・おどろかす、おどろく、いらふ、念ず、わびし、ずちなし 3)【W】「おどろかす、おどろく、念ず」を辞書で調べる。 ・現代語にもあるが、意味が違う。 ・「おどろかす」は他動詞、「おどろく」は自動詞で、微妙に意味が違う。 と言ふ声のしければ、あな、わびしと思ひて、いま一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、⑤ひしひしと、ただ . この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。あとは文脈判断。 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。直後に体言である「事」が省略されているため「ける(連体形)」となっている。訳:「と言ったことを、」。用言は直後に体言がくると連体形(体言 今は昔、 ① 比叡の山に児 ② ありけり。 僧たち、 ③ 宵の ④ つれづれに、「いざ、かいもちひ ⑤ せん。 」と ⑥ 言ひけるを、この児、 ⑦ 心寄せに聞きけり。 「青字=解答 」・「 ※赤字=注意書き、解説等 」 問題はこちらちごのそらね(稚児のそら寝)問題(用言・単語など).

ひしめき合ふ=わいわい(がやがや)騒ぎあう。, 驚かす=サ行四段、起こす、目を覚まさせる。「驚く(カ行四段、目を覚ます)」とは意味が異なるので注意。, んず(むず)=推量の助動詞「むず」の終止形、接続は未然形。推量系統の助動詞「む」と同じだと思ってよい。, もの申す=サ行四段、「もの言ふ」の謙譲語、ものを申し上げる、お話申し上げる、もしもし、ごめんください。謙譲語なので動作の対象(言われる人)である稚児を敬っている。, さぶらふ=補助動詞ハ行四段、丁寧語、~です、ます。丁寧語なので話の聞き手である稚児を敬っている, 「もの申しさぶらはむ」は直訳するとおかしな日本語になるので、「もしもし」と訳せばよいが、それでも敬意が含まれているのでしっかり把握しておく必要がある。, せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。助動詞「す」は「使役・尊敬」の意味があるが、直後に尊敬語が来ている場合には文脈判断する必要がある。直後に尊敬語が来ていなければ必ず「使役」の意味である。, たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語、ここでの「たまへ」は命令形である。動作の対象(驚く人・目を覚ます人)である稚児を敬っている。二重敬語は現代語に直すとき、普通の敬語で訳す。現代で二重敬語は誤った言葉づかいだから。, この行だけで敬語3種類すべて使われているがいずれも「稚児」を敬っている。また、敬語は使った人からの敬意であり、これもすべて僧からの敬意である。なのですべて僧から稚児への敬意と言うことであるが、敬語の種類はしっかりと覚えておかなければならない。, ども=接続助詞、逆接「~けれども、~だが」。直前には已然形(ここでは「思へ」)がくっつく。, ん(む)=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形、文中なので「㋕仮定・㋓婉曲」の意味であり、直後に体言もないので「婉曲」であると予想できる。訳:「ただ一度で返事する(ような)のも」, もぞ=「も(係助詞)/ぞ(係助詞)」、逆接の意味を表し、「~するといけない、~しては大変だ、困る」と訳す重要な用法, (稚児は)うれしいとは思うけれども、ただ一度で返事するのも、待っていたのかと(僧たちが)思っては困ると思って、, れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。ちなみに「る」は「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味を持つ重要な助動詞, ん(む)=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。ここでの「む」は『「もう一度よばれて返事をしよう。」と(思って)、』となるように直後に句点「。」が省略されているので文末扱い。なので「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」の中から文脈判断して選ぶ。, もう一度よばれて返事しようと(思って)、我慢して寝ているうちに、

あり=ラ変動詞「あり」の連用形、直後に接続が連用形の助動詞「けり」が来ているため連用形となっている。, つれづれに=形容動詞ナリ活用「つれづれなり」の連用形、することがなく退屈な様子、手持ちぶさたな様子, せ=サ変動詞「す」の未然形、直後に接続が未然形の助動詞「む」がきているため未然形となっている, ん(む)=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。あとは文脈判断。, ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。直後に体言である「事」が省略されているため「ける(連体形)」となっている。訳:「と言ったことを、」。用言は直後に体言がくると連体形(体言に連なる形)に活用して変化する。, 僧たちが、宵の何もすることがなく退屈な時に、「さあ、ぼたもちをつくろう。」と言ったのを、, ん(む)=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。この「む」も、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、先程とは異なり文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどれかである。あとは文脈判断であるが、直後に体言が来ると婉曲になりがち。訳:「作り上げる(ような)のを待って」, ん(む)=仮定の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。訳:「寝ない(としたらそのような)のも、」。ちなみに「婉曲・仮定」を訳す際は、カッコ書きにしてある通り省略可能である。, わろし=形容詞ク活用、よくない、普通より劣る。「悪い」と訳してはならないので

あり=ラ変動詞「あり」の連用形、直後に接続が連用形の助動詞「けり」が来ているため連用形となっている。, せ=サ変動詞「す」の未然形、直後に接続が未然形の助動詞「む」がきているため未然形となっている, ん(む)=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。あとは文脈判断。, ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。直後に体言である「事」が省略されているため「ける(連体形)」となっている。訳:「と言ったことを、」。用言は直後に体言がくると連体形(体言に連なる形)に活用して変化する。, 僧たちが、宵の何もすることがなく退屈な時に、「さあ、ぼたもちをつくろう。」と言ったのを、, ん(む)=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。この「む」も、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、先程とは異なり文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどれかである。あとは文脈判断であるが、直後に体言が来ると婉曲になりがち。婉曲とは遠回しな表現。, ん(む)=仮定の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。訳:「寝ない(としたらそのような)のも、」。ちなみに「婉曲・仮定」を訳す際は、カッコ書きにしてある通り省略可能である。, わろかり=ク活用の形容詞「悪し(わろし)」の連用形、よくない、普通より劣る。「悪い」と訳してはならないので注意。「よし>よろし≧普通≧わろし>あし」みたいなイメージ。, な=強意の助動詞「ぬ」の未然形、接続は連用形。助動詞の「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があり基本的には「完了」の意味だが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる, ん(む)=推量の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。あとは文脈判断。, 出で来る(いでくる)=カ変動詞「出で来(いでく)」の連体形、なので「いでくる」と読む。, ひしめき合ひ=ハ行四段動詞「ひしめき合ふ」の連用形、わいわい(がやがや)騒ぎあう。,
‚Å‚É‚µ‚¢o‚µ‚½‚邳‚܂ɂāA‚Ђµ‚ß‚«‡‚Ђ½‚è, @@@‚ЂÁ‚µ‚Ђµ‚ƁA‚½‚¾H‚ЂɐH‚Ó‰¹‚Ì‚µ‚¯‚ê‚Î, –‚R@‚P@ƒA@‚Q@ƒA@‚R@ƒC@‚S@ƒA@‚TƒC, “à—e@@‚P‚X‚V˜b‚Ì“à–ñ‚W‚O˜b‚ªw¡Ì•¨ŒêWx‚Əd•¡‚µ‚Ä‚¢‚éB@. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
, 驚かさ=サ行四段動詞「驚かす」の未然形、起こす、目を覚まさせる。「驚く(カ行四段、目を覚ます)」とは意味が異なるので注意。, んず(むず)=推量の助動詞「むず」の終止形、接続は未然形。推量系統の助動詞「む」と同じだと思ってよい。, 居る(ゐる)=ワ行上一段活用の動詞、すわる、横になる。上一段活用の動詞は「{ ひ・い・き・に・み・ゐ } る」と覚える。, もの申し=サ行四段動詞「もの申す」の連用形、「もの言ふ」の謙譲語、ものを申し上げる、お話申し上げる、もしもし、ごめんください。謙譲語なので動作の対象(言われる人)である稚児を敬っている。, さぶらは=補助動詞ハ行四段「候ふ(さぶらふ)」の未然形、丁寧語、~です、ます。丁寧語なので話の聞き手である稚児を敬っている。, 「もの申しさぶらはむ」は直訳するとおかしな日本語になるので、「もしもし」と訳せばよいが、それでも敬意が含まれているのでしっかり把握しておく必要がある。, 驚か=カ行四段動詞「驚く」の未然形、目を覚ます、起きる。先程の「驚かす」とは意味が異なるので注意。, せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。助動詞「す・さす・しむ」は「使役・尊敬」の意味があるが、直後に尊敬語が来ている場合には文脈判断する必要がある。直後に尊敬語が来ていなければ必ず「使役」の意味である。, たまへ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の命令形、尊敬語。動作の対象(驚く人・目を覚ます人)である稚児を敬っている。二重敬語は現代語に直すとき、普通の敬語で訳す。現代で二重敬語は誤った言葉づかいだから。, この行だけで敬語3種類すべて使われているがいずれも「稚児」を敬っている。また、敬語は使った人からの敬意であり、これもすべて僧からの敬意である。なのですべて僧から稚児への敬意と言うことであるが、敬語の種類はしっかりと覚えておかなければならない。, ども=接続助詞、逆接「~けれども、~だが」。直前には已然形がつく。(ここでは「思へ」がついている), ん(む)=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形、文中なので「㋕仮定・㋓婉曲」の意味であり、直後に体言もないので「婉曲」であると予想できる。婉曲とは遠回しな表現。訳:「ただ一度で返事する(ような)のも」, 思ふ=ハ行四段動詞「思ふ」の連体形、係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び。, (稚児は)うれしいとは思うけれども、ただ一度で返事するのも、待っていたのかと(僧たちが)思っては困ると思って、, れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。ちなみに「る」は「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味を持つ重要な助動詞, ん(む)=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。ここでの「む」は『「もう一度よばれて返事をしよう。」と(思って)、』となるように直後に句点「。」が省略されているので文末扱い。なので「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」の中から文脈判断して選ぶ。, 念じ=サ変動詞「念ず」の連用形、我慢する、耐え忍ぶ  「名詞+す(サ変動詞)」で一つのサ変動詞になるものがいくらかある。例:「音す」、「愛す」、「ご覧ず」, たてまつり=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連用形、謙譲語、「~し申し上げる」。動作の対象(目を覚まさせられる人)である稚児を敬っている。, たまひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語、動作の主体(寝入る人)である稚児を敬っている。, けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。「けり」は過去の意味で使われることがほとんどだが、①和歌での「けり」②会話文での「けり」③なりけりの「けり」では詠嘆に警戒する必要がある。①はほぼ必ず詠嘆だが、②③は文脈判断, ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。, わびし=シク活用の形容詞「侘びし(わびし)」の終止形、困ったことだ、情けない。つらい、苦しい、悲しい。, かし=念押しの終助詞、文末に用いる、~よ。~ね。ここでは、「起こせ(命令形)」の後に付いて、「起こせよ」という訳になる。, ば=接続助詞、直前に已然形が来て、先程の②偶然条件「~ところ・~と」の意味で用いられている。, ば=接続助詞、直前が已然形であり、先程の①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている, ずちなく=ク活用の形容詞「術無し(ずちなし)」連用形、なすべき方法がない、どうしようもない, 無期(むご)ののちに、「えい。」といらへたり けれ ば、僧たち笑ふことかぎりなし。. このページでは宇治拾遺物語【児のそら寝】の現代語訳(口語訳)を載せていますが、学校で習う現代語訳と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。 『児のそら寝』が1分で分かるあらすじ 昔、比叡山ひえいざんの延暦寺に児 ‚éB

このテキストでは宇治拾遺物語の一節「児(ちご)のそら寝」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「稚児の(※1)そら寝」と題されるものや、内容が異なる場合があります。 ※宇治拾遺物語は13世紀前半ごろに成立した説話物語集です。編者は未詳です。 注意。, な=強意の助動詞「ぬ」の未然形、接続は連用形。助動詞の「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があり基本的には「完了」の意味だが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる, ん(む)=推量の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。推量系統の助動詞であるため直前の「な」は「強意」である。強意+推量=「(きっと)~だろう」。, ひしめく=カ行四段、押し合いへし合いして騒ぎ立てる このページでは宇治拾遺物語【児のそら寝】の現代語訳(口語訳)を載せていますが、学校で習う現代語訳と異なる場合がありますので、参考程度に見てください。, 昔、比叡山ひえいざんの延暦寺に児ちご(幼い子ども)がいた。あるとき、僧たちがぼた餅を作るというのを聞き、寝ずに待つのもみっともないと思い、寝たふりをしていたところ、ぼた餅が出来上がった。, 児は、きっと起こしてくれるだろうと待っていたところ、僧が声をかけてくれた。一度で起きるのは体裁ていさいが悪いと思い、もう一度起こしてくれるのを待っていたが、声がかからず、むしゃむしゃと食べる音が聞こえてきた。しかたなく、だいぶ時間がたってから「はい」と返事をしたので、僧たちは大笑いした。.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「や、な  起こし  たてまつり  そ。幼き人は寝入りたまひ  に  けり。」, たてまつる=補助動詞ラ行四段、謙譲語、「~し申し上げる」。動作の対象(目を覚まさせられる人)である稚児を敬っている。, けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。「けり」は過去の意味で使われることがほとんどだが、①和歌での「けり」②会話文での「けり」③なりけりの「けり」では詠嘆に警戒する必要がある。①はほぼ必ず詠嘆だが、②③は文脈判断, ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。, かし=念押しの終助詞、文末に用いる、~よ。~ね。ここでは、「起こせ(命令形)」の後に付いて、「起こせよ」という訳になる。, ば=接続助詞、直前に已然形が来て、先程の②偶然条件「~ところ・~と」の意味で用いられている。, ば=接続助詞、直前が已然形であり、先程の①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている, 無期(むご)ののちに、 「えい。」といらへたり  けれ  ば、僧たち笑ふことかぎりなし。, ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。直後に体言である「事」が省略されているため「ける(連体形)」となっている。訳:「と言った, ん(む)=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。この「む」も、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、先程とは異なり文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどれかである。あとは文脈判断であるが、直後に体言が来ると婉曲になりがち。訳:「作り上げる. 15に1つ足りない14はその意味でも「不完全さ」を表すのです。 「この世をば 我が世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」 かつて藤原氏が栄華を極めていた時に 藤原道長 が詠んだ有名な歌です。 食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、無期ののちに、「4えい。」といらへたりければ、5僧たち笑ふこと2 .

ば=接続助詞、直前が已然形であり、先程の①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている. @E“oêl•¨‚̐S—B 限りなし。 勉強ノート公開サービス。30万冊を超える大学生、高校生、中学生のノートをみることができます。テストの対策、受験時の勉強、授業で分からないことを解決。自分のノートを公開することもできます。 久しく時間がたった後で、「はい」と返事したので、僧たちが笑うことは限りがない。 改訂版はこちらちごのそらね(稚児のそら寝)まとめ

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。直後に体言である「事」が省略されているため「ける(連体形)」となっている。訳:「と言った, ん(む)=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形、文中なので「㋕仮定・㋓婉曲」の意味であり、直後に体言もないので「婉曲」であると予想できる。婉曲とは遠回しな表現。訳:「ただ一度で返事する, ん(む)=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。ここでの「む」は『「もう一度よばれて返事をしよう. @EŒÃ“TíŽ¯B. @Eo—ˆŽ–‚ÌŒ´ˆö‚â‰e‹¿B

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 僧たち、宵よいのつれづれに、「いざ、かいもちひ せむ。」と言いけるを、この児、心寄せに聞きけり。, 僧たちが、宵の手持ち無沙汰なときに、 「さあ、ぼた餅を作ろう。」と言ったのを、この子どもは、期待することとして聞いていました。, さりとて、し出ださむを待ちて寝ざらむも悪かりなむと思ひて、片方に寄りて、寝たるよしにて、出でくるを待ちけるに、すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。, そうかといって、出来上がるのを待って寝ずにいるのもよくないだろうと思って、(部屋の)片隅に寄って寝たふりをして出来上がるのを待っていたところ、もう出来上がったようで、(僧たちが)集まり騒ぎ合っていた。, この児、定めておどろかさむずらむと待ちゐたるに、僧の「もの申し候はむ。おどろかせ給へ。」, この子どもは、きっと(僧たちが自分を)起こすだろうと(思って)待ち続けていたところ、僧が「もしもし、目をお覚まし下さい。」, と言うのを、うれしいとは思うけれども、「たった一度で返事をするのも(呼ばれるのを)待っていたと(僧たちが)思うかも。」, とて、今一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、「や、な起こし奉りそ。幼き人は、寝入り給ひにけり。」, と思って、もう一度呼ばれて返事をしようと、我慢して寝ているうちに、「おい、お起こし申し上げるな。幼い人は寝入ってしまわれたよ。」, という声がしたので、ああ、困ったと思って、もう一度起こしてくれよと思いながら寝ていて聞くと、, ひしひしと、ただ食ひに食ふ音のしければ、すべなくて、無期の後に、「えい。」といらへたりければ、僧たち笑ふこと限りなし。, (僧たちが餅を)むしゃむしゃと、ただもう盛んに食べる音がしたので、(子どもは)どうしようもなくて、長い時間ののちに 「はい。」と返事をしたので、僧たちが笑うことはこの上ない。. 合ふ=補助動詞ハ行四段、みんな…する、・・・しあう



先生を ドキッと させる 5, 三浦友和 山口百恵 ハワイ 動画 7, 名古屋 廃校 レンタル 19, 吉祥女子 進学実績 2020 5, 物欲 ブログ ガジェット 12, マイクラpe エリトラ 地面から 45, シトロエン C4ピカソ 故障 6, S式 鉄道 意味 7, シフト表 エクセル テンプレート 5, スラムダンク 隠れ 名言 13, ドコモ Spモード 解約 18, 眼瞼黄斑腫 治療 名古屋 8, 8888 エンジェルナンバー 金運 5, 宝塚 チケット転売 公式 5, 銀河鉄道の夜 本当の幸いとは 答え 27, ポケモンxy 育成 初心者 8, 占い 子供向け 本 9, マイクラ Tnt Mod 5, 小林 家紋 藤 16, プラスマイナス ものまね ミキ 13, 一人 用 会議室 設置 4, レッスルワン 選手の 行き先 12, ジェネシス 毛穴 効果 5, 渡邉美穂 画像 高画質 6, 広島大学 医学部 神経解剖学 楠元 12, マビノギ 裁縫 細工 8, マイクラpe 配布ワールド Mcworld 22, Aliexpress 返金 届いた 32, 海外 リアリティショー Netflix 4, Pubg クロスボウ 業績 8, Exo カイ インスタ 日本 12, ウロボロス ドラマ ネタバレ 4, 外環 工事 死亡事故 7, 梅野 結婚 子供 8, Mhw スタン値 笛 8, Vanbar ドライブレコーダー D800 7, 大阪府 地区 トレセン 10, 小説 黒 蜥蜴 4, フジテレビ 記者 一覧 15, コイキング 進化 Cp 31, Nhk 杉浦友紀 夫 19, 北見 大丸 社長 27, アリスギア 専用ギア 売却 7, アリスギア 専用ギア 売却 7, 北松戸 松戸 バス 4, Pubg ボイスチャット 怖い 4, 遊戯王 バウンス 汎用 10, Tbsラジオ アクション 幸坂 8, Retail Value Rsp 意味 11, テリーのワンダーランド Ps おすすめ配合 27, サッカー 宮本 現在 6, 乃木坂 肌 汚い 41, 丸美屋 マーボー豆腐 Cm 女優 6,