※2 当初はゲーム版の声優藤原啓治氏が当時病気療養中だったための代役であったが、彼の死後正式な2代目を務めることとなった。, 山路和弘 - 劇団青年座|座員連名 声優は、アニメやラジオ、歌手、吹替、ナレーションなど幅広く活動している方々のこと。今回は男性声優にスポットを当て、人気男性声優ランキングをご紹介します。第7位〜第1位まで誰がランクインするのか、ぜひチェックしてみてくださいね。 5th☆LIVE Day2:Roselia -Ewigkeit-」ライブレポート, 『クレヨンしんちゃん』しんのすけ役・矢島晶子が降板発表 「声を保ち続ける事が難しく」, 「クレしん」"シロ"がシロの飼い主に!? 日本のいちばん長い日(2015年版) 当時でも珍しい子供時代に声優デビューを果たしている声優さんです。, 小学生のときに宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」のハク役で出演もされています。 声優をやっていたということを隠す俳優さんもいたくらいです。, しかし、時代の変化とともに、声優という職業が俳優と区別されるように広まり、声優志望者も多くなってきました。, 声優専用の事務所もどんどん増え、もともとTVに出ていた俳優さんの知名度での視聴率を稼ぐために俳優さんも起用され始めました。, アニメの間に放送されるCMはスポンサーのものですね。 目次俳優・女優・声優は大学に行きながら活動や勉強はできる?方法は?大学に行く選択肢を選ぶことができる環境なら大学に行きながら演技を学ぶのもあり演技を学べる大学に進学するか養成所に通って演技を学ぶかヒュ

これが声優の始まりです。, 日本で有名な劇団というと、今では「文学座」「俳優座」「青年座」「宝塚歌劇団」「劇団四季」が有名どころです。, しかし、日本の劇団の中で黒字になっている劇団は劇団四季だけだと言われています。 ほとんど休みなしで大手劇団の稽古があるような生活では、声優の仕事をするのはほぼ無理ということです。, 声優として生活ができるようになっている状態なら、舞台俳優としても活躍できる可能性があります。, ただし、劇団はそれぞれのルールや入団条件などもあるので、受け入れができる劇団である必要があります。, また、劇団では伝統を重んじる人も多く、どうしても「声優」は「俳優の卵」という概念で見られてしまう部分もありますので、大手劇団は受け入れてくれない可能性が高いです。, 声優と舞台俳優を両立させたいのであれば、まず声優としての成功を掴むようにしましょう。, 舞台俳優になるのが難しいとは言え、実際にできている人もいますので、可能性はゼロではありません。, しかし、「二兎を追う者は一兎をも得ず」なので、どっちつかずでやっても、どちらも失敗する可能性が高いです。, まずは、生活の基盤となる声優という地位を確立し、いろいろな劇団の客演(ゲスト出演のようなもの)に呼ばれるようになれば、少しずつかもしれませんが、舞台俳優として活躍できるでしょう。, 実際、声優としての演技の仕方と舞台俳優としての演技は全く違います。 また、身振り手振りで表現することもできないので、「声だけの表現」を幅広くしておく必要があります。, 体全体を相手に向ける、最低でも顔を向けないと「相手を見る」という動作だと観客は認識できないのです。, よく声優の勉強を始めたいけど、養成所に入るまでの時間で演技を少しでも学びたいと舞台に参加する人がいます。, 確かに演技の根本は同じなのですが、前述したように声優と舞台の演技はまるで違います。, その違いがわからないまま、ずっと舞台を続けていると、声優の演技をしなければならないのに舞台の演技しかできないという状態になってしまいます。, 声優の演技と舞台の演技は、特に技術面で異なるので、その使い分けができないと声優として成功することは難しいでしょう。, 私は声優になる前に地元福岡の大学で舞台経験があり、声優の勉強を始めてから、劇団にも入り、将来的には両立したいと意気込んでいました。, ところが、声優の養成所でのダメ出し内容が「舞台演技」だと言われるようになりました。, 声優と舞台の演技の違いを理解できず、舞台を長く続けたため、セリフのかけ方、距離感、技術面で声優から遠ざかっていたことにその時は気が付いていませんでした。, 事務所に所属する直前に、劇団は辞めてしまったのですが、事務所に入ってからも舞台の演技と声優の演技の違いが判らず、大きな壁となってしまいました。, アンパンマンの声で有名な戸田恵子さんですが、実は声優デビューが最初ではありません。 最初にも説明しましたが日本の劇団で黒字なのは「劇団四季」のみだと言われています。, TVに出たり、声優の仕事をしたり、CMに出たりとメディアに出る人がほとんどです。 あさま山荘事件 これは声優でも舞台でも根本は同じです。, 演技をすることのロジックは同じなので、基礎的な部分を勉強するだけなら声優でも舞台でも同じです。, 声優と舞台の演技の違いがきちんと分かっていて、使い分けができるのなら全く問題ありません。, 声優の演技をするときには声優の演技の仕方を、舞台の演技をするときには舞台の演技の仕方をすればいいだけなのです。, 使い分けができるようになると、どちらの場合もメリットもデメリットもあることに気づき、決められたルールの中で最大限表現するにはどうすればいいのか考えることができるようになります。, プロの声優が教えてくれるので、間違ったことは教えません。

俳優の収入だけで生計をたてられるようになるまで、俳優活動と生活の両立は俳優を目指す人にとって、いつも頭を悩ませる問題です。俳優を目指す人にはどんなアルバイトが向いているのか?急なオーディションや撮影、または舞台活動がやりやすいアルバイトをまとめました。 突入せよ! 学校法人青叡舎学院 勇志国際高等学校(校長 野田将晴)は、インターネット環境があればいつでもどこでも学習でき、少ない登校日数で高校卒業を目指すことができる通信制高校です。この通信制高校ならではのシステムを活用し、勇志国際高等学校には、スポーツにおいて世界レベルで活躍する高校生を応援する「トップアスリートコース」があり、SUPやスノーボード、テニス、バレエなど、海外で活躍する選手も多く在籍しています。今回それに加えて、芸能界や芸術の分野で活躍する人や目指している人に向けて、新たに令和2年7月1日より「芸能コース」を設立することを発表しました。, 勇志国際高等学校は、学習や職員とのコミュニケーションをすべてオンラインで行える通信制高校です。高校卒業のためには、毎月のレポート提出とスクーリングへの参加が必須です。, 毎月のレポートは15枚程度。学力に不安のある人でも、レポートの映像解説授業があるので、いつでもどこでも、繰り返し視聴しながら取り組み、提出できます。作成、提出、採点の確認をすべてネット上でできるのも、勇志国際高等学校の特長です。, 1枚のレポートは基本的に1時間で作成できるので、月に約15時間の学習時間で、進級・卒業のためのレポートを作成、提出することができます。, もうひとつ必須であるスクーリングは年1回、4泊5日で完了するので、1年間のほとんどの時間を夢や目標のために使うことができます。, 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218206&id=bodyimage1】, 勇志国際高校には、スポーツ、芸能分野で活躍する生徒も多く在籍しています。たとえば、クラシックバレエでいえば、在学中にローザンヌで入賞した生徒や、卒業後も海外のバレエ団で活躍している生徒など、海外で活躍する生徒も多いです。勇志国際高校では、学習をはじめ、職員・生徒同士のコミュニケーションもすべてオンラインで行えるため、海外留学中でも時間や場所を気にすることなく高校生活が送れます。スクーリングは年に1回(4泊5日)なので、帰国に合わせて参加できるのも、無理なく高校卒業を目指せるポイントです。, また、経済的な面からも両立をサポートするため、これまでの実績や将来の有望性に応じて学費の減免制度を取り入れています。, 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218206&id=bodyimage2】, 「芸能コース」は、現在芸能・芸術分野で活躍している生徒だけでなく、俳優・声優を目指す生徒向けに、「映画・演劇・声優コース」も準備しています。(福岡学習センターと千葉学習センター), このクラスは、現場で活躍するプロの講師陣から丁寧な指導を受けることができます。基礎から学び、実技、実践の経験を重ねる中で、ひとりひとりの可能性を引き出します。, 声優を目指す人、俳優を目指す人、それぞれの目的に合ったカリキュラムを用意し、経験豊富な講師陣が、身体の使い方、呼吸方法、発声トレーニングといった基礎から、台本の読み方などの座学、そして実践に至るまで指導します。育成クラスでは1年間を3期に分け、各期の終わりに開催する「期末発表会」を目標にトレーニングを積み重ねます。講師陣は、普段から劇団やプロダクションのワークショップを行っています。学外での活動を見学、参加する中で、関係者の目に留まるチャンスもあります。, 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218206&id=bodyimage3】, 進路指導も徹底しており、芸能プロダクションへの紹介、各種オーディションの紹介、声優スクールの紹介はもちろん、在学中にできた別の目標や夢についても、親身になってサポートします。, 7月11日(土)に福岡学習センターにて体験会を開催します。現在、通信制高校への転学をご検討中の方、「芸能コース」に興味のある方、どなたでもお気軽にご参加いただけます。勇志国際高校の雰囲気を感じてみませんか。担当講師や在校生とも直接話したり質問したりできます。(完全予約制), 勇志国際高等学校ホームページ http://www.yushi-kokusai.jp, ©2020 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL, 本コーナーに掲載しているプレスリリースは、「ドリームニュース」から提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。zakzakが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。本コーナーに掲載しているプレスリリースに関するお問い合わせは、, 芸能コースで夢と高校生活を両立しよう! ~俳優・声優・芸術分野で活躍する高校生を応援~, https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218206&id=bodyimage1, https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218206&id=bodyimage2, https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000218206&id=bodyimage3. 視聴率が低いアニメが打ち切りになってしまうことも珍しくありません。, 知名度が高い人を出して、ファンに見てもらうという方法が視聴率を上げる有効な方法なので、俳優さんや芸人さんも起用することが多くなってきました。, 筆者も舞台俳優としてやっていきたいと思っていた時期もありましたので、よくわかります。 声優としての戸田恵子さんも魅力的ですが、舞台での戸田恵子さんも1度は見ても損はありません。, 名探偵コナンの元太くんの声を務めている高木渉さんは、大河ドラマに出演した際に、ニュースにもなりました。, 実は筆者が通った勝田声優学院、また所属していた「あかぺら倶楽部」という劇団の先輩でもあります。 昔は俳優というと、舞台俳優のことを言うものでした。, 俳優になるには、文学座や俳優座などの有名劇団で演技を習得しなければなりませんでした。, 舞台だけでは生活できないため、ギャラがもらえるTVに出るようになり、TV俳優となったのがメディアへの進出の始まりです。, さらに、TVドラマだけではなく、練習の一環としてアニメの声や人形劇などの声をあてることも仕事になりました。 芸能コースで夢と高校生活を両立しよう! ~俳優・声優・芸術分野で活躍する高校生を応援~ - zakzak:夕刊フジ公式サイト 結城彰三@ソードアート・オンライン 主に舞台俳優として活躍し、映画やドラマでは端役を務める。声優としては数多くの洋画の吹き替えを担当しているが、近年ではアニメの出演も多くなっている。 舞台に出る直前まで、ああでもないこうでもないと試行錯誤を重ね、相手が後輩であっても、アドバイスを求める方です。, そういう演技へのひたむきな想いが、大河ドラマに出演するほどになったのでしょう。 俳優オーディションでは実技審査や面接などが行われますが、そこで必ず行われるのが自己PRです。演技審査も大事ですが、自己PRも大きなポイントになるのは間違いありません。, プロフィールの個人情報はありのまま記載すればいいですが、自己PRはしっかりと考えて審査員の目を引くものにしましょう。書類で審査員に「どんな人か見てみたい」と思わせられるかがポイントです。, また、自分の魅力をたくさん伝えたい気持ちを抑えて、簡潔かつわかりやすく書くことを心がけましょう。, オーディションでは一番得意なことではなく、あくまで審査員の目を引くには意外性のあるもの、特異なものをアピールしましょう。, 例えば何かスポーツをしているなら、野球やフットサルではなくボルダリングなどのように他の人がやっていないような趣味がいいでしょう。, 書類に特技などを記載したなら、面接ではそれを見せてほしいと言われることが多いです。むしろ、面接で審査員の目を引くためにも、あえて面接で「ちょっとやってみて」と思われるものを記載したほうがいいでしょう。, 俳優オーディションでは、ドラマや映画の役柄に合った人材を求めています。審査員が求める人物像と自己PRが合致すれば、採用される可能性があります。, 例えば『体育会系で元気すぎる男』というイメージの俳優を探しているなら、自己PRには“学生時代は野球をやっていて、今でもトレーニングしています”と記載すれば、求めている人材に近いと思ってくれるでしょう。, 面接は最終審査のようなものです。書類に記載した自己PRをさらにアピールし、オーディションに通る絶好のチャンスです。, 自分の特技や趣味をアピールする際、基本的に結論は先に述べ、根拠はその後に、さらに根拠を詳しく述べていくのがポイントです。, 例えば「私は声の大きさには自信があります」と結論を先に述べると、審査員は「ほぅ。それはなぜ?」と興味が湧いてきます。そこで、「なぜなら学生時代応援団に所属していたからです」と根拠を述べれば「なるほど」となります。, 逆に「私は学生時代、応援団に所属していました。そのため声の大きさには自信があります」と言うと、審査員は「そうですか」と応援団のほうが強調されかねません。, そしてその後「入団当初は声が小さかったのですが、毎日欠かさず腹筋と走り込みをして山に向かって大声を出していたら、ここまで大きくなってしまいました」などエピソードを加えれば、審査員の印象に残ることでしょう。, 自己PRの時間は30秒や1分、2分と決められている時もあれば、特に時間制限がない場合もあります。時間が足らないと十分なアピールができない場合もありますし、逆に短時間で終わってしまうと、審査員に物足りなさを感じさせてしまいます。, どのような持ち時間になっても対応できるように、時間に合わせてバリエーションを考えて練習しましょう。, 自己PRは自己満足すればいい、単純に特技を披露する舞台でもありません。あくまで俳優オーディションですから、その特技や趣味が俳優としてどのように生かせるのかを考えて、その旨を自己PRしましょう。, いざオーディション会場に行くと、緊張してなかなか思うことが伝えられないケースも少なくありません。緊張は誰でもするものですが、それを和らげるのは練習、シミュレーションしかありません。, 面接を想定して何度もシミュレーションしておけば、ある程度自信をもって臨めるようになります。, 俳優オーディションでは演技力が大きな審査のポイントになるのは間違いありません。ただ、だからと言って演技の練習だけすればいいわけではないでしょう。オーディションの面接のポイントを押さえて練習が必要です。, 実技もそうですが、面接の練習も独学ではなかなか難しいでしょう。そういう方はやはり専門学校などに通うといいかもしれません。プロの実技指導を受けられるのはもちろん、面接のポイントもわかってきます。またそういった事前の準備ができていれば、自信をもって堂々と面接を受けられるはずです。それも審査員の目を引くポイントになるでしょう。, 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-24-11 [アクセス] JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線「高田馬場」駅より徒歩1分 東京メトロ副都心線「西早稲田」駅より徒歩6分 [ダンス&芸能 専門学院 お問い合わせ]:0120-738-812 [会員制ダンススタジオ お問い合わせ]:03-6233-9133, 7/23(木)・7/24(金)・8/29(土)☆スペシャル体験レッスン&学校説明会. 声優(せいゆう)とは、映像作品や音声作品に、自身の姿を見せずに声だけで出演する俳優 。 広義にはナレーターも含まれる。. 声優(せいゆう)とは、映像作品や音声作品に、自身の姿を見せずに声だけで出演する俳優[1]。広義にはナレーターも含まれる。, 英語では一般的に男性を voice actor、女性を voice actress といい、日本語でもボイスアクターという場合がある。, 声のみで演技する実演家であり、日本の声優の多くは日本俳優連合に加盟しているが、俳優とは異なり声に特化した役者と見なされている[2]。またニュースで原稿を読み上げるキャスターやアナウンサーなど放送・報道分野の業務に携わる者とも区別される。, アニメーション作品ではしばしばキャラクターボイス (character voice)、略してCVという和製英語が使われる。これは1980年代後半にアニメ雑誌『アニメック』で副編集長だった井上伸一郎が提唱した用語で、その後、井上が角川書店で創刊した『月刊ニュータイプ』でも用いられている[3]。また、昭和時代の作品では、おもにエンディングのクレジットでは「声の出演」と表記されることが多かったが、平成から令和にかけての現在では「キャスト」ないし「CAST」「CV」(キャラクターボイス)と表記されることが多い。, 日本では歴史的な経緯から声優を専業とするケースが多い。海外では、俳優の仕事の一部という側面が大きいが、アメリカでも声優専業の役者が増え、演技学校で声優コースを設けているところもある[4]。, 2000年代からは歌手としての活動、写真集を出すなどタレント的な活動も増えている。, 1925年3月、NHKの前身である社団法人東京放送局がラジオ放送を開始。そのわずか1か月後に『映画劇せりふ』の番組内でサイレント映画『大地は微笑む』のセリフ劇が放送された。このときの声の出演は新派劇俳優の井上正夫、女優の栗島すみ子などであった。専門職としてではないが、実質的に彼らが「日本で最初の声優」である[5][注 1]。同年7月には舞台中継をスタジオで再現した『桐一葉』(出演:中村歌右衛門 (5代目)など)、さらに日本初の本格的なラジオドラマとして『大尉の娘』(出演:井上正夫、水谷八重子)が放送される。同年9月、東京放送局は声だけで演技を行う専門の俳優としてラジオドラマ研究生を公募。100名あまりの応募者のうち12名の女性が選ばれ、11月にラジオドラマ『太っちょう』に声をあてる。声優の歴史に関する多くの資料では彼女たちが「日本の声優第1号」とみなされている。この当時は新聞では「ラヂオ役者」と呼称していた[注 2]。初期のラジオドラマには汐見洋や東山千栄子ら築地小劇場の俳優が多く出演していた[6]。また、このころ(おもに1930年代)活躍していた者として舞台女優の飯島綾子が挙げられる[注 3]。彼女はラジオドラマのほかに日本舞踊家や歌手(流行歌・歌謡曲・童謡オペレッタ)としても多彩な活動をしていた。, 1941年、NHKはラジオドラマ専門の俳優を養成する東京中央放送局専属劇団俳優養成所の研究生を公募。1943年に養成を終えた東京放送劇団の第1期生がデビューを果たした[8]。これが声優第2号とみなされ[9][注 4]、「声優」という言葉はこのころから使われたとする資料もある[11]が、実際はより古く、『読売新聞』では1926年から使用されている[12]。声優という呼称は、読売新聞の芸能記者だった小林徳三郎によるものという説と、NHKの演芸番組担当プロデューサー大岡龍男が命名したという説がある[13][要検証 – ノート]。声優は当初、ラジオドラマを専門に行う東京放送劇団員やその他の放送局の劇団員を指し、テレビ時代になって吹き替えとアニメを行う役者を指す用語として定着していった。, 1951年に民間ラジオ局のラジオ東京(現・TBSラジオ)が開局、専属の放送劇団(ラジオ東京放送劇団、のちのTBS放送劇団)を設立して1957年に放送した連続ラジオドラマ『赤胴鈴之助』は当時の子供たちから絶大な支持を得た。テレビ放送がなく、ラジオがマスメディアで主要な地位を占めていたラジオドラマ時代の声優は決して日陰の存在ではなく、二枚目の主役の声を多く演じた名古屋章には月に何十通ものファンレターが届いたという[14]。ラジオドラマは全盛期を迎え、声優の紹介記事が新聞のラジオ欄に掲載されるようになると、声優へのファンレターと同時に声優に憧れ、声優志願者も急増した。1953年のNHK東京放送劇団の第5期生募集には合格者が10名程度のところへ6,000名の応募が殺到したという。この時代を声優の勝田久は第1期声優黄金時代としている[15]。, アニメでは、1933年には日本初のトーキーの短編アニメーション映画『力と女の世の中』が公開。アニメキャラクターに声をあてたのは、喜劇役者の古川ロッパをはじめとする映画俳優達だった。1942年には中国の長編アニメーション映画『西遊記・鉄扇姫の巻(鉄扇公主)』が日本で公開され、活動弁士出身の徳川夢声、山野一郎などが声をあてた。第二次世界大戦後に発足した東映動画により日本でもコンスタントにアニメ映画が製作されるようになると、映画俳優、コメディアン、放送劇団員が使われた。また、洋画の吹き替えはテレビ時代になってから本格的に行われるようになった[注 5]。, 民放テレビの草創期には、1961年の五社協定でテレビ局への日本映画の供給停止が決まったことなどによるソフト不足から、海外ドラマや洋画などのいわゆる外画の日本語吹き替え版が数多く放送された[17][18][19]。当初、NHKは基本的に字幕スーパーで日本国外の作品を放送していたため、日本語吹き替え版は民放が中心となっていた。以後、日本国外の作品は1960年代前半をピークとして放送された。これらを背景として声優人気が高まっていったという。ブームの中心人物はアラン・ドロンを持ち役とした野沢那智で[20]、追っかけまでいたという[21]。, テレビや映画の俳優は五社協定とギャラの問題で吹き替えをしなかったため、テレビでの吹き替えは、ラジオ時代からの放送劇団出身者や新劇の舞台役者が多く行った[22]。放送劇団出身の若山弦蔵は当時の吹き替えに参入してきた新劇俳優について、「大部分の連中にとっては片手間の仕事でしかなかった」「日本語として不自然な台詞でも疑問も持たず、台本どおりにしか喋らない連中が多くて、僕はそれがすごく腹立たしかった」と語っている[23]。また、この時期には役者論、演技論としてのアテレコ論争が展開されている。海外アニメにおいては、落語家や浅草出身のコメディアンなどもキャラクターの声をあてたという例がある。, 労働環境や待遇は恵まれていなかったことから権利向上のために結束しようという動きがあり、久松保夫は清水昭の太平洋テレビジョンに参加するが同社で労働争議が発生。これを受けて東京俳優生活協同組合(俳協)が誕生したが、前述の若山弦蔵のように所属せず独立した者もいた[24]。のちに俳協から分かれて多くの声優プロダクションが結成された。この時代にはまだ声優という言葉は一般には認知されておらず[25]、別称として、吹き替えを主にしたことから吹き替えタレント、声をあてることからアテ師[26][27]というものがあった。, テレビの日本語吹き替え作品第1号はTBSの前身であるKRTテレビが1955年10月9日より放送開始したアメリカのアニメ『スーパーマン』であると言われる。実写では1956年にTBSの前身であるKRTテレビで放送された『カウボーイGメン』と記録されている。これらKRTテレビでの放送はいずれも生放送による吹き替えで、あらかじめ録音したアフレコによる作品第1号は、アニメでは1956年4月8日に日本テレビが、番町スタジオの安井治兵衛に依頼して放送した海外アニメ『テレビ坊やの冒険』である。, 1966年に『土曜洋画劇場』(現・『日曜洋画劇場』)の放送が始まり、この番組によってスターの声を特定の声優に固定する持ち役制(フィックス制度)が始まった[28]。, 1970年代後半の劇場版『宇宙戦艦ヤマト』のヒットによるアニメブームと並行して起こったブーム。そのブームに押される形で声優業と並行した音楽活動も盛んになり、神谷明、古谷徹、古川登志夫などのアニメの美男子キャラクターを持ち役とする人気声優によるバンド「スラップスティック」を結成してライブ活動を行ったほか[29]、多くの声優がレコードを出すなどした。当時万単位のレコードを売り上げる声優として、潘恵子、戸田恵子、神谷明、水島裕、スラップスティックの名が挙げられている[30]。また自身のアルバムを4枚出した潘恵子は元祖アイドルと呼ばれた[31]。1979年に放送開始した『アニメトピア』などアニメ声優がパーソナリティを務めるラジオ番組なども誕生。ラジオドラマでは声優人気を背景にした『夜のドラマハウス』があり、アマチュア声優コンテストも開催されていた[32]。, この時代はアニメ雑誌が創刊され始めた時代であり、『アニメージュ』の創刊編集長である尾形英夫は、声優のアイドル化を編集方針のひとつとして打ち出した[33]。『アニメージュ』以外のアニメ誌も同様に誌面に声優コーナーを設けて、定期的に声優の情報を発信した。人材の供給・育成面では、声優専門プロダクションが分裂することによって次第に数が増え始め、各プロダクションにより声優養成所が設けられた。これらにより、放送劇団出身者や舞台役者などの俳優活動の一環や余技としての声優業ではなく、最初からアニメ声優を目指した声優が登場し始めた。このブームはおおむね1980年代前半ごろまでとされている。, 1980年代末のテレビアニメ『鎧伝サムライトルーパー』に出演した5人の男性声優で1989年に結成したユニット「NG5」が人気を集め、ニュース番組で取り上げられるほどであった。声優がマルチ活動をするようになった先駆け的グループであるとも言われている[34]。一方で、林原めぐみなどの女性声優がレコード会社と契約を行って歌手活動をするケースが増えてくる[35]。, 一方、1990年代になって、吹き替え作品が、地上波放送のほかにも、DVDなどのパッケージやCS放送などさまざまな形態で発信されるようになると、同じ作品でも複数の吹き替えが作られるケースが増加した。このため、従来の持ち役制度はほぼなくなったとする指摘もある[36]が、森川智之のトム・クルーズのように同一の声優が同じ役者を吹き替え続ける慣習は残っている[37]。, 用語として、おおむね1990年代半ばから後半にかけて、頻繁に用いられていたが、明確な定義は存在していない。第1次、第2次という使い方も、この用語から逆算的に使用されたもので、こちらも明確な定義は存在していない。この時期の特徴として、「声優のマルチ活動化や歌手活動への進出によるアイドル化」「声優の音声入りのテレビゲームやパソコンゲームの登場による仕事の増加」「声優がパーソナリティを務めるラジオ番組の普及」などが挙げられる。このことから、声の演技力のほかにも、特にアニメ・ゲームで活躍するには容姿のよさや歌唱力などといったようなことも声優に求められるようになったとされる。, 1994年に初めて声優専門誌『声優グランプリ』『ボイスアニメージュ』が相次いで創刊された[38]。1995年に初の声優専門のテレビ番組『声・遊倶楽部』が放送された。, 清水香里や坂本真綾など、当時中学生でテレビアニメの主人公に抜擢されるケースもあり、アイドル的な注目を受けた[39][40]。1997年には椎名へきるが声優として初めて日本武道館で単独コンサートを開催した。, 2000年代後半ごろから、一部のマスコミで「第4次声優ブーム」という表現が用いられるようになった(ただし、明確な定義はない)[41][42]。このころから、子どもの「なりたい職業ランキング」の上位に「声優」がランクインするようになった[41]。, 2000年代後半以後、深夜アニメの本数が急速に増加[注 6]。これにより、いわゆる「アニメバブル」という状況が生まれた。新人声優デビューは増加傾向になり、平野綾、水瀬いのり[43]、林鼓子[44]、楠木ともり[45][46]など当時10代でテレビアニメの主演を務めるケースも、以前よりみられるようになった[注 7]。, 1990年代より活動していた水樹奈々、田村ゆかりや、舞台俳優から転向した宮野真守などの「声優アーティスト」としての成功や、2005年から開催されているAnimelo Summer Liveなどのアニメソング系の合同フェス的なライブ[注 8]の普及などにより、声優と歌手活動を両立させる声優がますます増加するようになった。特に水樹は、ドームツアーやNHK紅白歌合戦への出場など、声優として初の音楽活動を行っていることが多い。また、2010年代半ば以後はこの傾向が年々顕著になり、歌手としての日本武道館での単独公演を実現させる声優がほぼ毎年のように現れるようになっている(一例として、内田彩[47]、東山奈央[48]、内田真礼[49]など。特に東山は、自身初めての単独公演が日本武道館での開催であった)。, 『ラブライブ!』や『アイドルマスター』『けいおん!』『BanG Dream!』『あんさんぶるスターズ!』など、ゲームやアニメ番組から派生した企画による声優ユニットが男女を問わず人気を博すことも多くなっており、特に『ラブライブ!』のμ'sは、東京ドーム公演やNHK紅白歌合戦への出場するなど人気を獲得した。このため、現在の声優は、演技だけではなく、ルックスや歌唱力にダンススキルも求められるようになってきている。その一方で、仲谷明香(元AKB48)や前島亜美(元SUPER☆GiRLS)など、アイドルから声優に転身するケースも増えているとされている[50]。, アニメ、オリジナルビデオアニメ(OVA)、ラジオドラマ、ドラマCD、ゲーム、テレビ、映画、洋画や海外ドラマの日本語吹き替え、ボイスドラマ、ナレーション、アナウンス、番組内の語り手、朗読などがある。, 仕事の取り方はオーディションによる選考か指名、出資によるキャスティング権の確保であるが、仕事の種類ごとに異なる。, 画面を見ながら台詞を吹き込むアフレコと、事前に台詞を収録し、それに合わせて後から動画を制作するプレスコの2種類の方法がある。日本ではアフレコが主流である。近年のアニメ制作のデジタル化により、アフレコ後に絵を修正するケースも多い。なお、声をあてることからアテレコとも言う。収録はスタジオに声優を集めて一度に行うのが主流だが、芸人や歌手などの非声優を起用する場合は、個別に別録りすることが多い。, 役は原作者や制作サイドからイメージに適合した声(声質)や演技力を持つ人物が指名されることもあるが、選考オーディションを受けて得るというシステムが主流である[51]。, 通常は制作会社などから声優の事務所庶務にオーディションのお知らせが通達され、事務所は役柄に合うと判断した所属声優を数人選び、その選ばれた者だけがオーディションを受けられるというのが通例である。そのため大人数の声優を抱える大手事務所では、まず事務所内での競争を勝ち抜かないとオーディションを受ける機会すらない[52]。そして、たとえオーディションを受けられたとしても、60本に1本受かればいいというほどの競争率と言われる[53]。, 古川登志夫は『ポプテピピック』に出演した際、「大御所なんだから仕事選べ」という一部視聴者の声が出たことに対して「冗談ではない。アニメのキャラ声は本職だ。第一仕事を選べるほど偉い立場にない」「一本の仕事を取るのにマネージャーさんが何度頭を下げるかご存知か!」と反論している[54][55]。, 公募形式とする例もあり、2018年放送のからくりサーカスでは主役の1人をプロアマ不問の公募オーディションにより決定すると発表したが、応募総数は2,500人超だったという[56](新人の植田千尋が選ばれた)。2005年のSPEED GRAPHERではヒロイン役を公募オーディションとしたが、第1次・第2次審査で絞り込んでからウェブの一般投票も加味される形式で行われた(新人の真堂圭が選ばれた)。また2013年、テレビアニメ『ふたりはミルキィホームズ』の主人公役を公募オーディションが行われた(新人の伊藤彩沙が選ばれた)。, 昨今はアニメに対する出資会社によって出演枠を確保する方法がとられることもあり、必ずしもオーディションによる出演ではないことも多い。, 海外ドラマ・外国映画などの登場人物の声を俳優に代わって演じる。アニメ同様、ランク制の対象となる。, フィックス制度により役が固定されていることもあるが、放送版とセル版では異なる声優となる例もある。, アニメとは異なりオーディションはほとんど行われず、プロデューサーやディレクターなどが声優を指名して決めることがほとんどとされる[51][57]。ただし、ディズニー作品、スティーヴン・スピルバーグ作品、ジョージ・ルーカス作品などでは指名ではなく、アニメ同様オーディションが行われるという[58]。, CD-ROMの普及し始めた1980年代末から増えた仕事である[59]。1990年代に、PlayStationなどの高性能なゲーム機が登場し、声優が起用されることが一般的になった。出演料については、当初は明確な基準がなかったが、1998年に日本俳優連合(日俳連)と社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の間で協議が持たれてからは、一般向けのゲームでは、アニメと同様にランク制が適用されるようになった。, ドラマCDの場合、売上を考慮して、すでに知名度のある声優を起用することが多い[60]。逆に新人やアマチュアをオーディションによって選ぶケースもある。, アニメ・ゲーム・ドラマCD・玩具などメディアミックスが行われる作品では、同一の声優が同じ役に固定されるが、さまざまな理由により変わることもある。, テレビ番組・テレビやラジオのCM・PRビデオなどの朗読、イベントのアナウンスやリングアナウンサー、番号案内の録音されたメッセージ、デパートやスーパーマーケットなどでの録音案内、駅や路線バスなどの公共交通機関のアナウンス(自動放送)など。, ランク制の対象外の仕事[注 9]で、ギャラはアニメ・日本語吹き替え・ゲームよりもはるかに高額とされ、特にテレビCMが高額とされている[61]。ただし基本的に単発かつ不定期の仕事であり、安定した収入にはなりにくい。, 日本語吹き替え同様、オーディションはほとんど行われず、指名で決まることがほとんどとされる[62][63]。, 前述のように、舞台俳優が声優を兼ねるケースは創成期から多い。劇団に所属しながら並行して活動するほか、関智一などのように劇団を主宰する者もいる。, 山田康雄、戸田恵子、山寺宏一など、映画やテレビドラマ、バラエティ番組などに出演している声優もいる。また、関俊彦、花江夏樹、豊口めぐみなど、子ども向け番組(教育番組を含む)に顔出し出演をしていたり、水樹奈々、内田真礼、竹達彩奈などのように、CMで顔出し出演をする声優もいる。, 特撮番組では、顔出し出演のほかにもスーツアクターが演じる怪人などの声を担当するという仕事もある。, 2010年代後半には、梶裕貴のようにニュース番組のコメンテーターとして出演する声優もいる。, 音楽CDを発売したり、コンサートを開催したりするなど、歌手として活動をおこなう。逆に、アイドル歌手が声優に転身することもある。, アニメ・ゲームにおいては、出演声優が、個人またはユニットとして、その作品の主題歌を歌うことがある。また、キャラクターが歌っているという設定にして、声優本人の名義ではなく、キャラクター名義でキャラクターソングをリリースすることがある。, 林原めぐみが声優として初めてキングレコードスターチャイルドレーベルと専属契約を結んだ1991年3月以後、声優がレコード会社との専属契約を結び、本格的に歌手活動をするケースが一般化している。, 数名の声優が音楽ユニットを結成して、歌手(音楽)活動をすることもあり、これは声優ユニットと称されることが多い。『アイドルマスター』や『ラブライブ!』などのように、ドーム球場でライブを行う人気作品もある[注 10]。, オリコンなどのヒットチャートにおいては、かつてアニメソングは児童向けの曲として別に集計されていた。また、アニメ専門店や家電量販店は集計の対象外だった。これらが修正された1990年代半ばごろから、声優の歌のCDがランキング上位になることが増えた[64]。, 1997年2月に椎名へきるが声優初となる日本武道館単独コンサートを開催したのを皮切りに、声優が武道館のような大きな会場で単独コンサートを開催するようになっていった。2011年12月には水樹奈々が声優初となる東京ドーム単独コンサートを開催した[注 11]。, アニメソングが一般層にも浸透するにつれ、声優が音楽テレビ番組に出演して歌を歌うことも増えている。1997年には椎名へきるが「ミュージックステーション」に、2009年には、水樹奈々がNHK紅白歌合戦(第60回NHK紅白歌合戦)に、それぞれ声優として初めて出演している[注 12][注 13]。, 水樹奈々や茅原実里、蒼井翔太のように、元来歌手を志望していた人物が声優となり、のちに歌手としてもデビューするということもある。, 声優によるラジオ番組のパーソナリティは、古くから存在するが、1990年代以降は文化放送やラジオ大阪、ラジオ関西がアニラジ専門の放送枠を設けるなど、番組数が急増した。2000年代以降は、地上波放送だけでなくインターネットラジオ番組も増えている。, アダルトゲーム(エロゲー)・アダルトアニメなどの年齢制限のある作品に声をあてる。この場合、声優名を非公表とするか、別の芸名を使うことがほとんどである[65][注 14]。石田彰や一条和矢、大野まりな、こおろぎさとみなど、一般作と同じ名義で出演する声優もいる。ダイナマイト亜美や静木亜美、長崎みなみなど、アダルト作品を専門としている声優もおり、ゲームのアニメ化に合わせて一般作での活動を行なうケースも多い。, ComicFestaアニメでは成人向けの描写をカットした一般向けと、すべての描写を入れた完全版の2種類を用意しており、それぞれ声優も異なっている。, 人形劇はキャラクターの演技とタイミングを合わせながらセリフを言うか、事前に収録した映像を見ながらアフレコする。NHKの人形劇はプレスコ形式が多い。また1人で複数役を兼任するスタイルが多く、連続人形活劇 新・三銃士では30人近い役を7名で演じており、人形劇 三国志ではメインキャラクターを演じる役者は5名以上の役を兼任している。, 着ぐるみショーでは生で声を合わせることもあるが、基本的には事前に声を収録してそれに合わせて着ぐるみの演者(スーツアクター)が演技を行う。, 長期シリーズを中心に、担当声優の引退や逝去、降板以外に、諸般の事情による交代も時折起こる。また同じく病気や産休、事故などによる療養や、海外留学などによる休業により「一時的に」別の声優が代役を担当するケースも多く見られる。, 男性と女性とでは声質が違うということもあり、アニメのアフレコや洋画の吹き替えなどで、女性声優が男性(特に変声前の少年・幼い男の子)の声を演じるというケースはよくあるが、蒼井翔太や村瀬歩のように男性声優が女性(特に少女・幼い女の子)の声を演じるというケースはきわめてまれである。, 子供の役に子役を起用するのは演技指導などで難しい面があり、台詞の多い主要キャラクターとしての例はばらかもんなど少数である。ハリウッド映画で子供が主人公の映画が流行した1980年代には、日本で吹き替え版でも少年役を子役に演じさせようとする時期が重なり、浪川大輔のように児童劇団に所属していた子役が抜擢された。, 日本以外では子供の役は子供に担当させることが主流である。脚本家のブレイク・スナイダーは8歳のころにTVプロデューサーだった父親の手伝いとしてスターリング・ホロウェイらとともに子供の役を演じていたが、変声により解雇されている[71]。, 諸外国では日本のように専業の声優が確立している国は少ないとも言われる。アメリカでは代表的な人物だけでも200人以上おり[72]、近年では日本アニメの吹き替えや音声入りゲームの増加により、声優業がメインの役者も増えている。, 劉セイラ、ジェーニャ、天城サリーのように、海外の出身で日本語が母語ではないが、日本語を習得して日本国内で声優として活動しているケースもある。, NHKと民放が組織した劇団で、局のアナウンサーとは別個に、芸能を担当するために放送局で養成され、おもにラジオドラマを担当した放送タレントである。彼らを指す言葉として「声優」が生まれた。芸能事務所などの台頭で現在ではすべて解散している[73]。, NHKの東京放送劇団からは、巖金四郎、加藤道子、中村紀子子、大木民夫など、NHK札幌放送劇団出身の若山弦蔵、NHK九州放送劇団出身の内海賢二など多数。民放ではのちのTBSにあたるラジオ東京放送劇団からは大平透、中村正、滝口順平、田中信夫、朝戸鉄也、向井真理子など。地方局では、CBC中部日本放送劇団出身の中江真司、RKB毎日放送劇団出身の八奈見乗児など。地方局で活動していたのはラジオドラマ時代までで、テレビ時代になると海外作品の日本語吹き替えなどの声優の仕事は東京に集中していった。, 声優プロダクション付属の声優養成所(養成所)、声優になるためのレッスン指導を主とする養成所、声優関連の学校(声優養成学科がある専門学校)などの出身。, 声優になることを目指すには、声優の養成所や専門学校に通うのがもっとも一般的である。養成期間はおおむね1年から3年で、養成期間修了後に行われる所属オーディションに合格するとプロダクション所属となる。この時点では「新人」「ジュニア」「仮所属」などと称される見習い期間となる。見習い期間が終了し、内部審査を経て、認められた者だけが正所属(正規に所属する)となる。学生時代のうちから養成所に通う人間もいれば、社会人になってから養成所に通う人間もいる(多くは前者のケースだが、たとえば茅野愛衣や金田朋子は社会人経験を経て養成所に通うようになり、その後に声優デビューを叶えた)。, 大塚明夫[注 15]は、自著『声優魂』の中で、養成所や専門学校は生徒の将来や給与の保証をする必要がなく、「声優学校や養成所というのは非常に儲かる商売です」「売れなければ『お前のせいだ』でおしまい。うまいことスターが出れば『ありゃあ俺んとこで育てたんだ』と言えばいい。それを広告塔に次の声優志望者たちがやってくる。はっきり言って、ローリスク・ハイリターンです」と述べている[74]。また「『安全策』として学校という道を選ぶ人は、その時点である種のステレオタイプを選んでいるということ、そしてこと芸能の世界においてステレオタイプほどすぐさま使い捨てられる存在はない」と指摘している[74]。, おもに舞台演劇やミュージカルなどをやる舞台役者が声優として長く活動するようになるケースは、声優という職業が成立する時期から多く存在しており、納谷悟朗などがこれに該当する。また吹き替えを中心に、俳優として活動してきた役者が声優としても長く活動するようになるケースもあり、津嘉山正種、磯部勉などがこれに該当する。, タカラジェンヌ出身の声優としては太田淑子、葛城七穂、水城レナ、涼風真世、七海ひろきなどがいる。, 児童劇団などに所属する子役が、声優の仕事をするようになったことがきっかけで、そのまま声優業を中心に活躍するケースは、声優という職業が成立する時期から多く存在しており、古谷徹、古川登志夫などがこれに該当する。近年では、宮野真守、内山昂輝、木村良平、入野自由、飯田里穂、悠木碧、花澤香菜、小倉唯、諸星すみれ、黒沢ともよなどがこれに該当する。, アイドル、グラビアアイドル、歌手、モデル、特撮番組系俳優、お笑いタレント、レポーター、コスプレイヤーなどといった経歴のタレントが、声優の仕事をするようになったことがきっかけで、そのまま声優業を中心に活躍するケース。また、声優になるための足がかりとしてアイドルをしていたケースや、歌手になるための足がかりとして声優を目指すケース、あるいは、各種コンテストで入選したことがきっかけで声優として活動するようになったケースもこれに該当する。一例として、仲谷明香(元AKB48)、前島亜美(元SUPER☆GiRLS)などが挙げられる。特に2010年代になって以後は、アイドルから声優への転身者や、現役アイドルのまま声優としても活動する人間が登場、増加するようになっている[75]。, ナレーションやアナウンスも声優の仕事の一部であり、アナウンサー出身という肩書きで活動する者はいない。黎明期には局のアナウンサーが声をあてた事例もあるが、現代では演技を行わないアナウンサーと声優は別な職業としてとらえられている。, 俳優・歌手・音楽家・アイドル・グラビアアイドル・モデル・お笑いタレント・スポーツ選手・著名人が、声優活動をすることがある。, もともと、専業の声優が確立されていなかった時代、東映動画の長編作品のころから、長編アニメーション映画において、ほかの芸能人・著名人などを声優に起用することは珍しくない。1990年代以降のスタジオジブリ制作作品、2000年代以降のスタジオ地図制作作品に至るまで、こうした傾向は現在でも続いている。, 作品の質よりも話題性を狙って芸能人・著名人などを声優に起用するということも多いため[76]、芸能人・著名人などの声優起用に批判が出ることもある。, 2007年公開のアニメ映画『ザ・シンプソンズ MOVIE』や2012年公開の映画『アベンジャーズ』などで、これまでのシリーズで日本語吹き替えを担当していた声優を、新作映画で俳優・タレントに交代する事態が発生しており、企業への批判が殺到した。『ザ・シンプソンズ MOVIE』『TAXi4』『エクリプス/トワイライト・サーガ』ではソフト化に伴い、劇場公開版に加え、もともと担当していた声優陣による新たな吹き替え版が同時収録された。しかし、ソフト化の際に劇場公開版のみが収録される作品が大半である。特に『アベンジャーズ』ではキャスティングの変更などに対する批判のコメントがAmazon.co.jpの本作品のレビュー欄に殺到する事態となった[77]。2012年公開の映画『プロメテウス』の主人公エリザベス・ショウ役の吹き替えにタレントの剛力彩芽が起用された際、ソフト化に際して変更もなかったため『エイリアン』シリーズのファンなどから酷評され、Amazon.co.jpのレビューが炎上した[78]。, 『ターミネーター3』や『サイレントヒル: リベレーション3D』のように、劇場公開版では芸能人が吹き替えを担当したが、ソフト版では声優に差し替えて収録する場合もある。また、『X-MEN フューチャー&パスト』のように、新規バージョンをソフト化する際に収録し直すケースもある。, 2004年公開のアニメ映画『イノセンス』では、プロデューサーの鈴木敏夫が大物俳優の起用を立案し、草薙素子役を田中敦子から山口智子に変更しようとしていたが、スケジュールの都合に加えて「できあがっているイメージを変えるべきではない」と出演を固辞した山口と、監督や声優陣の反対により田中が続投したということがあった。, オリコンスタイルで「タレント(芸能人や著名人など)を声優に起用するべきか、それともしないべきか」というアンケート調査を2014年に行ったところ、ほぼ半々に意見が分かれた[79]。, テレビ人形劇では声優の仕事が確立される以前から放送されたこともあり、俳優や劇団員が起用された。その後も俳優が選ばれることが多く、2014年に放送されたシャーロック ホームズでは俳優と声優が混在して起用された。, アニメ監督の原恵一は、他の芸能人や劇団の子役・俳優を声優に起用している[80]。同じくアニメ監督の富野由悠季は、声優の演技は型にはまっていると批判したことがあり[81]、主役に劇団出身者や新人声優を多く起用している。同じくアニメ監督の押井守は、存在感と新鮮さが声優に勝ることがあるとして[82]、複数の作品に俳優の竹中直人を起用しており、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』ではメインキャラクターに俳優を起用した。, 『ノブナガ・ザ・フール』では原作・シリーズ構成の河森正治が宝塚歌劇団を取材した際、現役タカラジェンヌである七海ひろきの舞台を見て抜擢した。七海は宝塚退団後も俳優兼声優として活動している。, 『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』では監督の伊藤智彦が有名声優を使うことよりも作品のオリジナリティを重視したことや、大富豪である主人公の存在感を際立たせるため、イメージに合う声としてダンサー兼俳優の大貫勇輔を抜擢した[83]。, 上述の俳優が声優に起用されることに関して、アニメを多く手がける脚本家の首藤剛志は「マイクの前で声を出しているだけの声優よりも、声優としての技量が劣っても、実際に観客の前で芝居をする俳優が買われているのではないか」と述べている[84]。, 声優の難波圭一は「いいですよね。ぼくは声優という小さな世界がなくなることを望んでいます」と肯定的な考えを持っている[85]。, 俳優などを多く起用するゲームシリーズ『龍が如く』では、ある有名俳優を起用したが事前準備もされずに収録に臨まれ、演技がなかなか上達せず横山昌義の指示で何度もリテイクが行われ、時間をかけてその場面の距離感や感情を説明して及第点といえるところまで収録できたが「同じ苦労をした別の役者に申し訳ない、妥協はしたくない」として仕方なく降板してもらったという事例もある[86]。, 劇中でテレビニュースが映る場合は、リアリティを重視して放送局に所属する本業のアナウンサーを起用する例があり、フリーアナウンサーの松澤千晶はアナウンサーやレポーター役としてのみ出演している。, 東映の特撮変身ヒーロー作品、とりわけ「仮面ライダーシリーズ」の「昭和ライダー」最終作にあたる『仮面ライダーBLACK RX』および「スーパー戦隊シリーズ」では、『炎神戦隊ゴーオンジャー』に至るまで長きにわたりオールアフレコで制作されてきた。, いわゆる「平成ライダー」第1作にあたる『仮面ライダークウガ』[87]および『侍戦隊シンケンジャー』[88]から、俳優が顔出しで演じるシーンは基本的に一般的なドラマと同様の撮影同時録音方式に切り替えられたものの、現在でもスーツアクターが演じる変身後のシーンなど番組制作の各所でアフレコが多用されているため、特撮番組に出演経験のある俳優は、声優としての演技経験を事実上しているとも言える。そのためか、特撮番組で出演経験のある俳優がアニメなどの声あてをすることもあり、中には声優を本業として転向した者もいる。, 2000年代以後、声優が歌手や俳優(特に舞台)など、ほかの分野での芸能活動をすることが特に顕著になった。, 声優がほかの分野での芸能活動をするケースのひとつとして、俳優活動が挙げられる。理由として「声優さんには『ああ、あの声の人だ』という知名度ならぬ『知声度』があるので、仮に顔がいまいちわからなくても、『声』がわかったときの感動や話題性があるから」が挙げられる[89]。特に俳優活動の中でも、舞台での活動と両立する声優が少なくないが、理由として「舞台はやり直しができず、実際にその芝居や息づかいが観客に見られていることで、それが声の芝居に生きるから」などが挙げられている[90]。, また、声優が歌手などの活動と両立させるケースが、特に2000年代以後に顕著になっているが、これについては下記の節にて述べる。, 2014年にはオスカープロモーションと青二プロダクションが共同で開催した容姿と声の2つの要素に「美しさ」を兼ね備えた女優・声優を発掘する「第1回全日本美声女コンテスト」が開催された。おもな出身者に漫画家、アイドルとして活動する辻美優、花房里枝にピアニスト、ファッションモデルなどの活動をする入江麻衣子が挙げられる。, 歌手などの活動と両立させる声優について、「アイドル声優」あるいは「声優アーティスト」と表現するケースが多い。, アイドル声優とは、第3次声優ブームと称されていた1990年代半ばごろから出てきた俗称。このころにはボイスアイドルとも呼ばれた[91]。本業にとどまらず、歌を通してそのCDを発売、ライブを開催するなど歌手活動をする、声優専門誌や漫画雑誌などのグラビアに登場する、写真集やイメージビデオを発売する、CMに出演する(これはいわゆる「Web CM」を含む)などといったアイドル的活動を行う声優を指すことが多い。本業を蔑ろにしているという批判的なニュアンスも含んでおり、実際にベテラン声優を中心に否定的、悲観的にとらえることが少なくない(一例として桑島法子は「アイドル声優は旬を過ぎたら使ってもらえなくなる」と述べている)[92]。, 2010年代半ば以後、内田真礼[93][94]、竹達彩奈[95]、戸松遥[96][97]、三森すずこ[98][99]、佐倉綾音[100]、逢田梨香子[101][102]、斉藤朱夏[103]などのように、顔出しでCMに出演するケースや、バラエティ番組やクイズ番組のゲストとして出演するケース、マニア向けでない一般の漫画雑誌などでのグラビアに登場するケースが増加するようになっている。, 声優アーティストとは、上記のアイドル声優に代わって2000年代半ばごろから出てきた俗称であり、おもに声優業と歌手業を両立させている声優を指すことが多い[41]。「アイドル声優」「声優アーティスト」のいずれの場合も、日本の女性声優に特に多いといわれる。, 近年では歌手としての独立した活動までには至らずとも、アニメに出演する場合、主題歌などを担当したり[注 16]、各種関連番組(アニラジ、ニコニコ生放送など)やイベントへの出演など、タレント活動を求められるケースが一般的になっている[104]。さらには、アイドル主体のアニメ・ゲーム作品における担当アイドル(キャラクター)を、そのまま実際のライブで再現する声優ユニットも登場し、専業のアイドルと比べても遜色のないケースも存在する[注 17]。実際、i☆Ris、Wake Up, Girls!、22/7などのように、「声優とアイドルの両立を謳うグループ」が増加するようになっている[75]。, 「アイドル声優」「声優アーティスト」のいずれであれ、声優の顔出しでの活動が増えた理由として、声優の社会的地位の向上のほかに、声優の役割やイメージの変化(「裏方的な仕事」とされてきたのが「ルックスや若さが重視される」ように変化した)が背景としてあると指摘されている[41][92]。, 声優プロダクションは、声優から手数料を徴収し、音響制作会社や放送局などに対して、アニメ・日本語吹替・ナレーションなど得意分野ごとに配置されたマネージャーが営業活動や声優の売り込みなどを行う。専門の養成所を持ったり専門学校と提携して新人の育成も行う。, もともと制作会社の関連会社に位置していて連携の強いプロダクションが存在し、特に2000年代は特に新たに創業される例が見られた[注 18]が、2010年代以降は制作会社の一部門として直営され、より連携が強固なプロダクションも存在する[注 19]。特定の制作会社との連携が強くとも、ほかの制作会社が手がける仕事も請ける。また、もともと音楽系のプロダクションでも声優のマネージメントを行う例が近年あり[注 20]、この場合は本業を生かして歌手活動も積極的に行われることが多い[注 21][注 22]。他分野中心の芸能プロダクションが声優部門に力を入れるようになる例も見られる[注 23]。, 声優は所属事務所からの基本給というものは存在せず[注 24]、各人の仕事実績によるギャランティ(報酬金)が収入となる個人事業者である。所属事務所とは通常1年更新のマネジメント契約を締結し、売込みやマネジメントの対価として業界平均で出演料の約20%から30%を事務手数料として事務所へ支払い、源泉徴収も10%[注 25]引かれ[注 26]、この残りが声優の手取りの報酬となる[105]。歌手や俳優など、ほかの芸能の世界と何ら変わりない厳しい競争社会であり、経済的に自立できずに脱落していく者も多い。, 日本語吹き替えが始まった1960年代には、声の仕事は顔出し出演の7割の出演料「顔出しの七掛け」とされ[106]、低い位置にある仕事とみなされ、舞台俳優がアルバイトのような形でやっていた。ただし、実写の仕事と比較して、吹き替えの仕事は拘束時間が少なくかけ持ち出演が可能だったため、低収入とは言えなかった。, 声優の賃金待遇改善については、声優の多くが日本俳優連合(日俳連)に所属しており、日俳連は音響制作会社の集合体である日本音楽制作者連盟(音声連)、声優のマネージメントを行う事業者で組織する日本芸能マネージメント事業者協会(マネ協)と「三団体実務小委員会」を設けて、出演ルールの改定や待遇の改善を申し入れて来た。ときにはストライキ(1973年8月8日)や街頭デモ活動を行うなどして、1973年には報酬が約3倍アップ、1980年には再放送での利用料の認定、1991年には報酬が約1.7倍上昇するなどの成果を勝ち取ってきた。, 業界に対してのみならず、1973年と2001年にはデモ行進、1988年には永井一郎が『オール讀物』(文藝春秋)において『磯野波平ただいま年収164万円』と題して、アニメ出演料の安さを訴える記事を寄せて、世間一般への理解を求める行動を起こしている[107]。, 日俳連・マネ協・音声連による協議の結果、外画動画出演規定・新人登録制度・CS番組に関する特別規定・ゲーム出演規定などを締結した。アニメでは、放送局と、アニメ制作会社で組織される日本動画製作者連盟も加わって、団体協約が締結されている。これにより、仕事1作品あたりの報酬は作品のジャンル・放送時間帯・放送回数・ソフト化などによる2次利用、そして経験実績などの条件によって受け取る額が算出される方法を取られており、音響制作会社の一方的な言い値で手取りを決定されるということはない[注 27]。, 以上の協定は、声優・マネジメント事業者・音声製作事業者がそれぞれの団体に所属しなければ縛られることはない。たとえば、石原裕次郎は映画『わが青春のアルカディア』の出演料が1,000万円だったと言われている[108]。そのため組織率を高めるために、音声連が製作する作品に出演する人数について「日俳連に属さない出演者の数は全体の20%以内」とし、日俳連に属さない出演者については加盟を推奨することが音声連には課せられている。逆にマネ協・日俳連側は、音声連に入っていない製作会社へ音声連への加盟を奨めることとなっている。, これらの協定を嫌う日本アドシステムズなどの製作者側もあり、日俳連に所属しない声優を起用するケースが1990年代半ばより増加したが、東映アカデミーやラムズのように事業を停止したケースもある。音声連に属していない事業者としては神南スタジオや脱退した音響映像システム(現・サンオンキョー)などがあり、マネ協に属していない事業者としてはネルケプランニングなどがある[注 28]。, 日俳連に所属する声優が、アニメと日本語吹き替え作品に声をあてる際の出演料についての規定で、この制度では報酬は、ランクと拘束時間によって算出され、演じる役のセリフ量にかかわらない。また、社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)に加盟するゲーム会社との間にも同様のランク制が設けられている。ランクの設定は毎年4月に更新され、人気が上がったりキャリアを重ねると、マネ協や音声連との協議のうえ、ランクが上がっていく。ランクが1つ上がるごとに出演料が1,000円ずつアップする。例外として、60歳以上の者はランクを上げることはできても下げることはできない。1991年に出演料が約1.7倍アップしたこともあり、予算の限られたアニメや吹き替えにはランクの高い(出演料が高い)ベテラン声優が起用されなくなる弊害が生じるようになった。それにより、2001年から2年の期間限定でランク下げを認める特例期間が設けられた。, 30分枠作品の最低ランクの出演料が1万5,000円で、最高ランクが4万5,000円、その上に上限なしのノーランクが設定されており、これが基本出演料となる。またその基本出演料に「目的使用料」として、アニメは1.8倍が加算され、吹き替えは1.7倍が加算される。予告編のセリフをやった場合、基本出演料のランクをもとにしたギャラが加算される。放送時間枠が60分や120分の場合は「時間割増」となり、その分のギャラが支払われる。出演作品がソフト化されたり再放送された場合、規定に基づいて「転用料(2次使用料)」が支払われる。これらの合計が声優の総出演料となるのだが、そこから事務手数料や税金などで約30%から40%引かれる。, 声優学校や声優養成所を卒業して、日本芸能マネージメント事業者協会(マネ協)加盟の声優事務所のオーディションに合格した新人声優は、まず「預かり」という身分から声優業をスタートする。この時点ではまだ声優個人としての日本俳優連合(日俳連)への加盟はできない。預かりは声優業の最初のステップとして、ランク制の事実上の番外とでもいうべき存在である。預かり期間修了後はジュニアランクとなり、ジュニアランクでいられる期間は3年間ないし所定の起用率に到達するまでで、それを終了したあとは日俳連へ加盟し通常のランクの声優になる[109]。, 出演料が安すぎるという理由で1990年に一度新人(ジュニア)ランクを撤廃したことがあったが、1994年から新たな形で再び導入された。, 預かりとジュニアランクの声優の出演料は1万5,000円で、ランクがついた声優とは違い、上述の「目的使用料」「予告編のセリフ代」「時間割増料」「転用料」は支払われない。, 声優としてベテランになり日俳連のランクが高くなると、予算の関係からアニメ・ゲーム・吹き替えの仕事は自然とできなくなっていく。そういったことを補うのが、CMやテレビ番組などでのナレーションの仕事である。ナレーションは日俳連の協定によるランクの縛りがなく[注 29]、また、ギャラはアニメ・ゲーム・吹き替えよりもはるかに高額とされる。そのためか、新人・若手声優だったころはアニメに多く出演していたが、のちに中堅・ベテラン格になるにつれてアニメの仕事が徐々に減っていき、ナレーションが中心になるという傾向にある。なおベテラン声優を1回のみ登場、台詞が少ないなど収録時間が短い役に起用する例もあり、アニメやゲームの出演が無くなる訳ではない。, ベテラン声優の中には収入の少なさを補うために本業の傍ら、声優事務所の経営、声優の養成所や専門学校の講師、カルチャースクールの喋り方教室の講師、音響監督などといった副業をしている者もいる。また、ベテランになると、経済的にはむしろそのような副業のほうが本業という声優も珍しくないといわれている。, 声優を目指す人々は増加傾向にあるが、職業としての声優として第一線で活躍できる者は少ない。オーディションでほかの声優との競争に勝てず、仕事がもらえずに無名のまま脱落し、経済的に自立できずにわずかな期間でやめる、またはプロダクションから「今後、第一線級の声優として売れる見込みがない」と判断されて契約を解除されるという新人・若手声優が多いという[110][111]。実際、一例として内田彩は、2015年9月のインタビューにて「声優の仕事一本で食べていけるようになる2、3年くらい前まで、声優の仕事が空いているときは派遣のアルバイトをやっていました」と打ち明けている[112][注 30]。内山夕実のように(家の都合で)一度引退後に復帰するケース[113]もある。, 1996年発売のキネマ旬報刊『声優名鑑』には約2,400人の声優が掲載されていたが、このうち声優としての地位が確立されている者は約300人だけで、しかもそのうち声優業だけで食べていける者は約半数であるという[114][注 31]。, ある程度の知名度、出演本数、活動年数があったにもかかわらず、声優業で生計を立てていくことが難しいという理由で引退した者も少なくなく、継続して仕事を維持するのも厳しい世界である[111]。, 声優という呼称は、読売新聞の芸能記者だった小林徳三郎によるものという説と、NHKの演芸番組担当, ただし、これは無声映画作品に声をつけたものとして放送されており、本格的なラジオドラマとは質が異なる。, 後述するように『読売新聞』では1926年の時点で「声優」という言葉が使われていた。, 2016年にも東京ドームでの単独コンサートを開催したほか、同じ年には声優だけでなく, 水樹はその後も毎年出場を続け、2009年から2014年の計6回にわたり連続出場した。, 声優ユニットのμ'sが2015年に、水樹に次いで声優2組目となる紅白出場を果たした。, 歌手志望者を声優として(も)デビューさせる例があり、株式会社S(現在はディファレンスに移籍)の, ただし、年収が少ないため結果的に源泉徴収税を納めすぎとなっているという者は、翌年の確定申告で還付を受けることができる。, 一概には言えないが、日俳連は基本的に土日祝日のゴールデンタイムに放送される番組に最も高いクラスの報酬を設定している。, ただし、現在ではスタッフの移籍がより増えたため実質的に加盟している状況の会社もある。, 森川友義・辻谷耕史 「声優の誕生とその発展」『メディア史研究』第13号、ゆまに書房、2002年、p.62。, 「“声優”誕生」『放送夜話-座談会による放送史』日本放送協会、1968年、p.113。, 勝田久「声優の歴史」『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』ジ・アニメ特別編集、近代映画社、1985年、175頁。, 引田惣彌『全記録テレビ視聴率50年戦争 そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、38頁。, ハイパーボイス監修『すごい!アニメの音づくりの現場』雷鳥社、2007年、79頁。音響スタッフだった, とり・みき 『別冊映画秘宝Vol.3 とり・みきの映画吹替王』 洋泉社、2004年、275頁。, 「太平洋テレビジョンの労働争議」について若山は実名を避けながらも証言をした数少ない一人である。, 高田城、千葉節子『声優になるには』ぺりかん社、1983年初版、1994年改定版、47頁。, 『テレビ黄金時代の立役者12人の告白 あの日、夢の箱を開けた!』小学館、2003年、190頁。, 酒井広「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・六本木」『映画はブラウン管の指定席で』淀川長治監修、, 藤井青銅『ラジオな日々 80's RADIO DAYS』小学館、2007年、24頁。, 尾形英夫『あの旗を撃て!

Pubg クロスボウ 業績 8, アイアン サーガ キャラ 33, 手洗いの歌 お願い亀さん 歌詞 12, 恐竜好き 女子 プレゼント 4, シャーロックホームズ 高 名 な依頼人 4, 1996年 甲子園 選手 9, 五黄土星 2020 6月 運勢 6, ツイステ ジャック グルーヴィー 11, 必殺仕事人v 激闘編 最終回 10, シエル フランス 名前 30, 日本循環器学会 コメディカルセミナー 2020 4, Apex 世界大会 賞金 7, 慰謝料 支払い方法 振込 5, ブースター 育成論 サンムーン 18, デイユース カップル 千葉 8, 三 文字の言葉 心 42, ミオシッチ 次 戦 6, ミスチル ベース 機材 40, はなわ 嫁 天然 7, 仁王2 神威 製法書 4, レオパ レーダー 視力 9, うめき声 英語 擬音 9, Bmw E90 後期 型式 4, 赤 黄 緑色 7, ギガ 600馬力 中古 5, ホット モック 靴 4, 時宜 時機 違い 8, 近藤夏子 アナウンサー 目 12, ジョブカン 打刻 退勤 10, コイキング 進化 Cp 31, グレンラガン 5 話 動画 8, ラブパトリーナ と は 18, 乃木坂 3期生 センター 15, Ark Wiki 日本語 6, ハワイ ドラマ ロケ地 5, ドラクエ 痛恨の一撃 効果音 12, Daydream Warrior 歌詞 パート 6, Pso2 デュアルブレード 迷彩 33, マイクラ トライデント 消える 8, タガタメ ニムル いつ 6, 本田宗一郎 名言 理念 4, サムライ チャンプルー 強さ 7, 新屋山神社 奥宮 行き方 13, パプリカ マーチング 保育園 11, 今田 美桜 無料スマホ壁紙 12 20, 渡部篤郎 嫁 画像 8, 辻調理師専門学校 Ao入試 面接 内容 4, 影 スト5 セリフ 15, 卓球 脱初心者 ラバー 5, 日本 社会主義 海外の反応 7, 身長 伸ばすストレッチ 嵐 6, 創 聖 のアクエリオン Mp3 320 24, 西東京市 中学校 コロナ 6, 神奈川県 誘拐事件 2000年 8, 性格 の悪い 力士 10, Iiwey ドライブレコーダー Ec018 12, 笑点 山田 卒業 8, ミニ クロスオーバー 自転車 車内 4, 初心者 中級者 上級者 英語 5, ファイナルファンタジー アルティメットヒッツ 違い 21, アレックス オノルド 現在 10,