そして普段フレーム内に収まっている時には、トリガーバーの切り離した処をセロテーブ等で留めおけば良いのです。

最近では結構マイナーなエアガンも販売しているけどな。, こめんとありがとうございます。そうですね、ここ何年かの間に韓国製のエアコッキングガンはよく見るようになりました。中でもトイスター製のガバメントはスライド・フレームともに一体型というある種マルイのものより優れた面はあったもののマガジンが異様に太かったり、内部パーツのスペアパーツ

100円均一の畜光シールをカットしてナイトサイト化

スライドとの高さがツライチになるまでまで各部分, 蓄光シールでナイトサイト風にカスタム フレーム内側のトリガーバー用レール溝の後端は、直角に成っていますね。 (分解時にトリガーバーがフレームを押し広げる様にして引き抜かれる為), 細かい事は省きますが、御貴殿ならば見当が点くはず。 そこで考えたのがガスブローバックのトリガーバーを使う案です。パーツはすでに手に入れてあり、エアコキのマガジンも問題なく通ったのでおそらくいけるはずと構想しておりましたが元のパーツのままでも可能だったとは通りすがりさんには恐れ入ります 当方の場合は、左右のフレームを接着してしまったのですが、

の確保が難しかったり(韓国製エアガンは負荷が掛かるエアポンプ・ピストンが何故か硬質の透明樹脂で成形されていることが多くて破損率が高そうです)と気になる点があったので見送っていました トリガーに比べるとハンマーの方が加工が面倒です | もっともっとエアコッキング ~M92F編~ », ご無沙汰しております。早いものでもう12月。もう1年が終わってしまいますねここしばらく本業の方が忙しかったのでブログ更新できずにいましたが少し余裕ができたので再開していきます, ブログの更新はしていないもののエアガン関連のネタはいろいろやっておりましたので、今月のうちに可能な限り放出していこうかと思っております。, このガバメントはマルイのコッキングガンでもHG版で販売されたもの。HGシリーズは先に紹介したM92F・USPも含めて作りの良さは素晴らしいの一言ガバメントも例に漏れず、それに加えてトリガーの引きが軽く非常に撃ち易いM92Fでも相当トリガーが軽かったのですがガバメントもそれと同等かそれ以上に軽いです。今までガバメントのコッキングガンはほとんど触れたことがなかったのですがマルイのガバメントはまさに, 逸品ですねただフロントサイトが小さく、またホップアップがよく効いているので狙点よりも弾道が上がってしまうというクセがあるので撃つときには注意が必要です。(フロントサイトについてはモデルのベースがM1911A1、通称ミリガバなのでその仕様が忠実に再現されている訳ですが), そのままでも素晴らしいガバメントですがやはりアレが出来るかどうか気になります。そうスライドストップによるホールドオープンです。実際にコッキングした時のスライド後退量を見ると・・・あららスライドの切り欠きまで少しばかり足りないようです。USPの時は余裕でスライドストップに届いていたので問題無かったのですがガバメントでは届かないこの「8mmの壁」を越える必要がありますね。, ・・・・画像は元のガバメントからずいぶん変貌してますがそこは後述するとして、一応8mmの壁は越えることが出来ました。, ちゃんと残弾0でスライドストップが掛かります。8mmを詰めるためにスライド内部からバレル基部、フレームにいたるまでいろいろと手を加えることになって地味に大変でした, まずはスライド内部。ここでエアポンプの移動量を増やしてやる必要があります。ポンプが接する側面を8mm削り移動面を確保した後、エアポンプの上部についているストッパーが通れるようにスライドに切り欠きを作ってあげます。この加工によって画像のような位置にまでポンプが移動できればOKです。最初はポンプのストッパーを削って位置を下げたものを新造しようかと思いましたがここはコッキングするたびに移動して衝撃を受ける箇所なので強度不足になるとマズイのでポンプ自体は純正そのままにしています。, 次にバレル基部。ここもそのままでは8mmが詰まらないので加工が必要になります。本来、スプリングガイドの周りまでバレル基部のプラが覆っているのですがスプリングガイドの根元近くまでカット。そしてスプリングが収まっているプラグ部分も保持パーツスレスレまで削り込みます。これでようやくバレルとスライドにあった8mmの壁が無くなるのです。ただバレル基部がジュラコン、ブッシング+プラグ一体化のパーツが金属とやや加工しずらい素材なのでちょっと面倒です, そして最後がフレーム。スライドの内部加工が出来てもここがそのままではスライドが8mm分下がりません。そこでバレル基部と噛み合う突起をまるまる削除してしまいます。スライドストップのピンだけでも十分支えられるのでここは無くても大丈夫だと思います。, スライド後退量の問題は解決しましたがもう1つ重要な箇所がスライドストップ。フレームとマガジンのスペースが思ったよりも狭いのでスライドストップ自体にあまり追加パーツを施せる余裕がないため、フレーム内部にスライドストップを上げるための「中継パーツ」を追加してあります。中継パーツが間に入ることでマガジンのリップ部分が中継パーツを押し上げ、スライドストップも連動して持ち上がります。, マガジンはM92Fと同様のU字型の給弾ルートを持っていて薄型ながら25発も装填できる優れものですが今回はリップの形状の問題でU字給弾ルートが活用できず、12発減の13発仕様になってしまいました, M92FやUSPみたいなダブルカラアムタイプなら問題無かったのですがガバメントのシングルスタックのマガジンではちょっと無理があったようです。ま、まぁ、実銃では装弾数が7発なのでその2倍に相当する弾数なので多いといえば多い・・・・ですよね, なのですが、後者が主な理由で前者がそのついでみたいなものです。マルイのエアコッキングガン、特にHGシリーズはどれも素晴らしい出来なのですがフレームだけは張り合わせが多いコッキングしているうちに接続ピンが緩んで開いてきてしまうのが残念なところです。その対策としてフレーム前部にはアンダーマウントを、フレーム後部にはラバー風グリップを取り付けてみました。, アンダーマウントはマルイのガスブローバックガンで出ているフォリッジウォーリアというガバメントのカスタムモデルのパーツを使用。若干フレームの形状が違うものの寸法自体は合っているので取り付けが可能でした。六角ネジで締める仕様なのでフレームの開き対策にはもってこいです, フロント・リアサイトも変更してあり、リアサイトは電動ブローバックのコンバットデルタから借用してフロントサイトはABS板を張り合わせて加工しています。, ノーマルよりもフロントサイトが大型化したので狙いが付けやすくなって良くなりましたそれぞれホワイトドットを入れるとなお扱いやすくなりそうな気がします。, グリップは本物のラバーグリップを使う手もありましたが後々フレームに癒着するのが怖いし、ラバーが劣化して切れたりするのも嫌なのでこれもマルイのガスブローバックガンのMEUピストルに付いているラバー風のプラグリップを使用しています。, 実銃においてもこのようなデザインのラバーグリップがありパックマイヤー社のものが有名です。メダリオンなど微妙に違うのですがマルイのグリップは上手くアレンジしてあります。デザイン上、ちょうど隙間が開くフレームのところを覆ってくれるので助かりま, でもエアコッキングの方に使おうとするとちょっと加工の必要があります。グリップとフレームとのネジ穴の位置が合わないのです。そこでアンダーマウントを入手した時に一緒についてきたフォリッジウォーリアのフレームにあったネジ受けをそのままエアコッキングに移植してやりました。これでガスブローバックガンのグリップスクリューもそのまま流用できます。あとエアコッキングでは機能しないプランジャー部分もガスブローバックガンから流用して取り付けています。ただしこれを使うためにはエアコッキングのフレームに溝を掘ってやる必要あり。フレーム自体に肉厚があるので強度面では問題は無いものの、彫るちょっと面倒です・・・プランジャーを機能させるのにはちょっとした理由があるのですがそれは後ほど。, グリップセーフティーとスプリングハウジングも今風のカスタムパーツ風にしてあります。グリップセーフティーはエアコッキングのものにABS板を貼り付けて切削して形出ししたもの。コッキングしたハンマーを覆うビーバーテイル型です。, スプリングハウジングは他のパーツよろしくガスブローバックガンから流用したものでこちらはマルイのハイキャパ5.1のパーツです。, ウォーリアシリーズやMEUピストルのパーツも良かったのですがこちらは金属製なので加工しやすい樹脂製のハイキャパ5.1を選択しています。チェッカリングが入っているところ以外、ABS板を貼り付けてエアコッキングのフレームに合うように加工しています。ノーマルでは出っ張っているデザインでしたがストレートタイプなので今回グリップでやや厚みが増していても非常に握りやすくなっています。こうやって実際にパーツを変えてみると合理的に考えられたデザインなんだなぁーと感心します, サムセーフティ、スライドストップも実は自作しています。エアコッキングガンのこれらのパーツはジュラコンで出来ており、強度的には問題ないのですが削るのは何とかなりますが接着が出来ないので, 加工するには厄介な素材です。なので今回は思い切ってABS板の積層などで作り上げました。パテで作ることも可能ですが今までの経験上、パテよりもABS樹脂の方が強度があるという考えに至ったので負荷が掛かりそうなところは極力、ABS板を加工して作るようにしています。形状はこちらも今風のカスタムパーツの感じに指掛けがしやすいものにしてあります。スライドストップにはプランジャーと連動した仕掛けがありまして、それは「脱落防止」です。プランジャーにはスライドストップとサムセーフティに誤発動しないためにスプリング圧でテンションを掛けている役割がある訳ですが今回のものはスライドストップにプランジャーのピンに当たる”返し”を付けてスライドストップが抜け落ちない構造にしてあります。マルイのガバメントタイプのガスブローバックガンに採用されている仕組みで実銃とは違うものの、スライドストップを保持できる仕組みは素晴らしいので応用させていただきました, 今まで何かしらゲームなど「原作」ありきでいじっていた事がほとんどなのでこういう自分好みのカスタムというのもなんだか新鮮な感じがしましたね。, 韓国のアカデミーでもガバメント出ていたな。エアコッキングガンで(性能は?だけど) 直前にライトで畜光させれば夜間でも十分に狙える (ウェブ上には掲載しません).

基本的にパーツ流用よりも自作がメインとなるのでちょっとハードルが高いかも・・・。, ご回答ありがとうございました。かなり難しいそうですね… ガバメントHG(18HOP)↑ H&K USP HG(18HOP)↓, バレルASSYの取り外し、組み付けがし易くなる。 (3) マガジンキャッチロックの取付け

(4) フレーム内側左右のトリガーバー用溝の後端部分を斜めに削る 海外製のエアガンも国内に無い機種があって大変魅力的なのですが予備が確保しづらいのが厄介です。その点、マルイの製品は流通しているものも多くて新品であれオークションのジャンク品であれいつでも気軽に入手できるのはいいですね。 断念しない程度にカスタムを楽しんで見たいと思います‼, 実は当方も同じ事を行いました。

かと言って溝をそのまま延長すれば、フレーム外側まで突き抜けて少々みっともない。 左2列交換前で通常ホップ, 期待が外れたのでUSPにアルミバレルを組んでみた (ロック自体はモデルガン等からの流用) (尤も、そう分解する必要性は有りませんが。) 弾速計が無いので石粉粘土に撃ってみます 試射の結果飛距離が伸びました。. エアコキガバメントのカスタム大変興味があります。 2~3質問がありまして書き込みさせていただきました。 ハンマー及びトリガーも変更されておられるようですが、具体的に何のパーツを流用されました … スライドには金属の補強が入っており, エアコキガバメントのバレルブッシング ブログ内でも扱ったM8000クーガーでフレームの一体化に可能性を感じて以降、ガバでもいけるんじゃないかと考察していました。確かにハンマーやシアに関してはフレームの外からのピン留めで対処できそうでしたが自分にとって最大の悩み所がトリガーバーの厚みでした。本来であればグリップセーフティーを外したらそこから取り出せるはずなんですがエアコキガバの場合、それができないですよね。単純に取り出しが出来るようにするならバーの収まる溝を広げていけばいいんですがそうするとグリップセーフティーの幅からはみ出して外観を損ねてしまう

そこで次の四つの加工も施しました。, (1) ハンマーピンの新造 そこで考えた方法が有ります、まだ試した訳では有りませんが。, 金属製のトリガーバーの後端部・・・シアーを押す部分の丁度真ん中を縦に、ピラニアソー等で細く切り離します。 改造ベースに使うにはもってこいです, 古い記事へのコメントお許しください。エアコキガバメントのカスタム大変興味があります。2~3質問がありまして書き込みさせていただきました。ハンマー及びトリガーも変更されておられるようですが、具体的に何のパーツを流用されましたか?また加工は必要ですか?よろしければご教授ください。宜しくお願いします。, コメントありがとうございます。今よく見返してみたらトリガーとハンマーを改修した事を書き忘れていましたね・・・

エアコキガバメントフレームの分解, スプリングの位置に注意する 左右のフレームを接着しても大丈夫です。 それでも作動に問題無いと思います。 単純に接着したのでは、ハンマー・シアー・トリガー等の内部部品が分解出来ません。 このままでは左右モナカのフレームを開かない限り、トリガー&バーは取り出せません。 因って妥協策として斜めに削った訳です。, しかしこれでは左右接着したフレームからトリガーバーを引き抜く時に、無理矢理押し広げてフレームが少し歪みます。(まあ大した事は無いのですかね) 長年愛用して来たエアコキハンドガン(東京マルイ製 m1911a1 ガバメント)の、分解&リフレッシュを記事としてアップして行こうと思います♪ (望まれて無くても書くのが漢) この部品は全く分解する必要が無いので、そのまま間にはさみ込んで、 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 只、フレームの開き対策だけが違うのです。 マルイのエアコキのコルトガバメントは18歳以上用では2種類ある。ノンホップ、割り箸マガジンの[1,900円(税別)]と、今回紹介する固定ホップアップ付き、フルサイズマガジン仕様のハイグレード[3,500円(税別)]だ。 東京マルイのエアコキハンドガンシリーズの中でも、傑作モデルとも言えるのが「コルト ガバメント」。 全体的な質感の良さや、ハンマーやサムセーフティなどのライブ動作、フルサイズのマガジンなど、価格以上に作り込まれたモデルとなっています。 分解組立時にはテープを剥がして、トリガーバーの切り離し部分を互い違いにて、左右幅を縮めてフレーム内に出し入れすると云う方法です。, メールアドレス: マルイエアコキガバメント改造 分解 エアコキガバメントをカスタムしていきます ガバメントhg(18hop)↑ h&k usp hg(18hop)↓ エアコキh… この記事へのトラックバック一覧です: もっともっとエアコッキング ~ガバメント編~. 使用した蓄光シールは100円でも予想以上に光る, 試射

« 炎熱のワンフェス2014夏。 | その上で前コメの加工を施して有ったとしても、内部部品は問題無く取り出せますよ。, おお!すでにガバのフレーム一体化に挑んでいたとは驚愕です エアコキガバメントをカスタムしていきます リーズ'70, 東京マルイ ガスガン M.E.U.ピストル, 東京マルイ ガスガン ナイトウォーリア, 東京マルイ デザートウォーリア, クラウンモデル エアガン ボディガード380, レトロGUN 東京マルイ ルガー P-08, エアガンのレビュー「ハイパー道楽」トップ. 使っているABS板ですが東急ハンズで購入したもので厚みの種類もあるのでオススメです。 暗闇で光るUSPナイトサイト トップページ 次にハンマーですがこれはジュラコンというちょっと加工には向かないプラ素材なのでまずハンマー自体を削って最低限形を残し、外側からABS板を貼り付けて包み込んておいてから形を形成していきます。 (2) シアーピンの新造 当方が施したフレームの開き対策加工の(4)に関して。 今回は製作に関して貴重なご意見をいただき感謝の限りです, 仰る通りです。

まずトリガーですがこれはABS板を積層して削り出しています。元のトリガーも素材がプラなのでコレを使って加工するのも手です。 ばねの突起をハンマーに刺してばねを利かせておく, バレルカバーを外し長穴部分を削りリフト量を増やす 上記の加工を施せば、フレーム左右を接着しても内部部品は、実物同様に取り出せますよ。, エアポンプのピストンスプリング(メインスプリング)の圧縮力を受ける、鉄製のL字型部品ですが、



スマブラ フシギソウ 復帰 37, 高卒 じゃ ないと取れない資格 7, At Any Time 意味 4, 水戸黄門 弥七 歴代 7, Bsフジ ドラマ 恋仲 20, 医療用語 ウロ ギネ 10, Ark 原油 クリスタルアイルズ 47, 日本人形 怖い 画像 7, はがき 比率 Iphone 6, 台湾 肉まん 作り方 4, ユリシーズジャンヌ ネタバレ 6巻 6, 自分 を整える 英語 18, あちこちオードリー 動画 東野 16, Ff14 英語 勉強 15, ケンタッキー 温め直し グリル 22, 数字 語呂合わせ 4桁 29, 鬼 滅 の刃 主 4, 会社名 英語表記 大文字 小文字 11, Ark サーバー 応答がありません 5, ボウリング サムホール ヤスリ 27, リモート ゲーム 子ども 17, 目配り 気配り 心配り を 心がける 16,