメン なぜ 14, 胸キュン 漫画 短編 12, ヤマダ電機 フィギュアーツ 予約 5, ボッタス ラーメン なぜ 14, ラビリンス 効果 原理 4, 永遠という名の花 小説 感想 6, インスタストーリー 返信 写真 4, Ff14 キャラクリ データ 10, にこるん バトシン 結婚 4, Hg 百式 塗装 14, 彼女 強がり 泣く 6, ロバートデニーロ 息子 自閉症 原因 4, 下津井 の 今日の釣果 7, 白い影 中居 動画 15, グランドセイコー スプリングドライブ 評価 6, レ ミゼラブル Openload 4, オロナミンc Cm スマイル 13, 白河上皇 院政 いつ 4, オフェリア 麗 予言 40, 若林正恭 母 名前 6, ツーリスト 3話 動画 5, 車 修理 バンパー 8, 岡田 准 一 末っ子 小説 23, カトリック ベール 販売 12, え 本当ですか 韓国語 19, ディズニーオンライン 繋がらない ツイッター 25, 妃 海風 トップ娘役 9, ディケイド カード 画像 4, ジャズセッション 初心者 東京 17, 二ノ国 白き聖灰の女王 ラスボス 6, ダウンタウン 仲良し シーン 5, 幕下 陥落 待遇 15, 韓国 送金 安い 8, Pubg スピーカー のプロパティ 28, 棚 落下防止 ワイヤー Diy 13, ネイマール ブルーナ 出会い 4, アーロン トヴェイト 彼女 5, 法政大学 転籍 過去問 7, 仮面ライダーウィザード 動画 フリドラ 5, マイクラ プログラミング Java 4, 最近 アナウンサー 噛みすぎ 12, うめき声 英語 擬音 9, 目黒蓮 ファンレター 返事 26, クワガタ 仰向け 動かない 20, 窓際 コバエ 死んでる 12, 新宿 Loveオブジェ 行き方 6, なんj グロ 成績 6, 偶然が重なる 男性 心理 10, アサヒスーパードライ 対義語 なんj 14, ナルシスト キャラ セリフ 30, 筋トレ オレンジ 飲み物 12, ブラジル 名前 順序 6, 大阪 限定 エコバッグ 6, スマホ壁紙 白石麻衣 壁紙 6, ハンドメイド ワークショップ 大阪 6, ワンピース 主題歌 Youtube 7, 鳩 学名 読み方 5, ポケモン剣盾 思い出 一覧 55, 阿部華 也 子 壁紙あべかやこ画像 25 日 43, ハイキュー 研磨 熱 4, みんなのミュシャ展 Cm 曲 9, 石川テレビ アナウンサー 歴代 11, グラブル トール 召喚ターン 5, Bs日テレ ヤマダ電機 トイレ リフォーム 30, ドラクエ6 アルティメットヒッツ 違い 4, Ark 洞窟 狩人 7, パジェロ Jトップ パーツ 5, テレビ 子供 悪影響 グラフ 4, ガバメント マガジン キャッチ 緩い 7, 囲碁 プロ 年収 平均 5, アンビリバボー 挿入歌 2020 7, Adsr サングラス Satchmo 03 4,