イージーな乗り味やメットインで人気のホンダNC750シリーズと、車体設計を共有する新感覚クロスオーバーのX-ADVがフルチェンジを果たすと予想する。やはりこれらも現行型がユーロ4対応。'21年のユー... 私が最後に試乗したヤマハTMAXは'13年モデルで、この年に排気量が499ccから530ccへと拡大されている。当時、ABSのない仕様で税込100万円をギリギリ下回っていたが、今回試乗した’20年型... 快適で安心感のある走りはスクーター界の“グランツーリスモ” モーターサイクル的な車体構成と大排気量ユニットを持つスポーティなスクーター群。メインストリームはSS風のオンロード系だ。これに切り込んだ新機軸のアドベンチャースクーター、X-ADVがヒットを飛ばし、SS系の牙城を崩しているのが現状だ。これに3輪モデルや電動といったトレンドが入り込みつつある。次の主流になるのは果たして?, ’01年の発売以来、当クラスの代表格に君臨しているのがTMAX530だ。一般的なスクーターは、エンジンと駆動系を一体化したユニットスイング式だが、TMAXは通常のモーターサイクルと同様、エンジンをフレームに搭載したスイングアーム式を採用。フロントフォークも上下ブラケットで固定した高剛性タイプで、「スクーターの皮を被ったスーパースポーツ」として大ヒットを記録した。幾度かのモデルチェンジを経ながら長らくTMAXの牙城は崩れなかったが、’12年にBMWが送り込んだC650シリーズが健闘を見せている。, ’19最新潮流・王者TMAXとX-ADVのガチンコ対決が続く・新たな3輪や電動車の市販版が発表か?, 勢力図が変わったのは’17年。車体構成はスポーツ系と同様ながら、「アドベンチャー」というコンセプトを注入したX-ADVが登場。瞬く間に欧州でヒットし、国内でも昨年の大型スクータークラスで販売台数1位を記録した。以降フォロワーもなく、TMAXらスポーツ軍団に対し、孤軍奮闘している。, ’19年は今のところ大きな動きはないが、昨秋のショーで多数のコンセプトモデルが出品。キムコの3輪=CV3、プジョーの電動3輪、スイスのクアドロビークルスによるオフロード電動4輪など、「2輪+α」「電動」「クロスオーバー」が今後のカギになりそうだ。, スクーターの利便性に、高級SUVの外観とオフロードを意識した本格装備を融合し、’17でデビュー。ベースはNC750系のインテグラだが、チューブラースチールフレームは専用品となる。F17&R15インチのスポークホイールをはじめ、ロングストローク設定のφ41mm倒立フォーク+プロリンクモノサス、アフリカツイン譲りのラジアル4ポットキャリパーにダブルディスクなど足まわりは超豪華だ。セミオートマのDCTが標準で、場所を問わずイージーに駆け回れるのも美点。’19年モデルでは標準装備のETC車載器を2.0にバージョンアップし、新色を追加した。, 初代’01年モデル以来、進化を重ね、現行型は’17年登場の6代目となる。独自のバランサーを備えた360度クランクの並列2気筒は、滑らかなパワーが自慢。さらに電制スロットルや2種類の走行モード、オンオフ可能なトラコンと電脳が豊富だ。軽量アルミフレームの車体に、倒立+ラジアルキャリパーの脚も鋭い走りに貢献する。国内で標準のSXは’19年モデルで新色の艶消し青を追加。オートクルーズや電動スクリーンなどを備えるDXには艶消しグレーを設定した。, ’12年に登場した同社初のスクーターは、プレミアムな外観と走りが特徴だ。チェーン駆動の270度クランク並列ツインは、60psのハイパワーを発生し、トラコンも備える。特に運動性能が高いのは「スポーツ」で、若干前傾するライポジと軽い車重で峠道も楽しい。一方「GT」は大型カウルと電動シールドなどを備えた安楽ツアラー仕様。2輪初のサイドビューアシストも備える。’19年モデルではスポーツにレーシーなHPカラー、GTに特別色の茶色を用意。, C650ベースの車体に、最新バッテリーと高出力モーターを備えた電動車で、TMAX超えの48psを発生。さらに瞬時に最大トルクを発生するモーターの特性により0→50km/h加速は2.8秒と圧巻。現行制度では軽2輪(250cc)の扱いになり、大型相当のマシンに普通2輪免許で乗れる!, キムコ渾身のスポーツモデルで、270度クランクの550ccパラレルツインをアルミフレーム+φ41mm倒立フォークの車体に搭載。深いバンク角と鋭いハンドリングは、クラス随一だ。’19年モデルでは同社の55周年を祝う特別仕様「55th」が登場。オーリンズ製サスペンションやアクラボヴィッチ製マフラーなどを奢る。, ’17年のミラノで公開されたキムコ初の3 輪スクーターコンセプト。AK550をフロント2輪化し、必要に応じて装着可能なルーフやパニアケースなど様々なオプションを用意。フロントフォークはトリシティと同様の内側配置で、電子ロックによりボタンを押すだけで自立できる。発売時期は未定だが、登場が待たれる。, スクーター最大の839ccを誇るモンスター。電子制御式CVTにチェーン駆動を組み合わせた90度Vツインを堅牢なスチールダブルクレードルフレームに搭載する。RSV4譲りの顔や、ブレンボキャリパー、2モード+オフのトラコンなど、随所に同社らしいレースDNAが息づく。, 帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。 MVアグスタ創立75周年記念の限定モデル「スーパーベローチェ75アニバサリオ」が登場. All rights reserved.

ホンダのビッグスクーターに興味がある方に、現在発売されているホンダの新型ビッグスクーターを紹介します。燃費や価格などの基本情報から、ビッグスクーターの評価まであらゆる情報をまとめてみました。ホンダのビッグスクーターがほしいという方はぜひご覧ください! TMAX530/ヤマハなどの大型バイク(〜750cc)のビッグスクーターの新車・中古バイクが名前、メーカー、人気ランキング等から探せます。お問い合わせして成約すれば、ウェビックで1ポイント1円としてパーツや用品購入に使えるポイントを車両本体価格の1%、最大15,000円分プレゼント中!

藤原竜也 富山 撮影 13, ブラッディマンデイ2 1話 デイリーモーション 15, 韓国 気象庁 台風 8, 田んぼ ミジンコ 種類 23, 徳島ヴォルティス ツイッター も も 5, 昼めし旅 ナレーション 渡部陽一 6, Godzilla ゴジラ 動画 11, 装動 ゼロワン Ai 08 6, あそび あそばせ 副会長 4, ブリーチ チャド 死亡 18, スクワット 効果 男 46, ダンロップ ツーリングテント R327 4, 看護師 副業 ガールズバー 4, アイドル コール なぜ 14, チャンピックス 通販 最安値 13, 和風 柵 あつ森 6, エアガン マンターゲット 印刷 28, 彼氏 態度 急変 10, 東大 出身 力士 18, 細マッチョ 筋トレ メニュー 37, 指 切断 牛乳 6, ダウンタウン マネージャー 織田 5,