一橋大学ジョン・マンキューソ准教授による「バカチョン」発言という動画が話題になっていたので紹介します。 当サイトでは視聴できないためご覧になりたい方はこちらからご覧ください。 日本人の仲間に加わろうとする韓国人を嫌う、・・・ 必ずガイドラインを一読の上ご利用ください。, twitterアカウントが登録されていません。アカウントを紐づけて、ブックマークをtwitterにも投稿しよう! 一橋マンキューソ(17)副学長が委員長の一橋大学ハラスメント対策委員会から、教員の差別録音を公開したことがハラスメントに当たると訴えられました(通知全文公開)|梁英聖|note … 一橋大学はこれを完全に放置しています。

マンキューソ准教授の他のハラスメント マンキューソ准教授は、1991年以降28年間一橋大学で教えています(注4)。他にも複数の学生・元学生が、マンキューソ氏が教権を乱用していると証言しています。 1)白人至上主義への共感

 両者に共通しているのは大学組織への不信感だ。梁さんは「対策委の結果に不服を申し立てたが断られた」と話す。また准教授も「ボイスレコーダーについての調査要請を大学が拒否したため、警察に調査を要請したこともある」と話す。, さらに不信感をあおるのが、インターネット上に公開された音声データをめぐる大学の対応だ。対策委は基本的に、申し立てを受けた際に立ち上がる。本件に関してツイッターなどで意見を発信している隅田聡一郎特任講師(社会学研究科)によれば、両者から訴えがない状況で対策委が成立した今回は異例だという。隅田特任講師はこれについて「『差別発言に対してようやく一橋も対応に動いた』という見方と『梁さんが音声データを公開したことを問題視するつもりだ』という2通りの解釈ができる」と分析する。, 一方で対応について両者の主張が異なる部分もある。申し立ての開示要求がその一つだ。対策委が申立人の申し立てを受理した場合、被申立人には申し立て内容の詳細や申立人の名前は通知されない。そのため准教授は17年2月の申し立てについて、弁護士と共に開示請求を行い、申立人の氏名と梁さんが対策委に提出した書類の一部を入手した。対策委が「申立人の氏名の開示について、申立人の了承が得られた」と准教授に通達していた一方で、自分に対して開示の許可を求める連絡はなかったと梁さんは主張する。また17年8月の准教授からの申し立てについて梁さんは「開示要求の制度はなかったと思う。どういう事情で自分が訴えられたかわからないという不利な状況の中で調査が行われた」と話した。, 以上のような大学の不透明な対応に対して隅田特任講師は「おとがめなしにするにしろ、処分を下すにしろ、それに至った経緯がわからない。対策委から双方が納得できる結論を得ることはできないだろう」と話した。, 「大学の問題」、一方で…… 毎日新聞、朝日新聞でマンキューソ准教授のハラスメントについての記事が出たおかげで、ようやく一橋大学で横行してきたマンキューソ准教授の差別・ハラスメントが社会問題化しはじめました(記事リンク)。 このブログで書き続けた通り、2016年12月のARIC研究会襲撃事件からじつに2年半。それまでどのジャーナリストも取り上げてくれませんでした。長かったです。 (2年半にわたるマンキューソ准教授のハラスメントについては下記をご覧ください), 今後大きく流れは変わるでしょう。 一橋大学はもう、何らかの対応をせざるを得なくなっています。学生の2年半もの抗議を全く無視してきた一橋大学が、マスコミ報道を受けてどう対応するのでしょうか。 ちなみにこのブログや私のツイッターは一橋大学の執行部や総務部が見ているらしいです。ぜひ読んで、キャプテン・オブ・インダストリー(一橋大学の理念)らしく、「バカチョン」発言したマンキューソ准教授という「リスク」を即時解雇して、うまく経営管理してもらえればと思います。 マンキューソ准教授を即時解雇できないぐらいなら、一橋大学の評判はマンキューソ准教授とともに地に落ちるでしょう。, ところで、なぜマンキューソ准教授は教室で学生に対し、大声で「バカチョン」とか「グック」(朝鮮戦争やベトナム戦争で多用された東洋人を差別する英語)とか「コリアンはばかどもだ頭がおかしい」などと発言できたのでしょうか?, これには実は、一橋大学公認の、マンキューソ准教授にだけ特権的に許された、特別の「契約」が絡んでいます。 なんとマンキューソ准教授は、学生が受講するにあたり、すべての学生と特別の「表現の自由に関する契約」を交わすことを強制していたのです。 その内容にはなんと、マンキューソ准教授には「先生はレイシストだ」などと批判されない権利があるとか、発生した差別・ハラスメントについて一切苦情を申し立ててはならない、などが含まれます。, 具体的にみていきましょう。 マンキューソ氏は2018年度の春夏学期から2019年度の秋冬学期まで、一橋大学の英語授業で「Freedom of Speech Agreement言論の自由に関する契約)」(以下、「契約」)を、授業を履修する際に学生に教員と取り交わすよう義務付けています。上のリンクにあるように一橋大学のシラバスに掲載されているので、このマンキューソ准教授だけに特別に認められた学生との「契約」は一橋大学公認です。, つまりこの「契約」によると、学生はマンキューソ准教授を「先生、それ差別なのでやめてください」と言えなくなります。また差別発言がひどいので「先生のせいで教室で安心して授業を受けられない」と言うこともできなくなります。 この「契約」は、「言論の自由」を保障すると言いつつ、差別を批判する「言論の自由」を侵害しているのです。, またこの「契約」は、非対称な権力関係であるはずの教員-学生間の関係を平等なものと学生に錯覚させる効果もあります。受講者の学生に対し、授業中の氏による差別・ハラスメントが発生した場合への批判をあらかじめ封じる、あるいは委縮させる効果を狙ったものだと言えます。, 授業内で発生したいかなるハラスメントについても、一橋大学ハラスメント相談室をふくむ、また国立市もふくむ、学内外の一切の人物(専門家から友人・家族まで)や機関(国・地方自治体からNGOや人権擁護機関まで)に相談したり訴えることを事実上禁ずるものとなっています。 一橋大学ハラスメント相談室の利用さえ禁ずるような「契約」を勝手に授業内ルールとして制定することじたい、大問題です。 ところが問題は、これを一橋大学がシラバスに堂々と明記し広く公開していることです。 学生のハラスメント被害を訴える権利を委縮させる非常に問題ある措置だと言わざるを得ません。, この「契約」があるからこそ、マンキューソ准教授は安心して「言論の自由」を行使できるのではないでしょうか。つまり、クラスの受講生に向かって大声で「バカチョン」や「グック」や「コリアンは頭がおかしい」などの差別発言や罵倒を繰り返せるのだと思います。, 以上書いた通り、この「契約」は学生の人権を侵害するとんでもないルールです。こんなものは無効です。, 一橋大学は即刻この国立市条例違反の、マンキューソ准教授の「契約」をシラバスから削除し、マンキューソ准教授を解雇すべきです。, 一橋大学はマンキューソ准教授だけにこんな非人権的な「契約」を学生とかわすことを特権的に認めたわけで、その責任は非常に重いと言わざるを得ません。即刻内部調査をはじめ、その結果を公表し、再発防止措置を取るべきです。この「契約」が一橋大学のシラバスに堂々と掲載されていた経緯・理由とその責任の所在も含めて、詳細に真相が明らかにされるべきでしょう。, シラバスを書くのは授業のだいぶ前。なので、件の「表現の自由に関する契約」は前年度の2017年度に書かれ、2018年度から掲載されているはずです。, じつは2017年度といえば、第9回の記事で書いた通り、2017年の秋冬学期からマンキューソ准教授は英語の授業内で、わたし梁英聖とARICの名前を出して誹謗中傷を猛烈に開始した年なのです。, 私には授業内でマンキューソ准教授が私とARICを誹謗しはじめたことと、この「言論の自由に関する契約」が突如2018年春学期以降のシラバスに掲載されはじめたことは、無関係だとは思えません。, マンキューソ准教授はこの「契約」をつくって受講生に義務付けることで、一橋大学ハラスメント相談室への相談・措置の申立てを含む学内外の人権擁護機関の利用を予め封じ込めたうえで、私とARICに対するデマ吹聴と差別を含むハラスメントを自分の授業内で思う存分に行う自由を確保しようとしたのではないかとの疑いを禁じることができません。, マンキューソ准教授は2018年度以降、授業の初回に参加した学生全員に、梁英聖と知り合いかどうかを問い詰めたり、ARICのメンバーかどうかを問い詰めたりしているぐらいですから…。, 一橋大学のジョン・マンキューソ准教授は、私梁英聖とARIC(反レイシズム情報センター)を、じつに2年半にわたってデマやハラスメントによって嫌がらせを続けております。

著者:ジョン・F・マンキューソ エンターブレイン(2009-09-10) 販売元:Amazon.co.jp クチコミを見る 91年以降に一橋大学に在学していた方なら、おそらく、ジョン・F・マンキューソ先生(以下、マンキュー)のことはご存知だろう。 一橋大学最強(最凶? 登録する, {{ total_bookmarks_with_user_postfix }}{{ hostname }}, 一橋マンキューソ(17)副学長が委員長の一橋大学ハラスメント対策委員会から、教員の差別録音を公開した...概要を表示 【一橋大学マンクーソ事件】異常❗️学内治外法権バトルロワイヤル(差別ハラスメントOK)研究室❓, https://treaties.un.org/Pages/ViewDetails.aspx?src=TREATY&mtdsg_no=IV-2&chapter=4&lang=en, https://matome.naver.jp/odai/2153034040323751301?&page=1, https://www.japantimes.co.jp/community/2016/11/06/voices/trail-team-trump-tokyo/#.XYwmI8pcWhA, https://mobile.twitter.com/simonscottjapan, https://note.mu/ryangyongsong/n/nbf18a891caa1, https://www.hmv.co.jp/artist_ジョン・F・マンキューソ_200000000806552/biography/, https://www.change.org/p/一橋大学は人種差別を繰り返したジョン-マンキューソ准教授を解雇し-第三者委員会を立ち上げて-二度と差別が起こらない教育環境を整えてください?recruiter=993738299&recruited_by_id=c2298220-c2ff-11e9-ad7e-7febc03b3525&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink&utm_campaign=petition_dashboard. マンキューソ准教授のハラスメントを抑止するために情報発信を行います。, 一橋マンキューソ(13)大学がマンキューソ氏にだけ特別に認めた、「バカチョン」発言を許す恐怖の「表現の自由に関する契約」, 反レイシズム情報センター(ARIC)代表。一橋大言語社会研究科でレイシズムを研究。11月新刊『レイシズムとは何か』ちくま新書, 一橋大学ジョン・マンキューソ准教授によるハラスメント(12)授業開始時の「バカチョン」差別発言の録音公開, 一橋マンキューソ准教授(14)「バカチョン」発言を許す恐怖の「表現の自由に関する契約」全文翻訳(仮訳)公開, 「バカチョン」発言を許した一橋大学シラバスに掲載されている恐怖の「表現の自由に関する契約」, 授業での「言論の自由」を口実に、差別・ハラスメントなどについても、一切苦情を誰にも言ってはならない「契約」, マンキューソ准教授の「言論の自由に関する契約」は一橋大学が2018年度からマンキューソ准教授だけに特別に認めている, マンキューソ准教授が受講生に強いる「表現の自由に関する契約」は国立市の人権・平和条例に違反する。一橋大学の責任が問われる。, 「Freedom of Speech Agreement言論の自由に関する契約)」(以下、「契約」), https://hanmoto.com/bd/isbn/9784480073532. 一橋大学はこれを完全に放置しています。

「今もこの件が続いているとは思わなかったし、こんな大ごとになると予想もしていなかった」とある学部生は言った。本学の英語教員、ジョン・マンキューソ准教授(森有礼高等教育国際流動化機構全学共通教育センター)からハラスメントを受けたとして、特定非営利活動法人・反レイシズム情報センター(ARIC)代表の梁英聖さん(言社博3)が、ハラスメント対策委員会(対策委)に訴えたのは2017年2月。今や梁さんが人権救済要請を出したことにより、国立市まで巻き込む問題となっている。, 事の発端は、2016年12月14日に開催されたARICの公開研究会「世界で台頭するポピュリズム/排外主義と日本」。梁さんは准教授が研究会に乱入し、妨害行為を行ったと主張する。准教授は会場から退出後も在日コリアンである梁さんに対し、パスポートや在留カード所持の有無を問いただしたという。それを受けて、16年12月20日5限目終了時に梁さんは同行者1人と共に、准教授が授業を行っていた教室に赴き謝罪を求めた。しかし、そこでの対応が誠実でなかったと感じた梁さんは14日と20日の准教授の行為について、処分などの具体的な対応を求める措置の申し立てを対策委に対して行った。, 准教授はこうした梁さんの主張に対し、研究会へ赴いた理由は、研究会のチラシ等について助言するためだったと反論する。准教授によれば、チラシについて話しかけた瞬間、5人の学生に取り囲まれ会場から退出させられたという。その後、パスポートや在留カードの所持の有無を聞いたが、それは在日コリアンをめぐる問題を投げかけるためだったと述べる。, この件に関して2017年5月にハラスメント調査委員会(調査委)は14日と20日に両者の「接触があり、口論があったこと」のみを事実と判定。その調査を基に対策委は「申し立て内容は措置を要する事案とは認定できない」と17年6月に判断した。梁さんによれば、調査の際に梁さんの用意した証人へのヒアリングは行われなかったという。, 17年8月には准教授が12月20日の件に対する完全な調査を要求し、対策委に申し立てを行った。准教授は20日の30分ほどの口論の中で、梁さんとその同行者から体を押され、2人から罵倒されたと主張。その場を目撃した学生の一人は本紙の取材に対し「教室に入ってきた学生のうちの1人が、先生の肩を一度だけドンと押したと記憶している」と話した。通訳として梁さんの同行者が間に立っていたが、目撃学生によると「先生の発言が、よりひどい意図に聞こえるような通訳をしていた」という。, 2018年6月に調査委は「肩を押すなどした行為」などを事実と認定し「学生の教員に対する態度としては不適切」と判断。しかしハラスメントには当たらないとした。, 対策委の17年の判断について梁さんは「たとえ在日の問題を話したかったのだとしても、初対面の在日に公衆の面前でパスポート所持の有無を聞くことはハラスメントだと思う。そもそも対策委は教員と学生という権力関係を無視している」と反論。一連の件に関して梁さんは「准教授をクビにできない大学のガバナンスが、問題の本質だ」と話し、准教授は「対策委はハラスメントを認定しなかった。それにも関わらず、自分の行為が『ハラスメントに当たる』と攻撃され続けるのはおかしい」と話した。, 音声データ、両者の主張食い違う 毎日新聞、朝日新聞でマンキューソ准教授のハラスメントについての記事が出たおかげで、ようやく一橋大学で横行してきたマンキューソ准教授の差別・ハラスメントが社会問題化しはじめました(記事リンク)。 このブログで書き続けた通り、2016年12月のaric研究会襲撃事件からじつに2年半。 一橋大学ジョン・マンキューソ准教授による「バカチョン」発言という動画が話題になっていたので紹介します。 当サイトでは視聴できないためご覧になりたい方はこちらからご覧ください。 日本人の仲間に加わろうとする韓国人を嫌う、・・・ エントリーの編集は全ユーザーに共通の機能です。 「大学における差別・ハラスメントについての緊急シンポジウム」を8月3日に開催します。, 今年国立市で新しく施行された「国立市人権を尊重し多様性を認め合う平和なまちづくり基本条例(平和・人権条例)」について取り上げ、大学での差別規制のためにどのように活用できるかを考えたいと思います。国立市議会議員の上村和子さんに加え、専修大学教授の河野慎太郎さんがゲストです。また千葉商科大学専任講師の常見陽平さんにビデオメッセージをお寄せいただきます。ぜひお越しください。, さて、一橋大学の准教授ジョン・マンキューソ氏によるハラスメントについて取り上げていきたいと思います。, 今回の記事では、マンキューソ氏の影響を受けた学生によるTwitter上でのデマや誹謗中傷に対して我々ARIC側がとった措置とその経過について説明していきます。, 以前の記事で詳しく書きましたが、マンキューソ氏は、自身が担当している英語の授業の最中に私やARICに対して悪質なデマや誹謗中傷を行なっていました。そしてこうしたデマ・誹謗中傷によって影響を受けたシンパの学生がTwitter上で我々ARIC側に対してデマや誹謗中傷の拡散を行なっていたのです。, さらにこれだけでは止まらず、マンキューソ氏に好意的な学生が匿名で流したデマがさらにネット上に拡散することで、それを元にさらにネトウヨがデマを流すという事態が生じています。, という大学の権威とインターネットを利用したフェイクニュースの拡散プロセスがあるのです。, こうした学生によるをデマ・誹謗には本当に困りました。それで私たちは、デマを流した匿名アカウントの学生が誰であるかを特定し、その学生が所属するゼミを特定しました。その指導教官に対して、ゼミの学生が同じ一橋大学の学生である私と学内サークルを誹謗するデマを流していることにたいして相談に乗ってほしいと連絡をしたのです。, しかしながら、その教員は会ってもくれなかったのです。自分は関係ない、という態度でした。同じ一橋大学の学生を明らかに誹謗しているのに、なんの対処もしてくれなかったのです。, そうこうしているうちにも、当該学生の匿名アカウントによる誹謗中傷は1000近いリツイートがなされ、無視できない実害を生んでいました。しかし一橋大学の教職員もこの問題に対して何もしてくれません。, そこでやむなく私たちはマンキューソ氏によるフェイクニュースに踊らされ、私とARICが暴力を振るったなどと名誉毀損した当時経済学部4年生の学生本人を刑事・民事で訴えるよりほかなくなりました。一橋大学の教員が学生にデマの流布をやめるよう教育的な指導を行っていたら、こんなことする必要がなかったのですが。, 弁護士にお願いし、提訴する旨の内容証明を送ってもらうまで、非常な時間と労力をかけるほかありませんでした。そしてようやく内容証明を送ってもらえたのが何とほぼ1年も経過した2018年8月。, こちらがデマを流した一橋大学経済学部4年生(当時)の学生に対して実際に内容証明郵便で弁護士を通じて送付した通知書の内容です(抜粋)。, 上のツイートの内容は、マンキューソ准教授が垂れ流したフェイクニュースの内容がうかがい知れるもので興味深い(処分によって1年も授業が停止したという事実に反するデマとか)のですが、いまは措いておきます。, さて、この通知が届くとどうなったか。当該学生(その時は一橋大学を卒業して某大手企業の新人社員として働いていました)は即座にツイートを削除してしまいました。いったい何だったのでしょうか?けっきょく自分が言っていることに自信もないのに、また事実かどうかも確認しないまま、私とARICを誹謗するツイートを匿名アカウントで、じつに一年ほども拡散し続けたわけです。なぜこんなことができたのでしょうか?それは①マンキューソ准教授という国立大学教員という権威と、②一橋大学の授業という権威こそが、根拠のないデマを学生に流布させたのです。(それに加え③無意識/意識的なレイシズムが背景にある), ところで本人からは、何の謝罪もありません。私梁英聖を彼はツイッター上でブロックしたうえ、マンキューソ准教授のツイートをリツイートし続けています。全く何の反省もないといえましょう。彼はいまも、一橋大学という権威を背景に某大手企業に就職し、2年目の社員として特権的な労働者として不自由なく暮らしていることでしょう。, 私たちは②を重視します。被害者から言わせてもらいますと加害者の「反省」などもはや聞きたくありません。とりあえず加害行為をやめてくれることが最優先であり、そのために必要なのは「理解」や「教養」などではなく、社会的な「抑止」―ということが、この事例からわかるのです。「抑止」としての反差別こそ(いいかえれば正義としての反差別が)、戦後日本社会には欠落してきたものだったのではないでしょうか。, これは一橋大学はじめ「リベラル」な教員の方々によくお考えいただきたいのです。従来の反差別教育で想定されていたのはおそらく学生の「良心」がうまく作用することを前提とするものであり、マイノリティ/マジョリティの相互理解によって差別はなくなる(だろう)というものです。しかし、いまやこの前提は通用しない、と考えたほうがよい。「理解」が通用するかどうかはともかくも、とりあえず加害行為をどう防ぐか、加害者を差別させないためにはどうするか、という問いを立てるべきです。「リベラル」であるはずの、また「エリート」であるはずの、「教養」があるはずの一橋大学の学生でさえ、このレベルなのですから。, つまり、法律以前の、一橋大学という一つの市民社会内の自治的な民主主義による差別抑止力が機能しなかった問題なのです。, (これこそじつはマリ・マツダらの『傷つける言葉』(いまARICの若手研究者が翻訳しています)が提起した問題でした), 結局、ほぼ1年間も時間と労力を費やして、たった3つのツイートしか削除させることができませんでした。しかしほぼ1年も1000ちかいリツイートによってジョン・マンキューソ准教授が流布したフェイクニュースは、SNSで私とARICを攻撃したり差別する極右やネット右翼によって、大いに利用されてきたのです。それは今でも変わりません。, もちろんこうした問題の中心は結局のところマンキューソ氏によるデマ・誹謗にあります。, しかしそれだけでもない。マンキューソ氏の手口に特徴的なこととしては、マンキューソ氏自身は自身のTwitterではあまり多くのことを呟かずに、むしろ学生が積極的にデマの拡散を行なっていたという点です。, というのも、自分はできるだけ授業内という閉鎖的な空間で私たちに対するデマや誹謗中傷の拡散を行なっておきながら、インターネットではむしろ学生に匿名でツイートさせ、それを自分のアカウントでリツイートするという形をとっていたのです。, デマの発信源は安全圏にいながら、それを大量に拡散して実害をもたらすのは学生であるという構図は、昨年問題となった弁護士不当懲戒請求事件を彷彿とさせます。というのも、不当懲戒請求事件でも、デマの発信源は懲戒請求を送らず、実際に大量の懲戒請求を送ったのはデマによって煽動された人たちでした。, ここまで悪質な、手の込んだフェイクニュース拡散の手口をマンキューソ准教授が駆使していることに、私たちは改めて驚愕します。, どうすればよいか。いうまでもなく、大学内において差別を禁止し明確に処罰するという基本をまずは行うべきです。教訓のところで書いた通り、じつは大学が厳しく差別に対処するということをやっていれば、この問題は十分防げるものだったのです。しかし差別とハラスメントの不処罰が続けば続くほど、ここに書いた通り、授業でフェイクニュースを垂れ流し、学生に匿名アカウントでそのフェイクニュースを拡散させ、自分がそれを根拠にフェイクニュースを拡大再生産させるという、うそのような酷いハラスメントが可能になるのです。, 冒頭でも紹介しましたが、8月3日に一橋大学で大学における差別・ハラスメントを考えるためのシンポジウムを行います。このシンポジウムは、公的機関における差別を禁止するために私たちがどう行動すべきかを考える上で貴重な機会になるかと思いますので、ぜひお越しください。, 一橋大学のジョン・マンキューソ准教授は、私梁英聖とARIC(反レイシズム情報センター)を、じつに2年半にわたってデマやハラスメントによって嫌がらせを続けております。

マンキューソ准教授の他のハラスメント マンキューソ准教授は、1991年以降28年間一橋大学で教えています(注4)。他にも複数の学生・元学生が、マンキューソ氏が教権を乱用していると証言しています。 1)白人至上主義への共感 著者:ジョン・F・マンキューソ エンターブレイン(2009-09-10) 販売元:Amazon.co.jp クチコミを見る 91年以降に一橋大学に在学していた方なら、おそらく、ジョン・F・マンキューソ先生(以下、マンキュー)のことはご存知だろう。 一橋大学最強(最凶?  取材を通して感じるのは、大学の対応の不透明さだ。意思決定方法など、取材を重ねても見えてこないことが多い。問題が市にまで届き、さまざまなメディアからの注目も集める今、こうした対応は学生・教職員の不安や疑念をあおるだけだろう。当事者に対して誠実な対応をし、問題対処能力を示すべきだ。もちろん、差別は許さないという姿勢はその大前提となるだろう。, 取材を通して感じるのは、大学の対応の不透明さだ。意思決定方法など、取材を重ねても見えてこないことが多い。問題が市にまで届き、さまざまなメディアからの注目も集める今、こうした対応は学生・教職員の不安や疑念をあおるだけだろう。当事者に対して誠実な対応をし、問題対処能力を示すべきだ。もちろん、差別は許さないという姿勢はその大前提となるだろう。.

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

【一橋大学マンクーソ事件】異常❗️学内治外法権バトルロワイヤル(差別ハラスメントOK)研究室❓ | ☆Dancing the Dream ☆, American Chamber of Commerce in Japan (ACCJ 在日米国商工会議所 ), 一橋大学は人種差別を繰り返したジョン・マンキューソ准教授を解雇し、第三者委員会を立ち上げて、二度と差別が起こらない教育環境を整えてください。.  現在問題となっているのが2019年8月にARICのFacebook上などで公開された音声データだ。19年5月7日と6月4日に准教授が言ったとされる、差別的な発言が録音されている。データは授業を録音した第三者から、提供を受けたものだと梁さんは主張。それを基に梁さんは大学に対して、准教授の解雇、第三者委員会を立ち上げて再発防止策を講じること、執行部と話し合う機会をつくることを要求した。また8月1日には国立市に対して人権救済を要請した。, 9月には音声データの調査を始めると対策委が両者に通知。准教授は、公開された音声データは授業開始前の私的な会話が録音されたものだと反発する。梁さんが録音しているかもしれないという疑惑を確かめるために、あえて挑発的な発言をしたという。それ以前から教室に隠された持ち主不明のボイスレコーダーが3回見つかっていた。この件について、当該授業を履修していた6人の学生全員が「授業内でそのような発言はなかった」という旨の証言を、准教授の依頼により作成している。, 問題について梁さんは「たとえ准教授の言う通り私的な会話であったとしても、大学の教室という公的空間で許される発言ではない」と話した。その一方で准教授は「録音の恐怖から授業の履修をあきらめた学生もいる。教室は安全な場ではなくなった」と話した。, 不透明な大学の対応



ほんま でっか キンプリ 動画 14, 水 体積変化 圧力 4, インスタ グラマー 募集 ファッション 8, ゴールデンタイム リンダ やなっさん 8, ドラクエ10 廃人 基準 25, やち クロ 漫画 4, 創成館 野球 結果 4, 石川テレビ アナウンサー 歴代 11, ペンギン フリッパー 役割 16, 子持ち パート 休む 9, アヴィラ ステージ 裁判 6, 東大 出身 力士 18, 日報 テンプレート Pdf 5, Bmw クーラント 交換時期 4, アシタカ セリフ 我が名は 4, シャドバ アミュレット 一覧 8, 創作 お題 一覧 6, 生田絵梨花 写真集 Pdf 18, デュピクセント 自己注射 費用 12, ヨーグルト 加熱 分離 40, 別の人の彼女になったよ 歌詞 英語 4, ポケモン 四天王 Bgmランキング 59, Ip Camera 日本語 10, 彫りが深い 芸能人 女 36, 遅咲きのひまわり 7話 動画 10, 友 漢字 何年生 6, Vコア 98 黒 15, 簡単 からあげ 油少なめ 5, ジャニーズ ウェブ アドレス変更 16, 銀魂 武市 死亡 10, 既婚者 本気の恋 離婚 16, 1985年 中学 偏差値 45, チリヌルヲワカ ノンフィクション 歌詞 8, 若月 オリックス 嫁 13, 水槽 ネット 蓋 8, Allegro Risoluto 意味 音楽 20, 本 課 とは 21, トヨタ 改善提案 報奨金 16, Mhxx 片手剣 スキル 4, マイクラ 襲撃 終わらない バグ 9, ノッチ 嫁 かわいい 12, 体育会tv 弓道 やらせ 12, ゴルフ中継 ネット 無料 4, 無印 ニットtシャツ コーデ 9, ベルマーレ セレクション 2021 6, ハラスメント セミナー 無料 6, 京本大我 愛用 香水 8,