※外国籍選手は国籍

公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) J.LEAGUE Inc. PIA Corporation.ALL RIGHTS RESERVED. 本サイト(Jリーグ.jp[日本プロサッカーリーグ])で使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。© クリスティアーノ・ダ・シウヴァ(Cristiano da Silva、1987年1月12日 - )は、ブラジル・パラナ州カンポ・モウロン(ポルトガル語版)出身のサッカー選手。Jリーグ・柏レイソル所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。, ADAP/ガロ・マリンガFC(ポルトガル語版)の下部組織出身。2005年にコリチーバFCとプロ契約を結んだ後、ECジュベントゥージなど国内7つのクラブでプレーした。, 2012年1月、レッドブル・ザルツブルクのトライアルに合格し、移籍金100万ユーロ(約1億円)の3年半契約で入団[1]。移籍初年度から背番号「10」を背負い、オーストリア・ブンデスリーガとオーストリア・カップの2冠獲得に貢献した。, 2012-2013シーズンはラルフ・ラングニック新スポーツディレクターとロガー・シュミット新監督の構想から外れ、リーグ開幕後にセカンドチームのFCリーフェリングへ放出されたが、選手登録の期限を過ぎていたためオーストリア・ブンデスリーガのリーグ機構が移籍を認めず、同様の境遇にあったアラン、ラスムス・リンドグレンら4人のチームメイトと共に長期の出場停止処分を受けた[2][3]。, 2013年、J2・栃木SCに期限付き移籍[4]。リーグ戦40試合に出場し、得点ランキング4位タイの16ゴールを記録した。, 2014年、J1・ヴァンフォーレ甲府に完全移籍[5]。チームの守備的な戦術に適応できず[6][7]、リーグ戦は5得点に終わったが、ヤマザキナビスコカップでは予選リーグ5試合で6ゴールを記録して得点王に輝いた。, 2015年、J1・柏レイソルに期限付き移籍[8]。8月16日の2ndステージ第7節で、首位のサンフレッチェ広島を相手に来日後初のハットトリックを達成した[9][10]。同年はリーグ戦全試合に出場して得点ランキング5位の14得点を挙げ、Jリーグ優秀選手賞を受賞[11][12]。12月26日の第95回天皇杯準々決勝ベガルタ仙台戦では直接フリーキックのみでハットトリックを達成し、レアル・マドリード贔屓で知られるスペイン紙『マルカ』でも“本家”のクリスティアーノ・ロナウドになぞらえてその活躍が報じられ、「リオネル・メッシでも達成したことのない偉業を成し遂げた」と賛辞を送られた[13][14]。, 翌シーズンも柏に残留する意向を示していたが[15]、高額な移籍金がネックとなりクラブ側が獲得を断念し[16][17]、2016年1月5日、期限付き移籍期間満了に伴い退団することが発表された[18]。, 2016年1月10日、ヴァンフォーレ甲府に復帰することが決定[19]。リーグ開幕節のヴィッセル神戸戦では早速2得点を挙げ、クラブ史上初のJ1開幕戦勝利に貢献した[20]。その後も1stステージ全17試合に出場し、チームトップの7得点を記録した。, 2016年6月22日、2ndステージから前年に在籍した柏レイソルへ完全移籍することが発表された[21]。7月23日の2ndステージ第5節ガンバ大阪戦ではクラブのJ1通算1,000ゴール目を決め[22]、来日後自身3度目のハットトリックを達成した[23][24]。2ndステージでは9得点を挙げ、1stステージの甲府在籍時と合わせてシーズン通算16得点を記録。得点ランキング3位に輝き、2年連続でJリーグ優秀選手賞を受賞した[25]。, 2017年4月22日、第8節の横浜F・マリノス戦において1得点を決めて連勝に貢献した。10月25日、天皇杯準々決勝の川崎フロンターレ戦では自身の得点で勝利して準決勝進出に貢献した[26]。, 2019年、自身6年振りのJ2でのプレーとなった。7月には月間5試合にフル出場し、3得点3アシストの結果を残したことが評価され月間MVPを受賞 [27]。8月には第29節・FC岐阜戦の前半7分に記録したロングシュートでの得点が月間ベストゴールに選出された[28]。最終節・京都サンガF.C.戦でハットトリックを達成するなど[29]、19得点18アシストを記録し柏のJ2優勝に貢献した。, “Ein Neuer beim Salzburger Trainingsauf­takt”, http://kurier.at/sport/fussball/ein-neuer-beim-salzburger-trainingsauftakt/754.199, http://www.eurosport.com/football/international-football/2010/salzburg-banish-five_sto3423480/story.shtml, http://sportnet.at/home/fussball/bundesliga/1323044/Salzburg_Cristiano-geht-nach-Japan, http://www.tochigisc.jp/news/article/00004124.html, http://www.ventforet.co.jp/information/press/2014017.html, “甲府時代のチームメート土屋征夫の復活を喜びつつ、“土屋越え”を誓うクリスティアーノ”, http://blog.reysol.co.jp/news/2015/013246.html, “2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第7節 クリスティアーノ選手(柏)ハットトリック達成”, http://www.jleague.jp/release/post-37528/, http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=10854, http://www.jleague.jp/release/post-40356/, http://blog.reysol.co.jp/news/2015/014128.html, http://www.nikkansports.com/soccer/news/1584448.html, http://www.soccer-king.jp/news/japan/emperorcup/20151228/383618.html, http://www.nikkansports.com/soccer/news/1583858.html, http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20151226-OHT1T50248.html, http://blog.reysol.co.jp/news/2016/014209.html, http://www.ventforet.jp/news/press_release/510516, http://www.nikkansports.com/soccer/news/1609840.html, http://blog.reysol.co.jp/news/2016/014756.html, http://web.gekisaka.jp/news/detail/?194570-194570-fl, http://blog.reysol.co.jp/news/2016/015171.html, J2受賞者 柏レイソル FW9クリスティアーノ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, J2受賞者 柏レイソル FW9クリスティアーノ:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰, “柏がJ最多の1試合13得点 オルンガはJ新の8ゴール 左足3、右足2、頭2、背中1得点”, https://hochi.news/articles/20191124-OHT1T50163.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=クリスティアーノ・ダ・シウヴァ&oldid=79245844.

クリスティアーノ・ダ・シウヴァ(Cristiano da Silva、1987年 1月12日 - )は、ブラジル・パラナ州 カンポ・モウロン (ポルトガル語版) 出身のサッカー選手。 Jリーグ・柏レイソル所属。 ポジションはミッドフィールダー、フォワード

柏・クリスティアーノ、18年12月以来のj1復活2ゴールで4試合ぶり白星 ルヴァン杯前哨戦に勝利 28日=味スタ(6632人) Jリーグ30節が行われ、11月7日に行われるJリーグカップ戦「ルヴァン杯」(国立競技場)前哨戦ともいえるFC東京と柏が対戦した。

(ホームグロウン制度とは), マルシリオ ディアス/ブラジル-リオ クラーロ/ブラジル-メトロポリターノ/ブラジル-シャペコエンセ/ブラジル-メトロポリターノ/ブラジル-ジュベントゥージ/ブラジル-ザルツブルグ/オーストリア-栃木SC-ヴァンフォーレ甲府-柏レイソル-ヴァンフォーレ甲府, ※1:トラップやパス、クリアなどのボールタッチアクション回数を出場試合数で割った数値になります HomeGrown=ホームグロウン選手 無傷の秋田は1年でのJ2復帰に望みをつなぐ … ※2:PA内へのスルーパス成功+PA内からのクロス成功+ラストパスの合計値を出場試合数で割った数値になります, 明治安田生命J1リーグ 第28節2020年11月21日(土)16:00 Kick off, 讃岐に競り勝った長野が2位の座を死守! 3発快勝の沼津は2連勝で11位に浮上【サマリー:明治安田J3 第27節】.

お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, 柏レイソルのネルシーニョ監督(70)が26日、29日の鹿島戦に向けオンライン取材に応じ、離脱中のFWクリスティアーノの復帰が近いことを明かした。, クリスティアーノは7月のリーグ再開後から欠場が続いているが、指揮官は「回復は良好で徐々にピッチでトレーニングを開始している。ほぼほぼ最終段階と聞いている。そろそろ、彼が現場に復帰する日は近いと報告を受けている」と現状を説明。その上で「経験豊富なクオリティーが高い選手で。今、彼のような選手はチームにとって必要。少しでも早く現場復帰を私としても願っています」と期待を寄せた。, リーグ戦は3分の1を消化した。再開後は3連敗と足踏みしたが、その後は巻き返し勝ち点20で5位につけている。ネルシーニョ監督は「上位戦線が厳しくなるが十分に戦っていける状態にある」と前向きにとらえた。次節の鹿島は13位と勝ち点を伸ばせていないが、ネルシーニョ監督は「90分通してゲームの流れをうまくコントロールできるチーム。注意して入らないと足元をすくわれることが起こり得る。非常に経験豊富な選手そろっていて若手の起用も目立っている。決して油断できる相手ではない」と警戒していた。, (C)2020,Nikkan Sports News. クリスティアーノ; ... ュベントゥージ/ブラジル-ザルツブルグ/オーストリア-栃木SC-ヴァンフォーレ甲府-柏レイソル-ヴァンフォーレ甲府 ... 2020/11/12(木) 16:45. nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. 柏レイソルのネルシーニョ監督(70)が26日、29日の鹿島戦に向けオンライン取材に応じ、離脱中のfwクリスティアーノの復帰が近いことを明かした。



ゆりやん 目 やり方 15, ビューティー こく ぶ チャンネル 20, 愛の不時着 最終回 スイス 8, 振り返れば奴がいる 最終回 なぜ 7, ルパン三世 グッバイ パートナー Kissanime 10, 逃亡 逃走 違い 4, ジャパネット エアコン取り付け 時間 35, 戦国自衛隊 ロケ地 寺 6, Fm横浜 メール 送り方 11, Abema Firefox 見れない 11, 豪 栄 道 結婚式 56, 日 商 プログラミング 検定 Python Standard 4, Cb250r 人気 無い 7, Netflix ジブリ 見方 22, ジェスター 歌詞 ふりがな 付き 24, かくしごと 小さな日々 歌詞 4, 大田泰示 なんj イケメン 26, 生活保護 夫婦 片方 6, 蓮舫 息子 ラグビー 10, ナイン 韓国ドラマ 放送予定 11, グラブル コスモス刀 土 10, Fbs 出金条件 ボーナス 6, エネオス Cm 隣の 主婦は誰 8, Hello ライラック 歌詞 12, Kpop ダンススクール 神奈川 6, エキサイター 宝塚 2009 13, おそ松さん 高橋のぞみ 佐野 29, うたかた の夏 中国ドラマ 最終回 15, 未解決の女 警視庁 文書捜査官 緋色 のシグナル 4, 福井県 コロナウイルス 爆砕 10, 静かな Bgm 夏の癒し 6, 中村ゆりか 池田エライザ 百合 6, 愛の讃歌 楽譜 無料 7, Paypal ログインできない 乗っ取り 5,